TOP / レシピ / お酒と相性抜群なピーマンのおすすめおつまみレシピ16選

ピーマンは炒め物やサラダはもちろん、様々なレシピで活躍する食材です。

また、ビタミンや食物繊維も豊富に含んでおり、特にビタミンCはレモンの2倍も含んだ大変優秀な食材。おつまみとして食べれば、簡単に摂取できるので健康や美容を気にしている方には特におすすめです。

この記事では、お酒が進む簡単でおいしいピーマンのおすすめのおつまみレシピを紹介します。

ピーマンの苦味を軽減する方法など、レシピをもっとおいしくするピーマンに関する豆知識を紹介しているのでぜひ参考にしてください。

お酒と相性抜群なピーマンのおすすめおつまみレシピ16選

肉巻きピーマンの塩焼き

使う材料は本当に豚肉とピーマンと調味料のみ!
ピーマンと豚肉のシンプルな味わいと旨味に塩こしょうで味付けをすればお酒との相性が抜群!

ピーマンの千切りを豚肉で巻き、軽く片栗粉をふるったらフライパンで焼いて完成!
レシピでは豚方ロースの薄切りを使いましたが、その日の気分や他のお料理との相性を見て種類を変えても良いでしょう。
家に豚肉もない場合はベーコンでも代用可能です。
また、品種によってピーマンの大きさや厚さは異なります。
品種を変えてみると違った食感を楽しむことができます。

調味料は塩こしょう以外にも、お好みの調味料を足してアレンジを楽しんでください。
例えば辛味なら一味や七味唐辛子に豆板醤など、さっぱり気分なら大根おろしやおろしポン酢をかけることでエンドレスに肉巻きピーマンとお酒を楽しむことができます。
柚子胡椒もおすすめです。

お酒は基本的にはなんでも相性抜群なので、是非作ってみてください。

詳しいレシピはこちら!
【レシピ】甘くて柔らかい旬野菜「肉巻きピーマンの塩焼き」

基本のピーマンの肉詰め

シンプルイズザベスト!最高においしくて驚くほど簡単にできる基本のピーマンの肉詰め。
騙されたと思って一回作ってみてください。

気になるタネとタレの作り方ですが、タネは玉ねぎのみじん切り・豚ひき肉・醤油・塩こしょう・片栗粉を混ぜ合わせ、タレは醤油・酒・みりんを混ぜるだけです。
あとは内側に片栗粉をつけたピーマンにタネを詰めてタレと絡めて焼けば完成です。

ビールやハイボールのあてに、簡単だけどガッツリ系の肉おつまみが食べたい時にぴったりのレシピです。
シンプルレシピなのでアレンジの奥は深く、例えばソースをオイスターソースにして照り焼き風にしたり、タネに卵を入れることで肉がフワッとします。
その日の気分に合わせてパッと簡単に作ってサッと飲むのも、ガッツリ作ってググッと食べるのもできるのがシンプルレシピの良い所です。

詳しいレシピはこちら!
【レシピ】想像以上に簡単!「基本のピーマンの肉詰め」

ピーマンのソーセージ詰め

肉料理だけどさっぱりした味付けのおつまみやおかずが食べたいけど、今日は作る元気ないな・・という人におすすめのピーマンのソーセージ詰め。
しっかりおいしくちゃんとおつまみになります。

カットしたソーセージを炒め、卵も入れてさらに炒めます。
その後ケチャップを内側につけたピーマンに盛り付け、ブラックペッパーをかけトースターで焼いたら完成。
とにかくタネを混ぜなくて良いのが簡単ポイントです。

ソーセージがちゃんと肉感を演出し、卵のフワッとした食感とピーマンの歯応えが絶妙なコンビネーションが本家肉詰めにも勝るとも劣らないパフォーマンスを発揮します。
ちょっと楽したい時に大活躍するので是非覚えてください!

詳しいレシピはこちら!
【レシピ】どこか昭和を感じる!素朴なおつまみ「ピーマンのソーセージ詰め」

ピーマン肉だんご

こちらもピーマンの肉詰めアレンジレシピで、肉を詰めるはずのピーマンも刻んで一緒に焼きます。
よりおつまみとしての破壊力が抜群のピーマン肉だんご。

ピーマンと玉ねぎを細かく刻み、ひき肉と塩こしょう、にんにくと調味料をしっかり混ぜ合わせます。
とにかくにんにくがおつまみとして最高のパフォーマンスを発揮します。
冷蔵庫で10分ほど休ませたら片栗粉をつけて焼いたら完成です。
糸唐辛子を盛り付けると見た目が華やかになります。
お好みでゴマや七味唐辛子をかけるとよりお酒に合います。

調理のポイントは中火で焼くことで外がカリッと中はジューシーに作ることができます。
火が仲間でしっかり通る火加減でなるべく強めにするとおいしくできます。
ピーマンの肉詰めとは異なるシャキシャキ感を是非楽しんでください!

詳しいレシピはこちら!
シャキシャキ食感が癖になる!「ピーマン肉だんご」

きんぴらピーマン

きんぴらごぼうをアレンジしたきんぴらピーマン!
日本酒や焼酎などの和酒と相性抜群の甘辛い味付けは胃袋を掴まれること間違いなし。

準備する材料はピーマン・ちくわ・醤油・みりんです・・え?
そうなんです、たったの4種類!さらにちくわがピーマンと今回のW主役でもあるのです。
ピーマンとちくわをカットして焼き、醤油とみりんで絡めて完成とnomoooトップクラスの簡単さ!

味ももちろんおいしく、ちくわが食べ応えを増し、さらにタレと絡むことで大変良い仕事をします。
今回は具はピーマンとちくわで作りましたが、もちろん本家きんぴらごぼうに寄せて人参やごぼうなどを入れるもよし、ちくわの代わりに鶏肉にしても良いでしょう。
是非最高のアレンジを見つけてみてください!

詳しいレシピはこちら!
【レシピ】甘辛味がお酒に合う!シャキシャキ食感の「きんぴらピーマン」

鶏とナス・ピーマンの味噌炒め

主役は夏野菜!夏野菜のナスとピーマンを使った鶏とナス・ピーマンの味噌炒め。
準備する具材はナスとピーマンに加えて鶏もも肉と味噌・料理酒・水です。
味付けは味噌ダレ効果で肉が少なめでもコクのある味に仕上げることができます。

調味料を合わせて味噌ダレを作り、炒めた肉と野菜に絡めれば完成。
お好みで味噌に合うゴマをふりかけると風味がさらによくなります。

味噌を含む発酵食品は健康に良いですが、暑い夏は味噌汁を飲む機会が減りがちです。
焼き味噌の香ばしい匂いで落ちがちな食欲を掻き立て、炒め物として摂取して夏を乗り越えましょう。

詳しいレシピはこちら!
【レシピ】野菜が主役の炒め物!「鶏とナス・ピーマンの味噌炒め」

ピーマン豚串

お酒を飲む時の串焼きってテンション上がりますよね!
さらにこのレシピの何がすごいかというと、ここだけの話ピーマンの中にチーズが入ってるんです。
ちょっと幸せな気分になるピーマン豚串。最高ですね。

カットしたピーマンの中に好きなだけチーズを入れ、ピーマンを豚肉で巻いて竹串に通し、塩こしょうをしてグリルで焼いたら完成。

調理のポイントはグリルで焼く際の焼き加減です。
焦げ付かないようにしつつ、焼き目はしっかりく焼き加減が理想です。

最初の一口は串を横にして食べるとチーズの伸び加減が楽しめますし、口の中を火傷せずに食べることができます。
合わせるお酒はなんでも最高ですね。
ビールやレモンサワー、焼酎、ハイボールなど、飲み過ぎには注意してくださいね。
竹串を用意するのであれば砂肝やねぎまなどを思う存分おうちで楽しんでみてはいかがでしょうか?

詳しいレシピはこちら!
熱々とろ〜りチーズがたまらない!「ピーマン豚串」

今が旬!一手間加えてカラフルなピーマンをシンプルに味わうおつまみレシピ

th_P1014840

緑だけじゃ物足りない!カラーピーマンを使った華やかな見た目でおいしく、かつ簡単なレシピを紹介します。
シンプルすぎて名前もつけられないほど簡単に作れます。

カットした緑ピーマンと赤ピーマンを少量の油と塩こしょうで炒め、耐熱皿に盛り、とろけるチーズとパルメザンチーズを好きなだけかけてトースターで焼きます。
チーズに焦げ目が着いたら完成です。

合わせるお酒はビールや白ワインなどの洋酒がおすすめです。
お好みでブラックペッパーかけるとお酒がより進みます。
チーズピーマンは味が濃いので、ピクルスなどのさっぱり系の付け合わせがあればなお良いでしょう。

ちなみにカラーピーマンとパプリカの違いですが、カラーピーマンの一種がパプリカです。
パプリカは赤や黄色オレンジとあるので、合わせて入れてみるとより華やかな見た目になるので是非やってみてください。

詳しいレシピはこちら!
今が旬!一手間加えてカラフルなピーマンをシンプルに味わうおつまみレシピ

なすの焼き浸し

和酒好き必見のなすの焼き浸し。
このおつまみは温かくても冷たくてもおいしく、作り置きが可能で、とにかく和酒との相性が抜群なんです!
さらに手間がすごいかかるように見えてとても簡単でおいしいです。

水・だし醤油・顆粒だしを入れた鍋に油を敷いて焼いたナスとピーマンを浸し、ひと煮立ちさせれば完成です。
油を多めに引いて焼くことで浸した時にグッと香ばしくなります。

お酒を片手に夏の旬のピーマンとナスを食べながら、晩夏の風を部屋に入れながら夏を振り返ってみてはいかがでしょうか?
お好みで鰹節や一味・七味唐辛子をかけて召し上がってください。
冬の白菜など季節に合わせて旬の食材を和風出汁に浸すのもおすすめです。

詳しいレシピはこちら!
【レシピ】シンプルがおいしい!定番の旨おつまみ「なすの焼き浸し」

夏野菜の味噌炊き

夏野菜を存分に活かしたお袋の味おつまみ夏野菜の味噌炊き。
どうしても冷たいものを飲みがちな夏だからこそ、たまに温かいものを食べたくなりますよね!
夏にあえて温かいおつまみで冷酒を楽しむのも風情があるので是非試してみてください。

生姜・ピーマン・ズッキーニ・ナス・豚肉をカットし鍋に入れ、ちぎった油揚げも一緒に入れて炒め煮をしていきます。
味噌と生姜の千切りと顆粒だしと砂糖を入れて全体に馴染ませ煮込んだら完成です。
お好みで細かく刻んだニラや一味・七味唐辛子をトッピングするとよりお酒が進むおつまみになります。

旬の夏野菜の大きくジューシーな食感と味噌と生姜のベースの相性は言わずもがな最高です。
特に味噌ベースが染み込んだ油揚げが特に良い仕事をしてます。
旬の良い夏野菜を見つけたら是非作ってみてください。

詳しいレシピはこちら!
日本酒に合う!お袋の味おつまみ「夏野菜の味噌炊き」

肉ドレサラダ

この一皿でお腹をいっぱいにできる肉ドレサラダ!
ドレッシング代わりの濃いめの味付けの肉がサラダとお酒を進ませます。
あくまでサラダがメインだからたくさん食べてもOKなはず!

千切りにした人参とピーマンをフライパンで炒め、酒・醤油・小麦粉を馴染ませた牛肉を加え、ほぐしながら炒めていきます。
お好みの焼肉のタレと酒を加えて、塩こしょうで味を整えたら完成!
ビールやハイボールなどの炭酸の爽快感が相性抜群です。

レタスやキャベツなどお好みの野菜の上にドカンと乗せてもりもり食べちゃいましょう。
サラダ菜など包んで食べるのもおすすめで、キムチなどを巻きながら食べてもおいしいです。

じゃあご飯と合わせてもおいしい・・その通りです。
食べ過ぎには注意してください。

詳しいレシピはこちら!
【レシピ】野菜が止まらなくなる!魔法のドレッシング「肉ドレサラダ」

塩ラタトゥイユ

th_P1015044

夏野菜を使ったおつまみは和風おつまみだけじゃない!
白ワインが欲しくなること間違いなしのあっさり塩ラタトゥイユを紹介します。

にんにく・ソーセージ・ズッキーニ・ナスピーマン・インゲン豆・トマトをカットし、順番に鍋、もしくは底の深いフライパンに入れて炒めながら10倍に希釈した塩水を適宜加えていけば完成です。

ラタトゥイユといえばトマトの水煮缶で作るのをイメージする方が多いと思いますが、旬のトマトはとてもフレッシュなので水煮缶を使わずにおいしくあっさりしたラタトゥイユを作ることができます。
食欲が落ちがちな夏だからこそさっぱりスープでしっかり野菜を食べて乗り越えましょう!

詳しいレシピはこちら!
採れたて夏野菜を詰め込んだ、あっさり旨い!『塩ラタトゥイユ』

豚ピーあっさり塩炒め

ピーマンと豚肉だけを使った簡単シンプル青椒肉絲。
中華ってなんであんなにお酒との相性が良いんでしょうか?
材料を切ったら5分でできる簡単さなので、サクッと中華が食べたい時にぴったりのレシピとなってます。

まずピーマンと豚肉をカットし、豚肉は塩こしょうを軽くふり片栗粉をまぶしておきます。
一緒に炒めて顆粒だしと塩こしょうで味を整えたら完成です。

冷たいビールとの相性も抜群ですし、ご飯のおかずにもなるので家族が喜ぶ一品です。
アレンジも様々で、豚肉の代わりに牛肉を使ったり茹で竹の子を入れたりして本格青椒肉絲にしてももちろんおいしいです。

詳しいレシピはこちら!
ビールのお供にシンプルな美味しさ!「豚ピーあっさり塩炒め」

サルサ風ソースとニラソース

食欲をそそるピーマンを使ったサルサ風ソースを紹介します。
野菜の食感とレモンの酸味が全体をさっぱりとさせ、にんにくや唐辛子、クミンが調和のとれたアクセントとなります。

準備するのはトマト・ピーマン・玉ねぎ・にんにく・パクチーと調味料です。
まず野菜とにんにくを細かく刻み、レモン果汁と塩、クミンを入れて混ぜます。
最後に唐辛子を加えて馴染ませたら完成です。

茹でた鶏肉や豚肉などさっぱりとした肉料理との相性が抜群です。

また、ニラソースはニラ・にんにく・ごま油などお酒との相性が抜群のソースなのでこちらも是非作ってみてください。

詳しいレシピはこちら!
簡単!美味しい!使える万能ソース2種「サルサ風ソースとニラソース」

無限ぜんぶ

th_p1017906

流行に乗り遅れない!ブームとなり、定番化している「無限〇〇」ですが、今回はピーマン・人参・きのこを使った無限ぜんぶを紹介します。
是非このレシピを作るという責務を全うしてみてください!

耐熱皿に半分に切ったえのきと千切りにしたピーマンと人参入れ、ツナ缶・ごま油・中華だし分量とお好みで塩こしょうを軽く振ります。
レンジでチンしてさっと混ぜたら完成!

ピーマンと人参、えのき、ツナの華やかな色合いに、野菜ときのこの食べ応えとツナの肉感、中華だしとごま油の味わいも相まり、うまい!と何度も言ってしまうクオリティです。
電車などで遠出する際のお弁当のおかずにいかがでしょうか?

詳しいレシピはこちら!
無限に野菜が食べられるあの料理の集大成「無限ぜんぶ」

チーズとろ〜りなケサディア風おつまみ

th_P1016779

老若男女みんなが大好き!レモンサワーにぴったりの本格的でお洒落なチーズとろ〜りなケサディア風おつまみを紹介します。
ケサディアとはエジプトのトルティーヤという薄いパンのようなものにチーズやハム、チキンやトマトなどを挟んだもので、目にしたことはあると思います。

野菜ソースはピーマン・玉ねぎ・人参を刻んでにんにくチューブ・レモン果汁・塩と混ぜ合わせて冷蔵庫で馴染ませます。
今回のポイントはトルティーヤの代わりに餃子の皮を使う事でおいしく超簡単レシピにすることです。
餃子の皮の中にはツナとチーズをのせて、水溶き片栗粉をノリにして餃子の要領で半分にくっつけ、少量の油を引いたら完成。

アツアツの餃子トルティーヤに野菜ソースをたっぷりのせて、とろーりチーズも一緒に楽しんでください!
レモンサワーがとまらないこと間違いなし!
簡単でおいしくお洒落なレシピなので是非覚えておいてください。

詳しいレシピはこちら!
レモンサワーによく合う!「チーズとろ〜りなケサディア風おつまみ」

ピーマンの豆知識

最後にお酒にぴったりなピーマンのおすすめレシピをもっとおいしくするピーマンに関する豆知識を紹介します。

そもそもピーマンとは

そもそもピーマンは実は唐辛子の1種で、フランス語で唐辛子を意味するピーマンが名前の由来とされています。
ちなみに英語ではgreen pepperと呼ばれています。

明治初期に日本に伝わったとされており、旬は夏です。
またピーマンの種類は大きく「薄肉中型種」「厚肉大型種」「バナナピーマン」の3種類がり、それぞれ特徴が異なるので試しに料理ごとに変えてみてはいかがでしょうか?

ピーマンの栄養素

ピーマンは非常に栄養が豊富な野菜として知られており、食物繊維やβカロテンとビタミンを豊富に含んでいます。

ビタミンはビタミンAやCを多く含んでいますが、特にビタミンCは実にレモンの2倍、トマトの5倍も含まれています。
さらにビタミンCは熱に弱い特徴がありますが、ピーマンに含まれるビタミンPがビタミンCを守る性質があるので、炒めても損なわれにくく摂取効率がいいです。
ちなみにビタミンP自体には毛細血管を丈夫にする効能があります。

緑ピーマンと赤ピーマンの違い

ピーマンは緑と赤があるが、その違いは緑ピーマンが熟すことによって赤ピーマンになります。

緑ピーマン、不要なコレステロールを排出して、動脈硬化の予防に役立つクロロフィルという抗酸化作用のある葉緑素を多く含んでいるので、美容意識の高い人にぴったりです。

ちなみに赤ピーマンの赤い色素のカプサンチンはリコピンと同様に抗酸化作用があり、生活習慣病を始め、様々な病気の予防方法があると注目されています。
普段よくお酒を飲む人は赤ピーマンを意識的にとることがおすすめです。
また、赤ピーマンは緑ピーマンが熟したものなのでβカロテンなどの栄養価が高い傾向にあり、甘みも強いです。

おすすめの調理方法

様々なピーマンのレシピを紹介しましたが、特に油・肉との相性が抜群です。
炒め物にする際は、高温でさっと炒めることで食感を保つことができます。
また、ビタミンの吸収率も上がるためおすすめです。

ピーマンの選び方

ピーマンの選び方を紹介します。
良いピーマンを選んで料理をよりおいしくしましょう。

皮は色が鮮やかで表面にツヤがあり輝いているものが良いでしょう。
なるべく表面にキズやシワがあったり変色しているものは避けましょう。

ヘタ

ヘタの切り口はピンとしてみずみずしいものにしましょう。
鮮度が落ちているものはヘタが乾いていたりハリがなくなってしまいます。

肉質

種類によって肉厚加減は異なりますが、果肉が厚く硬く、引き締まったものはみずみずしく味が濃厚な傾向にあります。
実際に手に持った時にずっしりとしたものは水分がたっぷりと含まれていて新鮮なものなので確認してみると良いでしょう。

調理方法で苦手を克服しよう!

ピーマンは残念ながら苦手な人が多いのも事実です。
そもそもピーマンの苦手成分はポリフェノールの1種のクエルシトリンにピーマンの香気成分ピラジンが加わることによって苦味を感じる仕組みになっています。

具体的にはピーマンの細胞を壊さないように、繊維方向、つまり縦に切ると苦味を感じにくくなるのでぜひ試してみてください。

まとめ

ピーマンを使ったお酒が進むおいしくて簡単なレシピが多くありました。

ピーマンはとても栄養が豊富なので美容や健康を気にしている人はもちろん、あまり気にしていない人もぜひおつまみとして摂取してほしい食材です。
特に旬のピーマンは安くて肉厚でみずみずしいのでぜひ見つけたら紹介した夏野菜を多く使ったレシピを作ってください。

また、縦方向に切ることで苦味を軽減できるので苦手な方もぜひ挑戦してみてください!。