TOP / レシピ / お酒にぴったり!簡単おいしい「ベーコン」おつまみ19選

手頃で料理も簡単なベーコンは、おかずにもおつまみにも定番な食材ですよね。

あらかじめ塩漬け・燻製にされたベーコンは旨味が濃縮されていて、ビールやワイン、ハイボールなど、どんなお酒にでも合うおつまみを作ることができます。

今回は、そんなベーコンを使ったおつまみレシピをまとめて紹介します。

定番レシピやアレンジレシピ、少し意外な組み合わせのおつまみなど、様々なレシピを紹介しますので、気になるレシピがきっと見つかるはずです!

お酒にぴったり!簡単おいしい「ベーコン」おつまみ19選

ベーコンポテト

もはや定番のベーコンポテトに絶対に合うブロッコリー、さらにチーズまで加えた贅沢レシピ。

じゃがいもは皮をむいて茹でやすい大きさに、ブロッコリーも房を分けて小さめにカットして、お鍋で沸騰してから8分間一緒に茹でます。

茹で上がったらお湯から取り上げて、熱いうちに潰します。とろけるチーズと混ぜながら塩胡椒で味を調えればタネの完成です!

最後に、半分に切ったベーコンで作ったタネを巻いて、油をひかず、フライパンで全体に綺麗な焼き目が付くまで焼きましょう。この時、巻き終わりを下にして焼くと綺麗に焼き上がります。

また、タネをベーコンで巻いた段階で作り置きにしておいて、食べたい時に焼くのもOK。

作り置きしておけば、飲みたくなった時に焼くだけでできたてのおつまみを食べることができますよ。

ビールや白ワインと合う、おしゃれでおいしいおつまみはいかがでしょうか?

詳しいレシピはこちら!

【レシピ】作り置きメニューとしても最適!「ベーコンポテト」

ケールのベーコンソテー

おしゃれなお店などでよく見かける食材、ケールを家庭の食卓でも味わってみませんか?

ケールはグリーンスムージーの材料としても使われますが、いまいちどう料理していいかわかりづらいですよね。

実は、独特な苦味を持つケールは、馴染み深いベーコンソテーとして料理することでビールによく合うおつまみに大変身するんです!

作り方は、洗って水気を切ったケールと細切りにしたベーコンをオリーブオイル・塩でケールがしんなりするまで炒めるだけ。

コツは油を多めに使ってケールに吸わせることと、塩をしっかり効かせることです。ケールの苦味とビールがマッチして、どんどんお酒が進んでしまうおつまみができあがります。

ホップを多く使用したクラフトビールとも合いますので、ぜひお試しください!

詳しいレシピはこちら!

【レシピ】栄養素満点!ビールにぴったりのヘルシーおつまみ「ケールのベーコンソテー」

里芋ベーコン炒め

一見、里芋とベーコンをごま油でただ炒めるだけのシンプルなレシピですが、なぜかお箸が止まりません。

理由は、隠し味に使用している昆布茶です。

あらかじめ塩漬け・燻製されたベーコンと昆布茶のアミノ酸によって「旨味 on 旨味」の相乗効果が生まれています!

作り方は簡単で、まず里芋を油と調味料が絡みやすいように半分にカット、ベーコンも短冊状にカットします。フライパンを用意し、「炒める」というよりも里芋を「焼き付ける」ようなイメージで、ベーコンと里芋をごま油で熱します。

火が通ってきたら、昆布茶を全体にまんべんなく振りかけ、盛りつけて粗挽きブラックペッパーをたっぷりかければ完成です。

昆布茶は言うまでもありませんが、ベーコンから出る油とごま油という二重の油の組み合わせも、おいしさの秘密かもしれません。

さらに、仕上げでかける粗挽き黒胡椒も良い仕事をしていて、これがまたビールによく合います。

作り方も簡単ですぐできますので、今晩のおつまみにいかがでしょうか?

詳しいレシピはこちら!

【レシピ】隠し味は〇〇!シンプルなのに旨味たっぷり「里芋ベーコン炒め」

熱々マッシュルーム

マッシュルームとベーコンを切って並べて焼くだけの簡単レシピ!

普段マッシュルームをあまり使わないという方でも、熱々マッシュルームでは簡単な調理工程しかありませんので気軽にチャレンジすることができますよ。

マッシュルームは石づきを取って傘の部分を薄くスライスし耐熱容器に並べます。石づきの部分は細かく切って、食べやすい大きさに切ったベーコンとチーズを一緒に混ぜて、先ほど並べたマッシュルームの上に乗せましょう。

あとは、塩胡椒とオリーブオイルを振りかけて、トースターでこんがり焼けば完成!

マッシュルームの良い香りとベーコンのジューシーさがマッチして、白ワインやビールとの相性も◎

家でおしゃれ飲みをしたくなった時におすすめのレシピです。

詳しいレシピはこちら!

【レシピ】チーズとベーコンの香りがたまらない!「熱々マッシュルーム」

空芯菜とベーコン炒め

空芯菜とベーコンをパパッと炒めてできるおつまみ、空芯菜とベーコン炒め。

作り方は、空芯菜は葉っぱはざっくり、茎は斜めに一口大に切ります。

次に、フライパンで適当な大きさに切ったベーコンを香りが出るまで加熱した後、空芯菜の茎を加えて塩胡椒を振ります。油が回ったら空芯菜の葉の部分も加え、オイスターソースを入れて手早く炒めれば完成です。

この時、空芯菜のおいしい食感を残すために炒めすぎないことがポイント!空芯菜の葉の部分に火を通しすぎると”ねちゃっ”としてしまうので注意してください。

ニンニクを追加して、スタミナを付けてもOK。

ビールとの相性も抜群ですので、家に帰ってすぐ飲みたい時に、パパッと作ってビールと合わせてみてはいかがでしょう?

詳しいレシピはこちら!

【レシピ】旬の野菜を炒めて乾杯!「空芯菜とベーコン炒め」

アボベーコン

th_P1016919

なんと調理時間がたった5分という、忙しい方にもぴったりのアボベーコン。

まずは、アボカドを一口大に切ったらレモン果汁を馴染ませて盛付け用のお皿に並べます。次に、フライパンで油をひかずにベーコンをソテーし、香りが出てきたらバターと醤油を加え、バターが溶けて全体に絡まるまでソテーします。

最後に、用意しておいたアボカドの上にできたて熱々のベーコンをじゅっと乗っけて完成です。

お好みで、仕上げに粗挽きの黒胡椒をたっぷり振りかけるのがおすすめ。

早くて、簡単で、おいしい、という3拍子が揃ったアボベーコンは、ビールにもぴったり!

味・香り・食感のバランスが良く、ビールがぐいぐい飲めます。

材料さえ揃っていれば食べたい時にすぐ作れるのに味も最高という、理想のおつまみです!

詳しいレシピはこちら!

【調理時間5分】アボカドレシピのマンネリ解消「アボベーコン」

アサリと春キャベツのペペロンチーノ

アサリとベーコンの旨味が染み出た白ワインベースのスープが白ワインにぴったりのおつまみ、アサリと春キャベツのペペロンチーノ。

柔らかくて甘みのある春キャベツとジューシーなベーコン、旨味たっぷりのアサリに加えたニンニク、唐辛子のアクセントがおいしさを引き立てます。

まずは、アサリの下処理を済ませ、キャベツやベーコンを食べやすい大きさにカットします。

フライパンで、ベーコンをオリーブオイルとニンニクで炒め、ベーコンに火が通ったらキャベツ・アサリ・白ワインを入れ、蓋をしてアサリの口が開くまで蒸しあげます。

アサリの口が開いたら完成です!

アサリの下処理が大変そうに見えますが、40~50度のお湯を使うことで塩水よりも短時間で意外と簡単に済みますよ。お酒のおつまみとして楽しんだあとに、締めにパスタを混ぜて食べてもおいしいです。

白ワインと春の味覚が同時に楽しめる、そんな贅沢レシピです!

詳しいレシピはこちら!

【レシピ】春の味覚を大満喫「アサリと春キャベツのペペロンチーノ」

塩きんぴら

塩きんぴらは、おかずとしてもおつまみとしても定番のきんぴらをおつまみ用にさらにおいしくアレンジしたレシピです。

作り方はとっても簡単で、食べやすい大きさに切ったベーコンと細切りにしたごぼうを油で炒めて、鶏がらスープの素、粗挽き黒胡椒で味付けをするだけ!

普段の甘辛い味付けのきんぴらに一手間加えただけで、ワインやビール、ハイボールなど、どんなお酒でも合う最高のおつまみになります。

鶏がらスープの旨味と塩味を黒胡椒が引き立てて、ついついお酒が進んでしまうおつまみです!

詳しいレシピはこちら!

【レシピ】定番おつまみを簡単アレンジ!お酒が進む「塩きんぴら」

新たまねぎとブロッコリーのマヨ焼き

ビールや白ワインにぴったりの、新玉ねぎをふんだんに使った新玉ねぎとプロッコリーのマヨ焼き。

耐熱皿にマヨネーズ、一口大に切った野菜、ベーコンを乗せて電子レンジで加熱し、その後、軽く塩を振ってチーズとマヨネーズを好きなだけかけてグリルで炙って焼き目がついたら完成です。

あまり手を加えないことで旬の野菜のおいしさをダイレクトに味わうことができます!ベーコンのおいしさも加わり、さらに味わい深い一品となっています。

ビールや白ワインのおつまみに、旬の野菜とベーコンを使ったレシピはいかがでしょうか?

詳しいレシピはこちら!

【レシピ】手抜きの旬野菜料理「新たまねぎとブロッコリーのマヨ焼き」

はんぺんのはさみ焼き

おでんの具のイメージが強いはんぺんですが、おつまみとして焼いてもおいしいことはご存知でしょうか?

はんぺんのはさみ焼きでは、切り込みを入れたはんぺんにベーコンと大葉を挟んでチーズと一緒に焼いていただきます。

そのまま焼くだけでもおいしいはんぺんですが、一手間加えることによって絶品おつまみに早変わりです!

ビールや日本酒との相性も抜群◎

ふわふわでついつい食べ過ぎてしまいそうなおつまみですが、はんぺんは意外と低カロリーなので、カロリーを気にする方にもおすすめのおつまみですよ。

詳しいレシピはこちら!

【レシピ】フワッ!カリッ!大葉が香る「はんぺんのはさみ焼き」

ブロッコリーカルボナーラ

相性抜群のブロッコリーとべーコンを使った、絶品カルボナーラです。

カルボナーラは生クリームが余ってしまので普段はあまり作らないという方も多いと思いますが、安心してください!今回のレシピでは生クリームを使わずあっさり仕上げます!

作り方は、卵と粉チーズを混ぜておいたボールに、焦げ目がつくまでしっかり焼いたブロッコリーとベーコンを入れて和えるだけ。

熱々の具材を入れることで、卵が少し固まったら完成です。

生っぽい卵が苦手な方は、火を消したフライパンの上で和えてもOK。あっさりしていて低コスト・低カロリーで仕上げているのに、とってもおいしいおつまみができあがりますよ。

ビールや白ワインと合わせれば、そのおいしさに驚くこと間違いなし!

詳しいレシピはこちら!

 【レシピ】完璧な相性!激ウマおつまみ「ブロッコリーカルボナーラ」

カブロッコリーの豆乳煮

寒い冬にぴったり、冬野菜を豆乳で煮込んだ、カブロッコリーの豆乳煮。

ベースは豆乳、チーズで濃厚さをプラスすることで、時間をかけずにこっくりとろっとしたクリーム料理が完成します!

さらに盛りつけでブラックペッパーを振りかけて仕上げることで、ビールや日本酒と合う素敵なおつまみに!

フライパンで10分程度で完成するのも、おすすめのポイント。温かいクリーム料理を食べながら晩酌をしたくなった時にぴったりのおつまみです!

詳しいレシピはこちら!

【レシピ】冬野菜の絶品おつまみ!こくトロ「カブロッコリーの豆乳煮」

白菜ベーコン

バター醤油で味付けされた、絶対美味しい白菜ベーコン。

作り方は簡単で、白菜とベーコンを切ってフライパンで炒め、全体に火が通ったらバターを加え、最後に醤油を垂らして炒めれば完成です。

旨味の強い白菜とベーコンがバターでまとまり、こっくりとしたソテーができあがります。お好みで白菜の炒め具合を変えることで、その日の気分に合わせた味わい・食感に仕上げることができます。

白ワインやビールのおつまみに、白菜とベーコンの旨味と定番バター醤油の味付けを楽しんでみてはいかがでしょうか?

詳しいレシピはこちら!

【レシピ】バター醤油の間違いない味付け!「白菜ベーコン」

白菜とキノコの豆乳煮

th_p1017867

フライパンに材料を豆乳するだけで完成する、冬にぴったりのクリーム煮です。

くったりした白菜の甘みと豆乳のさっぱりさが絶妙にマッチしておいしい!

作り方は、フライパンでベーコンを炒め、その後、白菜やしめじを投入して蓋をして中火で5分。白菜がしんなりしてきたら、コンソメと豆乳を入れ、バターで仕上げれば完成です。

最後はブラックペッパーを振りかけていただくのがおすすめ。フライパン1つで完成するのも、手軽でいいですよね。

ビールや日本酒ともよく合います◎お野菜たっぷりで健康にもいい、寒い日におすすめのレシピです!

詳しいレシピはこちら!

フライパンに次々投入するだけ!とろとろで温まる「白菜とキノコの豆乳煮」

アスパラベーコンエッグ

ビールと相性が最高なおつまみ、アスパラベーコンエッグ。

まず、茹でたアスパラにゆで卵を潰しながら混ぜ合わせ、次に、マヨネーズとマスタード、粗挽き黒胡椒を振ってこんがり焼いたベーコンを加え、最後に塩胡椒で味を整えたら完成です。

使うゆで卵の硬さはお好みですが、半熟のゆで卵を使うのがおすすめ。

半熟の黄身がとろりと全体に絡まりながらも、マスタードで全体が引き締まり、後味が最高のおつまみになってくれます!

ビールだけでなく、白ワインとの相性も抜群です。ついついお酒が進んでしまいますので、飲みすぎないように注意してくださいね。

詳しいレシピはこちら!

決め手はマスタード!意外にビールと好相性な濃厚サラダ「アスパラベーコンエッグ」

お餅のベーコン包み焼き

th_P1015786

余ったお餅がベーコンによっておつまみに生まれ変わります!

お餅のベーコン包み焼きは、名前の通り、お餅をベーコンで包んで焼いたおつまみです。ポイントは、ベーコンでお餅を包む時にバジルと一緒に包むこと。

バジルの爽やかさとベーコンの香ばしい香りが合わさって、食欲がそそられます。

もちろんこのままでもおいしいですが、食べる時にタバスコをかけて食べるのもおすすめ!タバスコの酸味と辛味がさらにおいしく仕上げます。

赤ワインやビールのおつまみとして、いつもとは違ったお餅の食べ方を楽しんでみては?

詳しいレシピはこちら!

タバスコで食べる!バジルとベーコンの香りがたまらない『お餅のベーコン包み焼き』の作り方

夏野菜のあっさり煮

夏野菜たっぷりのラタトゥイユをおつまみとして味わってみてはいかがでしょうか?

細かく切らず、細く切って野菜の形を整えるだけでなんだかおしゃれに見えてきます。

使う野菜は、ナス、ズッキーニ、玉ねぎ、パプリカです。

作り方は、この色とりどりの野菜とベーコンを細長く切って、ニンニクとオリーブオイルで炒めた後、コンソメを入れてお鍋に蓋をして待つだけ!最後に塩胡椒で味を整えましょう。

野菜とベーコンの旨味がマッチして、とてもおいしいおつまみができあがり!白ワインと一緒に夏野菜のあっさり煮をつまみながら、おしゃれな飲み会を楽しんでみてはいかがでしょうか?

詳しいレシピはこちら!

お鍋に次々入れていくだけ!ウマ過ぎる「夏野菜のあっさり煮」

麺なし冷やし中華

さっぱりしておいしい、名前の通り麺なしの冷やし中華です。

勘違いされてしまいそうですが、麺なし冷やし中華は麺がないことよりもビールとの相性が良すぎることが売りのおつまみですよ!麺の代わりとなるのはきゅうりとベーコン。

細切りにしたきゅうりとさっと湯通ししたベーコンをコチュジャンやニンニク、酢などを混ぜ合わせたタレであえて完成。お好みでゴマやラー油を回しかけてもおいしいですよ!

さっぱりしていて、ピリッとした酸味がビールの味と香りを引き立てます。

炭水化物を気にする方やビール好きの方にぴったりの、夏に一度は食べておきたいおつまみです。

詳しいレシピはこちら!

きゅうりが主役!ビールが進み過ぎる「麺なし冷やし中華」

ねぎべー

居酒屋でよくあるスピードメニューのようなおつまみ、ねぎべー。

まず初めにベーコンを炒め、焼き目がついたら細切りしたネギを入れてさらに炒め、お皿に持ってブラックペッパーをかけて完成です。

パパッと5分くらいで作ることができるので、すぐに乾杯したい家飲みにもおすすめ。

簡単で時間もかからないのに、ビールとの相性が抜群のおつまみです。今夜のおつまみに迷ったら、さっと作って素敵な晩酌を楽しんでみてはいかがでしょうか?

詳しいレシピはこちら!

5分で完成する!間違いなくウマいおつまみ「ねぎべー」

まとめ

ベーコン

気になるベーコンを使ったおつまみは見つかりましたか?

そのまま食べてもおいしいベーコンにさらに一手間加えることで、もっとおいしい、絶品のおつまみを作ることができますよ。

もし素敵なレシピを見つけたら、今夜の晩酌のおつまみとして作ってみてはいかがでしょうか?

いろいろなレシピを試すことで、あなただけのお気に入りのレシピやお酒の飲み方を発見することができるかもしれません!