ホーム > レシピ > おつまみレシピ > ありそうでなかった!うずらのたまごが主役のおつまみ『肉巻きうずら』の作り方

ありそうでなかった!うずらのたまごが主役のおつまみ『肉巻きうずら』の作り方

うずらのたまごを上手に使ったら、もっとおつまみのレパートリーが広がるはず!!

うずらのたまごの煮卵・うずらのたまごのキムチ・うずらのたまごのピクルス… などには出会ったことがあるのですが、だいたい箸休め系。

いやいや、うずらのたまごを主食に!主食の主役に!!したいんですよ、わたしは。

うずらのたまごのフォルムに惚れ惚れ。あの愛くるしいルックスを遺憾なく発揮したころころおつまみ。

いままで知らなかったのですが、うずらのたまごって栄養満点らしいです。ビタミンBや鉄分、葉酸が豊富!鉄分に至っては多いと思われ勝ちなレバーの倍ですよ!!

同量摂った場合の数値なので、ちっちゃいうずらのたまごはたくさん食べなきゃいけないのが難点ですね、、

だから箸休めとか、八宝菜の宝探し的立ち位置にしている場合じゃないんですよ。主役にしてパクパク食べてやりましょう!

もうこのおつまみはパクパクパクパク…止まらないですよ。

材料

うずらのたまご 12個
豚バラスライス 12枚(うずらのたまご1個に1枚)
小麦粉 適宜
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
飲みたくなるお酒 ビール、日本酒、焼酎

作り方

① うずらのたまごに豚バラを巻く。

th_P1015481

ラップに豚バラを乗せてうずらをのせて、ぎゅっとにぎる。

th_P1015482

全体を覆うようにくるっと。

② 小麦粉をまぶす。

th_P1015483

豚バラを巻きつけたら、小麦粉のひいたお皿にのせていってころころ。

th_P1015485

全体にしっかりつけておくと味が絡みやすい。

③ 焼いて味をつける。

th_P1015486

気持ち多めの油でしっかり焼く。

th_P1015487

あんまり触ると剥がれちゃうのぜじわりじわり。

th_P1015490

お肉がピンク色でなくなったら、しょうゆ・みりんを入れて味を絡めたら完成!!

th_P1015500

一味をがっつりふりかけていただく気分でした。

塩コショウでカリッと焼いて、マスタードでいただくのもおいしいですよ!!

これは本当にうずらのたまごが主役のおつまみ。

こんなにちっちゃくて丸いから、中になにが入ってるのかも楽しい一品だと思いませんかー!?

ぜひぜひこのうずらのたまごが主役のおつまみ、作ってみてください!

おつまみレシピの関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ