TOP / ニュース / 新商品 / 千葉市と足利市の市制100周年を祝したビール「あしたのみち」販売!

幕張ブルワリーから、「あしたのみち」が、2021年7月1日(木)より、約2,000本の数量限定で販売になります。

「あしたのみち」は、千葉県千葉市と栃木県足利市の市制100周年を祝した限定クラフトビール。幕張ブルワリーが、千葉大学、潮風ブルーラボと共同で開発・醸造した一品です。

クラフトビールらしい香り高さを残しながら、飲みやすさを両立させたスタイル「Session IPA」を採用し、栃木産の押し麦を使用することで、麦の香りをより豊かにしつつ、きめ細やかな泡立ちを狙っているのが特徴。ホップはcentenialを含めた4種を使用し、柑橘系の爽やかさを持ちながらもフローラルで豊潤な香りを目指しているのだそう。

"足利市と千葉市をビールという楽しい味で結ぶことにより、両市の発展、良好な関係、そして明るい未来に貢献したい"との想いを込めているという「あしたのみち」。その味わいを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

幕張ブルワリーについてはこちら

商品概要

商品名 あしたのみち
名称(種類別) ビール
発売日 7月1日
ボトル販売 容量:330ml
価格:650円(税込)
取扱店舗:
(千葉大学)千葉大学生協ライフセンター(事前予約・店舗受渡のみ)
※6月1日より予約受付を開始。
https://www.univcoop.jp/chiba-u/news_4/news_detail_211717.html(千葉市内)幕張ブルワリー
(足利市内)大麦工房ロア 朝倉総本店、足利浪漫の会加盟店(酒道庵 武井酒店、オレンジショップいいだ、㈱丸川屋、大黒屋酒店、佐川酒店、酒のなかむら、有限会社和泉屋)
http://www.chiba-u.ac.jp/others/topics/info/_100.html
店内飲食提供 幕張ブルワリー(千葉市美浜区)、潮風ブルースタンド(千葉市中央区)、くつろぎ処Caféまとい亭(千葉市中央区)