TOP / お酒を選ぶ / 日本酒 / 【最新版】鳥取県のおすすめ日本酒ランキングtop10&おすすめ酒蔵

鳥取県の日本酒の特徴

日本酒造りを支える鳥取県の水

鳥取県の日本酒は、きめの細かいまろやかな味わいが特徴です。

これは、鳥取県の山々の雪解け水がミネラル豊富な軟水が多いことに由来しています。良い自然環境が育んだ水が、鳥取県の日本酒の酒質を決定づけているのです。

鳥取県で造られる酒米

また、水だけでなく、優れた自然環境が育んだ米についても注目すべきです。

鳥取県は、県を代表する特産米として「強力」を有しています。強力には"線状心白の米"という特徴があるのですが、これは日本で大きく分けると二品種(強力と山田錦)しか持ち合わせていない個性です。

線状心白の酒米は"高度精米に耐えることが可能"という長所を持っています。醸造技術が向上し、精米歩合が高い日本酒も数多く世に送り出されていますが、強力はそういった"現代的な酒"を造る際にも適しているのです。

鳥取県では、西部・中部・東部の各地域に酒蔵が存在しています。鳥取県酒造組合に所属している酒蔵の数は16です。

それぞれの蔵が、特徴の異なる個性的な酒を醸していますので、是非、気になる鳥取県ならではの銘柄を堪能してみてくださいね。

鳥取県の日本酒ランキングtop10

鳥取県日本酒ランキング10位:いなば鶴 強力 大吟醸 原酒

いなば鶴 強力 大吟醸 原酒 1800ml 日本酒 桐箱入 鳥取 地酒 プレゼント用におすすめ 木箱

出典:いなば鶴 強力 大吟醸 原酒 1800ml 日本酒 桐箱入 鳥取 地酒 プレゼント用におすすめ 木箱

「いなば鶴 強力 大吟醸 原酒」は、心地良い吟醸香と軽快な味わいが特徴。ほとんどが鳥取県で栽培されている酒造好適米"強力"の良さを活かした大吟醸酒です。

精米歩合は40%、アルコールは18度と少し高め。醸造アルコールが引き立てる米の香味を、しっかりとしたアルコール感と共に楽しめる一本になります。

鳥取県日本酒ランキング9位:大吟醸 元帥 斗瓶囲い

斗瓶囲い 大吟醸 [ 日本酒 720ml ]

出典:斗瓶囲い 大吟醸 [ 日本酒 720ml ]

「大吟醸 元帥 斗瓶囲い」は、香味のバランスに優れた爽やかな味わいが特徴。吊るした搾り袋から自然に落ちてくる雫を斗瓶に集め、低温で熟成させた大吟醸酒です。

精米歩合は35%で、使用したのは酒米の王様"山田錦"。2020年3月に鳥取県新酒鑑評会"最優秀賞"、2020年5月に全国新酒鑑評会"入賞"を果たした一本になります。

created by Rinker
元帥酒造
¥4,888 (2021/08/02 18:09:30時点 Amazon調べ-詳細)

鳥取県日本酒ランキング8位:純米大吟醸 白壁土蔵

白壁土蔵(純米大吟醸) [ 日本酒 720ml ]

出典:白壁土蔵(純米大吟醸) [ 日本酒 720ml ]

「純米大吟醸 白壁土蔵」は、口の中で広がる芳醇な味わいが特徴。鳥取県産米"玉栄"の内側40%を使用した純米大吟醸酒です。

低温での吟醸造りの良さが詰まった一本。アルコールは15〜16度とほど良く、のど越しの美味しさと自然の旨味には見事の一言です。

created by Rinker
元帥酒造
¥2,801 (2021/08/02 18:09:30時点 Amazon調べ-詳細)

鳥取県日本酒ランキング7位:純米大吟醸 いなば鶴「強力」

いなば鶴 純米大吟醸 強力 720ml x1本

出典:いなば鶴 純米大吟醸 強力 720ml x1本

純米大吟醸 いなば鶴「強力」は、高い香りと、しっとり濃醇な味わいが特徴。炭素濾過を行わず、幻の酒造好適米とも呼ばれる強力を40%まで精米した純米大吟醸酒です。

「強力」という名に相応しい男性的な力強さが感じられる一本。重厚さと飲みやすさを兼ね備えた個性的な仕上がりであり、その味は冷やでシンプルに楽しむのが良いでしょう。

created by Rinker
いなば鶴
¥3,410 (2021/08/02 18:09:31時点 Amazon調べ-詳細)

鳥取県日本酒ランキング6位:日置桜 純米吟醸「伝承強力」

日置桜 純米吟醸強力 1800ml 鳥取県 山根酒造

出典:日置桜 純米吟醸強力 1800ml 鳥取県 山根酒造

日置桜 純米吟醸「伝承強力」は、どっしりとした酸味と、緻密で凝縮された旨味が特徴。強力を精米歩合60%まで磨いた純米吟醸酒です。

強力米由来の唯一無二の仕上がりを楽しめる一本。交配改良品種とは異なる"原種の主張"が詰まった堂々たる酒です。

created by Rinker
日置桜
¥3,630 (2021/08/02 18:09:31時点 Amazon調べ-詳細)

鳥取県日本酒ランキング5位:日置桜 純米酒

日置桜 純米酒 720ml 鳥取県 山根酒造

出典:日置桜 純米酒 720ml 鳥取県 山根酒造

「日置桜 純米酒」は、引き出された米の旨味が特徴。酒米"玉栄"を精米歩合70%まで磨いた純米酒です。

「日置桜」のスタンダート酒として位置付けられている一本。完全発酵酒醪により日本酒度は+10以上と、一般的には大辛口と言われる数値に仕上がっていますが、安心感のある米の甘みも有しています。

created by Rinker
地酒屋井本酒店ー日本酒
¥1,353 (2021/08/02 18:09:32時点 Amazon調べ-詳細)

鳥取県日本酒ランキング4位:瑞泉 特撰

瑞泉 特撰 720ml 日本酒 鳥取 地酒

出典:瑞泉 特撰 720ml 日本酒 鳥取 地酒

「瑞泉 特撰」は、心地良い吟醸香と上品で端麗な味わいが特徴。中吟仕込みの技の冴えを感じられる日本酒です。

酒米には玉栄を用い、アルコールは16〜17度と少しだけ高めに設定されています。辛口タイプの一本なので、冷酒や冷やで辛さとキレをストレートに味わうのが良いでしょう。

created by Rinker
瑞泉
¥1,580 (2021/08/02 18:09:33時点 Amazon調べ-詳細)

鳥取県日本酒ランキング3位:純米吟醸 強力「足のむくままゆこうじゃないか」

稲田本店 純米吟醸 いなたひめ 強力 足のむくままゆこうじゃないか [ 日本酒 鳥取県 720ml ]

出典:稲田本店 純米吟醸 いなたひめ 強力 足のむくままゆこうじゃないか [ 日本酒 鳥取県 720ml ]

純米吟醸 強力「足のむくままゆこうじゃないか」は、ふくらみのある果物系の香りと米の旨味が特徴。強力を精米歩合55%まで磨いた純米吟醸酒です。

仕上がりは、甘辛で言うとやや辛口、濃淡で言うとやや淡麗。温度帯は冷酒、または冷やで味わうと同商品の良さが活きます。

稲田本店で一番人気の酒「純米吟醸 いなたひめ強力」の、"水木しげる"氏の格言ラベルバージョンとして展開されている一本。自分用にはもちろんのこと、プレゼントやお土産にもピッタリなのではないでしょうか?

鳥取県日本酒ランキング2位:辨天娘 純米酒 五百万石

辨天娘 純米酒 五百万石 1800ml

出典:辨天娘 純米酒 五百万石 1800ml

「辨天娘 純米酒 五百万石」は、穏やかに漂うフルーティな香りと、派手すぎず、それでいてしっかりとしている味わいが特徴。太田酒造場が自家栽培した、地元の若桜太田産"五百万石"を使用して醸された純米酒です。

同酒造は一般的な酒蔵と違い、タンクを仕込み順毎にブレンドせずに商品として出荷しているのが特徴。このため、同じ純米酒でも仕込み順が違うと味わいが異なり、仕込み順1号は「1番娘」というように、それぞれ「○番娘」と名前を付けて表示されています。

"仕込み毎に異なる味わいを味わって欲しい"との想いのもと、このように展開されている日本酒の数々。それぞれの個性的な香味を楽しんでみるのはいかがでしょうか?

created by Rinker
辨天娘
¥2,830 (2021/08/02 18:09:34時点 Amazon調べ-詳細)

鳥取県日本酒ランキング1位:瑞泉 純米酒

瑞泉 純米酒 1800ml 日本酒 鳥取 地酒

出典:瑞泉 純米酒 1800ml 日本酒 鳥取 地酒

「瑞泉 純米酒」は、コクのあるしっかりとした旨味が特徴。鳥取県オリジナルの酒米"鳥姫"を使用した純米酒です。

精米歩合は55%でアルコールは15〜16度。純米としての米の良さを、ほど良いアルコール感と共に楽しめる"日本酒らしい日本酒"になります。

辛口タイプであると同時に、米の味わいが豊かに広がる濃醇タイプな一本。"好きな人にだけ飲んでほしい"という方針で運営している高田酒造場ならではの、芯のある酒です。

created by Rinker
瑞泉
¥2,650 (2021/08/02 18:09:34時点 Amazon調べ-詳細)

鳥取県の酒蔵ランキングtop5

鳥取県酒蔵ランキング5位:元帥酒造

元帥酒造は、嘉永年間(1848年4月1日〜1855年1月15日)に創業した倉吉市の酒蔵です。

整備された環境の中で、語り継がれた技法を守りつつ日本酒を製造。何よりも自然の旨味を大切にした酒造りを行っています。

代表銘柄は「元帥」です。

鳥取県酒蔵ランキング4位:中川酒造

中川酒造は、文政十一年(1828年)に創業した鳥取市の酒蔵です。

伝統ある「福寿海」に加え、平成元年(1989年)より地元米にこだわった「いなば鶴」を育てているのが特徴。平成年間で十度の全国鑑評会金賞受賞を成し遂げた銘醸蔵です。

地元特産米「強力」を復活させた功績でも知られています。

鳥取県酒蔵ランキング3位:稲田本店

稲田本店は、昭和四十四年(1969年)に設立した米子市の酒蔵です。

創業から約300年が経つ"米子の顔"とも呼べる老舗蔵であり、毎年春先に新酒祭りを催すなど、消費者と酒蔵の交流に力を注いでいるのが特徴。醸す酒は、山陰日本海の海の幸に良く合う、淡麗辛口な味わいに仕上げられています。

代表銘柄は「稲田姫」です。

鳥取県酒蔵ランキング2位:太田酒造場

太田酒造場は、明治四十二年(1909年)に創業した八頭郡の酒蔵です。

純米酒は全量、地元若桜町で栽培された酒米を使用。品種は山田錦、玉栄、強力、五百万石、鳥姫の5種で、品種、生産者毎に仕込んだ酒を、ブレンドなしで貯蔵し出荷していることが特徴になります。

代表銘柄は「辨天娘」です。

鳥取県酒蔵ランキング1位:高田酒造場

高田酒造場は、明治四十年(1907年)に創業した岩美郡の酒蔵です。

"誰におもねることもない、自己流の酒造り"をモットーに、"地酒造りの立場を強く意識"した、契約栽培による地元だけの原料米を調達していることが特徴。"好きな人にだけ飲んでほしい"という方針で名酒を世に送り出しています。

代表銘柄は「瑞泉」です。

個性的な鳥取の日本酒を楽しもう!

県を代表する酒米「強力」の存在など、他の県にはない個性を持ち合わせている鳥取。ミネラル豊富な軟水が生む、飲み口優しい日本酒は初心者の方でも楽しみやすいのではないでしょうか。

ここで紹介した日本酒は、ほんの1部分。ランキングを参考にしつつも、いろんな日本酒を飲み比べてご自身の好みの1本を見つけてみてくださいね。