TOP / レシピ / 和酒にも洋酒にも合う!サーモンを使ったおすすめおつまみ14選

クリーミーな味わいや鮮やかな見た目で食卓に彩りを与えてくれることからおつまみとして人気のサーモン。

調理次第で和酒にも洋酒にも合わせることができることから高い人気を誇っています。

焼き鮭や刺身レシピは日本酒や焼酎と相性が抜群ですが、アボカドやチーズといった食材と合わせると、ワインやシャンパンにも合うおつまみに大変身。

サーモンさえ手に入ればどれも簡単なレシピばかりなので、それぞれのお酒にあったサーモンレシピをおぼえて、より充実したお酒ライフを送っちゃいましょう!

アレンジ幅は無限大!サーモンおつまみレシピ14選

サーモンの梅ユッケ

梅と大葉のさっぱりコンビがサーモンと抜群に合う!サーモンの梅ユッケ。一口大にカットしたサーモンと練り梅・大葉・調味料を混ぜ合わせて完成です。

梅の酸味と大葉の風味、みりんで味付けされたサーモンが合わさりさっぱりとした爽やかさが◎。大葉はカットする前に、1度手のひらにのせて叩くと大葉の風味がより際立ちますので、ぜひ試してみてください。

焼酎などに合わせるおつまみとしても、塩昆布の塩気とごま油の風味がお酒と食事を進ませます。おつまみ以外にもご飯にのせて丼にしたり、鍋の付け合わせにしたりしてもおいしいです。

そのほかにも手巻き寿司の具材にするなど、簡単に作れて使えるシーンは多いのでぜひ覚えておきたいレシピです。練り梅のかわりにシソ梅を潰して入れると、より梅の味わいを楽しむことができます。

詳しいレシピはこちら

【レシピ】さっぱり梅味で箸が止まらない!「サーモンの梅ユッケ」

焼き煮サーモン

魚料理なのにフライパン1つで作れて、しかも調理に10分もかからない焼き煮サーモン。呑んべえ必見のお手軽レシピです!

手順はサーモンを焼いて、味付けをし煮込むだけ。使う材料もサーモンと大根と生姜だけで、調味料も醤油と酒とみりんのみ。大変揃えやすいですよね!

煮込む時間は5分程度ですが、甘めで濃い口の味がサーモンと大根にしっかり染みていておつまみにはもちろん、ご飯のおかずにもぴったりの一品です。

焼き鮭の大根おろし添えのような味付けがやみつきになります。作り方さえ覚えてしまえば色々な具材を使ってアレンジすることができます。

例えばサーモンの他にもブリを使ったり、大根に加えて人参などを加えてもおいしいです。お気に入りのアレンジを見つけてみてください!

詳しいレシピはこちら

【レシピ】10分以内に完成!フライパン一つで魅惑の肴「焼き煮サーモン」

アボマヨサーモン

クリーミーで濃厚な味わいのアボマヨサーモン。アボカドとマヨネーズとサーモンの相性はもちろん抜群ですが、今回は一味違うパンチのある味付けになっています。

その正体はにんにく!クリーミーな味わいの中ににんにくの刺激がクセになります。さらにサーモンの塩気やブラックペッパーが全体の味を引き締めるので、ビールや白ワインがどんどん進むこと間違いなし。

作り方はサーモン・アボカド・にんにく・マヨネーズを混ぜ合わせるだけ。具材を揃えるのも調理も簡単なのでおすすめの一品です。

アボカドにレモン果汁を垂らせば変色を予防することもできます。

アレンジも多彩で、サーモンの代わりにエビを入れたり、マヨネーズの代わりに和風ドレッシングにしてサッパリ感を楽しむこともできます。

詳しいレシピはこちら

【レシピ】定番の組み合わせに隠し味!「アボマヨサーモン」

サーモンとアボカドのタルタル

サーモンのオレンジ色とアボカドタルタルの白緑色の見た目が華やかなサーモンとアボカドのタルタル。作り方は、切ったサーモンをアボカドのタルタルソースと混ぜて盛り付ける3ステップ!

アボカドタルタルはまろやかな口当たりとクリーミーな口溶けの上品な味わいを楽しむことができます。

料理の決め手はピンクペッパー!これがあるだけでお店で出てくるような華やかさを演出することができます。ピンクペッパーは大きめのスーパーや輸入食材店のスパイスコーナーで購入可能です。

サーモンタルタルはネギやブラックペッパーといったおつまみに欲しい要素が全開です。仕上げにオリーブオイルとピンクペッパーを回しかけて、上品で優雅なひと時を過ごしてください。

詳しいレシピはこちら

【レシピ】まるでおしゃれカフェの前菜!切って混ぜるだけの「サーモンとアボカドのタルタル」

サーモンとアボカドのおしゃれそうめん

夏といえばそうめんですが、なかなか単調なレシピになりがちになってしまいますよね。普段とは一味違う夏にぴったりのおしゃれな見た目と味わいサーモンとアボカドのおしゃれそうめんで気分を大きく変えましょう!

こちらのレシピは、茹でたそうめんをめんつゆで和え、スモークサーモンとアボカドをのせて調味料とディルをトッピングしたら完成です。

めんつゆの旨みとサッパリ感がアボカドのクリーミーさにマッチし、めんつゆの塩気がサーモンの塩気とマッチする相性抜群の一皿。加えて、ブラックペッパーの刺激とレモン果汁の爽快感がアクセントとなるので、食欲が進むだけでなくお酒との相性もいいのが嬉しいです。

最大のポイントはディル!すっきりと爽やかな香りはサーモンとぴったり。魚料理との相性が抜群なので、ほかの魚料理にも気軽に使ってみてください。

詳しいレシピはこちら

【レシピ】散らしたディルがポイント!「サーモンとアボカドのおしゃれそうめん」

サーモンのバターレモンソースムニエル

春から初夏にかけてぴったりな、爽やかな見た目と味のサーモンのバターレモンソースムニエル。味わいのポイントはサーモンを焼いた後に作るバターレモンソース!生レモンの果汁とバターを混ぜ合わせるだけでなく、フライパンに残るサーモンエキスと一緒に煮詰めて完成です。

サーモンエキスと一緒に煮詰めることによって、バターとレモンのソースがムニエルにしっかりと馴染みます。

見た目のポイントは、ディルを飾りつけることです。

涼しげな見た目と香りになりますし、ほかの料理にも使うことができるのでぜひ購入してみてください。

相性抜群の白ワインと合わせるだけでなくおかずとしても活躍できる一品です。爽やかな味わいだけでなく、下味でつけた塩こしょうのアクセントがお酒も食欲もそそらせます。

詳しいレシピはこちら

【レシピ】爽やかなバターソースが食欲をそそる「サーモンのバターレモンソースムニエル」

サーモンとホタテの簡単マリネ

見た目も味も華やかなサーモンとホタテの簡単マリネ。パプリカの黄色とサーモンのピンクが食欲を刺激します。

オリーブオイルとビネガーのさっぱりした味わいとブラックペッパーの爽快な辛味コンビが、クセになるこの料理。しっかり混ぜ合わせて食べることで、具材のハーモニーを楽しむことができるのでおすすめです。

ビールや焼酎、白ワイン合わせて飲むとバッチリ合います。

このメニューのイチオシポイントは、おいしいおつまみがもう一品できてしまうことです。

ホタテのヒモと大葉・ごま油・ごまを和えるだけで完成。こちらは和風テイストなので日本酒や焼酎が欲しくなります。

焼酎を楽しむ日や複数人で色々なお酒を飲むときにぴったりの一品です。

詳しいレシピはこちら

【レシピ】サラダ感覚でパクパク食べたい「サーモンとホタテの簡単マリネ」

サーモンとパクチーのエスニックマリネ

寒い冬が終わると、無性に食べたくなるアジアン料理。お刺身に少し工夫をするだけで、見た目も味も本格的なアジアン料理を楽しむことができますよ!

アジアン料理好きにはたまらないサーモンとパクチーのエスニックマリネ。用意する材料はアジアン料理に欠かせない具材ばかりなのでぜひ購入しておきたいものばかりです。

カットしたサーモンに、パクチー・ナンプラー・オイスターソース・パプリカパウダーで味つけたら完成です。ナンプラーやパクチーが苦手な方は醤油や三つ葉で代用すればアジアンな雰囲気だけを楽しむことが可能ですよ。

パクチーやナンンプラー、オイスターソースを使ったおつまみは多くあるので、ワンプレート全部アジアン料理にして思う存分南国を味わってみてはいかがでしょうか?

詳しいレシピはこちら

【レシピ】切って和えるだけ!簡単オシャレな「サーモンとパクチーのエスニックマリネ」

サーモンのカラフルタルタル

インスタ映え間違いなし!見た目よし・味よし・食感よしで、味の宝石箱とも呼ばれるサーモンのカラフルタルタルを紹介します。

サーモン・きゅうり・ブラックペッパー・パプリカの豊かな色彩にマヨネーズのマイルドな黄色が合わさり宝石箱にふさわしい豪華さに!

きゅうりやパプリカのみずみずしさに加えてサーモンの塩気とマヨネーズの濃厚さの相性が抜群です。そこに、粒マスタードのマイルドな辛味が加わることによって、おつまみにぴったりの刺激を味わうことができます。

とろけるサーモンや野菜のシャキシャキ食感がクセになります。

そのままワインといただくのはもちろん、クラッカーやフランスパンにのせて食べるのもとてもおいしいです。

クラッカーにのせてもおしゃれなのでぜひ別格の夜をお楽しみください。

詳しいレシピはこちら

美味しさに悶絶!ワインが進む「サーモンのカラフルタルタル」

くるくるサーモンチーズ

高級料理にも引けをとらない、見た目のくるくるサーモンチーズ。

一見とても手の込んだ料理に見えますが、実はとても簡単に作れちゃうんです。

タネをきゅうりで巻いたら、冷蔵庫に寝かせてカットし、最後にトッピングをしたら完成です。タネもクリームチーズとにんにくを混ぜ、スモークサーモン入れるだけと大変お手軽です。最後のトッピングにとびっこをのせると見た目と食感の最高のアクセントになります。

この一品のおすすめポイントは、見た目だけでなくその味わいも高級料理に引けを取らないクオリティにあります。ひんやりとクリーミーなチーズととろける食感と味わいのサーモン、きゅうりの食感がクセになること間違いなし。タネのにんにくとお好みで入れたブラックペッパーが、おつまみとして最高の刺激となります。

白ワインやシャンパンと一緒に特別な夜をお過ごしください。

詳しいレシピはこちら

お家でレストラン気分!簡単おしゃれな「くるくるサーモンチーズ」

サーモン濃厚カルパッチョ

th_p1017370

ワインやシャンパンを飲むなら欠かせない、サーモン濃厚カルパッチョ。

オニオンスライスの白・サーモンのピンク・マスタードのイエロー・クレソンのグリーン・温泉卵の色合いの組み合わせは食卓が華やかになること間違いなしです。

各具材の準備とマスタードドレッシングを用意すれば、あとはのせるだけで完成。最後に温泉卵を崩し、黄身が出てくる瞬間がなんといっても最高です。

サーモンをそれぞれの具材と食べ合わせていくと様々なおいしさを楽しむことができるのがこのおつまみの良いところ!おいしすぎてサーモンが足りなくならないように少し多めに準備しておくと良いでしょう。野菜が多く、サーモンもヘルシーなのでお酒と合わせてたくさん楽しんじゃいましょう!

詳しいレシピはこちら

見た目で胃袋を刺激する卵のとろ〜り「サーモン濃厚カルパッチョ」

サーモンとチーズのごま和え

th_P1015911

人気おつまみのサーモンとチーズを和風にアレンジしたサーモンとチーズのごま和え。サーモンとチーズといえば洋風のおつまみですが、今回は日本酒に合う和風アレンジを紹介します。

わさび醤油に絡めたサーモンとごまを和えたチーズを盛り付けて完成と大変簡単なレシピです。きざみ海苔を盛り付けて一緒に食べることによってより和風テイストを楽しむことができます。

味わいも、クリームチーズとごまの濃厚さの相性とサーモンとわさび醤油の最高コンビの相性も抜群です。アレンジでうずらの卵やとろろをトッピングするとより和風感を楽しめること間違いなしです。

入れるわさびの量を変えることでツーンとした辛味を調整でき、チーズのクリーミーさには少し強めの辛味がおすすめですよ。

詳しいレシピはこちら!

わさび醤油がアクセントで濃厚うまい!『サーモンとチーズのごま和え』

スモーキーポテサラ

サーモンを使った大人のポテトサラダのスモーキーポテサラ。

ポテトサラダにいぶりがっことスモークサーモンを入れてお酒をグングン楽しみましょう。作り方は通常のポテトサラダを作り、いぶりがっことサーモンちょい足し入れるだけです。

お子様がいるときは普通のポテサラとスモーキーポテサラの両方を簡単に作れてしまうのも嬉しいポイントです。じゃがいもはレンジで温めて潰すだけなので、茹でる手間なく簡単に作ることができます。

味のポイントは隠し味のヨーグルトを入れること。

これによってスモーキーな風味の中に酸味とまろやかさを与えられ味に深みのある絶品おつまみに変身します。お好みでブラックペッパーを足したり、鰹節を足して和風テイストにするのもおいしいのでおすすめです。

詳しいレシピはこちら

ビールが飲みたくなる!ダブルの燻しで大人味「スモーキーポテサラ」!

鮭のヨーグルト味噌焼き

th_p1017595

味噌とヨーグルトに漬け込む鮭のヨーグルト味噌焼き。鮭とヨーグルトの組み合わせ?と思う方もいますが、実は隠れた名コンビなんです。

ヨーグルトと味噌を混ぜ合わせたベースに鮭を30分〜半日漬け込むことで完成です。ヨーグルトに漬けることによって鮭の余計な臭みがとれ、しっとり・ふっくらした焼き上がりになります。

トッピングに千切りした大葉とごまを散らすことによっていつもと違ったサーモンに!味噌を混ぜることによって、ほんのり香る味噌の味を楽しむことができます。

味付けのポイントは鮭の塩気があるので、味噌はあまり入れ過ぎないように注意しましょう。

ご飯にぴったりなのはもちろん、冷えたビールと相性が抜群なのでぜひビールを用意して召し上がってください。

詳しいレシピはこちら

しっとり旨味を閉じ込めた「鮭のヨーグルト味噌焼き」

まとめ

サーモン

お気に入りのサーモンおつまみは見つかったでしょうか?

日本酒や焼酎と合う和風おつまみからワインやシャンパンに合う洋風おつまみ、見た目が華やかなおつまみなど多くの場面で活躍するサーモン。サーモン自体がヘルシーで、サラダとの相性も抜群なことから野菜と合わせたヘルシーおつまみとして健康が気になる人にもぴったりです。

どのレシピも簡単に作ることができるので、ぜひ様々なレシピに挑戦してみてください!