ホーム > コラム > インタビュー > 「緑茶ハイ」があるのに「麦茶ハイ」がないのはなんで!?偉い人に聞いてみた

「緑茶ハイ」があるのに「麦茶ハイ」がないのはなんで!?偉い人に聞いてみた

皆さん、こんにちは!モデルのカオリです。


NOMOOOをご覧になってるということは、みなさんお酒が大好きということですよね?

私も、お酒が大好きです!昔はビールやワインなども飲んでいましたが、最近はもっぱら焼酎。自宅でも外飲みでも、“お茶割り”を飲むことが多いんです!

お茶割りって、飲みやすいから何杯でも飲めちゃう気がするんですよね♪

居酒屋の定番メニュー焼酎のお茶割り♪

永遠の定番「ウーロンハイ」


お茶割りの定番といえば、やっぱりウーロンハイ

居酒屋でもバーでも焼肉屋さんでも……、どこにでもありますよね。飲み放題のお店に行くと、ピッチャーでウーロンハイが出てきたりして。

それくらい誰もが頼む、永遠の定番なんですね!

お酒の強い人がよく頼む?「緑茶割り」


私の中で、焼酎割りといえば緑茶!!焼酎の緑茶割りって、なんでこんなに飲みやすいんでしょう??

だいたい、どこのお店に行ってもあるし、食事の邪魔もしないですよね。意外なことに、関西ではあまりポピュラーじゃないらしいんですけど本当なんでしょうか?

私の経験からすると、お酒が強い人って、最初のビール以外は永遠に緑茶割り飲んでる気がします。気のせいですかね?(笑)

ここでひとつの疑問が……


お店によっては、紅茶ハイとかジャスミンハイなんかもあったりします。やっぱり、焼酎のお茶割りって日本人にとってとってもポピュラーなお酒なんですね!!

あれ??でも……、ちょっと待って???

色んなお茶割りがあるのに、“あのお茶”を焼酎で割ってるのみたことない!!

子供の頃からよく飲んだ、冷蔵庫に入っているあのお茶!!

そう!「麦茶ハイ」ってみたことない!!

「麦茶ハイ」がないのは何故?

なんで「麦茶ハイ」ってないんだろう??

居酒屋のメニューとかに載ってるの見たことない気がする……。「作って!!」って頼めばすぐ作ってくれるんだろうけど……。

ん〜〜〜。不思議……。

だって、家で作り置きしておくお茶の定番って、麦茶だと思うんです!

麦茶パックを入れておけば、水出しでできちゃうし……。すごく簡単に作れそうじゃないですか?



気になったので麦茶メーカーの代表に聞きに行った!

気になって仕方がないので、NOMOOO編集部さんにお願いして“有名な麦茶メーカー”さんのオフィスに連れて来てもらいました!

メーカーの方なら、この疑問に答えてくれるはず。

期待に胸躍らせながらオフィスに行くと…。見たことのある商品が!!

「ミネラル麦茶〜♪」のCMでおなじみの「石垣食品」


今回お伺いさせていただいたのは、「石垣食品」さん。

「ミネラル麦茶〜♪」というメロディーのCMでおなじみですよね!

私たちが今当たり前のように使っている、“水で簡単にできる水出し麦茶パック”を世界で初めて開発、販売したすごい会社なんです!!

石垣食品さんのおかげで、暑い夏にも美味しい麦茶を作り置きしておくことができたんですね!う〜〜ん、感謝の言葉しかありません!

軽い気持ちで来たら偉い人が出てきた……

そんな老舗メーカーさんなら、麦茶のこと何でも知ってるはず!

広報さんに通されて、会議室で待つこと数分。

 

 

 

「ガチャッ」あ、広報さ…ん?じゃない!?

え?とても偉そうな人が…。

 しかも、何か抱えてる…?

 え?え?なにこの子!?!?

「どうも、代表の石垣裕義です。」

 

 

 

一番偉い人が来ちゃったよ…。

NOMOOOさん...、私そこまでしてって頼んでないのに...。

 

beerman02人物紹介:石垣 裕義 代表

水出し麦茶パック「フジミネラル麦茶」を世界で始めて開発、発売した「石垣食品」の代表取締役社長。

はじめまして…わざわざすみません…。

 

いえいえ、わからないこと何でも聞いてください。

 

じゃぁ、早速なんですけど……。その抱えている子は…?

 

あぁ、この子!この子はねミネ郎くん!可愛いでしょ?うちの公式キャラクターなんです。

 

あ、ホントだ!よく見ると麦茶の箱でできてる〜!可愛いですね♪

 

ミネ郎くんの公式Twitterはこちら。

石垣さんが語る 麦茶の効能からみる「麦茶割り」のススメ

麦茶割りがないのは〇〇が原因?

なんで、緑茶ハイとかウーロンハイはあるのに麦茶ハイ(焼酎の麦茶の割り)ってないんですか?

 

これはねぇ、古くからの日本の文化が関係している思うんです。子供の頃、友達の家に遊びに行ったりすると麦茶がでてきませんでしたか?

 

はい!その記憶はかなりあります。家庭によって味が微妙に違ったりするんですよね。懐かしい〜!」

 

そう!まさにそれが1つの要因だと思うんです。

 

え!?どういうことですか??
日本人の頭の中には、どこか“お茶はタダでもらえるもの”っていう意識が染み付いちゃってるんですよ。

特に、麦茶ってその傾向が顕著にあって……。ご飯屋さんでも、お冷か麦茶がポットに入れてあること多いでしょ?

麦茶メーカーとしては残念なのですが、“麦茶は無料”ってイメージが強いんでしょうね…。

 

なるほど。だから、あえてメニュー化されずにお茶割りのラインナップに入らないってことなんですね……。

 

麦茶割りは二日酔いになりにくい!?

でもね、麦茶って子どもからお年寄りまで楽しめる凄く万能な飲み物なんですよ。

 

そうですよね!年齢問わず飲んでいるイメージはあります。でも、それは一体どういった理由なんですか?

 

ウーロン茶や緑茶、紅茶など一般的なお茶類は、チャノキ由来の飲み物でしょ?だから多かれ少なかれカフェインが入っているんです。

でも麦茶ってチャノキではなくて、“大麦”を焙煎して作っている飲み物なのでカフェインレス!

だから、お年寄りお子さんでも安心して飲むことができるんですよ。

 

え〜、知らなかった!麦茶って名前だから当たり前といえば当たり前ですけど……意識したことなかったです。知らない人多いんじゃないかな?

 

それにね、お茶割りで麦茶を使うのって理にかなっていることなんですよ!

 

えっ!?

 

最近では、健康に大切なパワーが秘められていることも、科学的に立証され始めています。
日本人の知恵が、最近の科学で改めて証明され始めたといえそうです。麦茶は他の飲料と違って、保存料や甘味料が添加されていない、天然の機能性飲料ともいえます。

 

麦茶にそんな機能があるなんて知らなかった!じゃあ、麦茶ハイを知らないのって……かなり損してるじゃないですか!!

 

石垣食品直伝!美味しい「麦茶割り」の作り方

うちの社員が大好きな、麦茶割りの作り方があるので伝授しますね!ポイントは焼酎の種類です!

 

用意するもの


・麦茶
・麦焼酎
・氷
・グラス

1.氷を入れる


氷はグラス満タンに入れます

2.焼酎を入れる


だいたい指2本分くらいの量を目安に、焼酎を注ぎます。

3.麦茶を注ぐ

 

作っておいた麦茶を注ぎます

4.軽くステア


焼酎が混ざるように、軽くステアすれば完成です。

さぁできました!飲んでみてください

 

わぁ!麦の香りがすごい!

 

うん!美味しい!!麦茶が麦焼酎の風味を引き立てて、香ばしさが口いっぱいに広がります。しかも飲みやすい!

 

そうでしょ!同じ麦を使った焼酎で割るのがポイントなんです!高い焼酎じゃなくて、コンビニやスーパーで売っているような安いもので十分美味しく飲めるんですよ。

 

結論:「麦茶割り」は二日酔い対策にも良い最強ドリンクだった


初体験だった「麦茶割り」は、想像以上の美味しさ!!
石垣さんの話を聞けば聞くほど、「なんで麦茶割りがポピュラーにならないんだろう」って不思議に思ってしまいました。

二日酔い対策にも良いし、家にある材料で簡単に作れる。こんな素敵な飲み方を今まで知らなかったなんて……。これは積極的に広めていかねくては!!

皆さんも、ご家庭で「麦茶割り」作ってみてくださいね♪

【番外編】

石垣代表秘伝の飲み方「ホット麦茶割り」

麦茶って、キンキンに冷やしてゴクリと飲むイメージがあるかもしれませんが、温めるとすごく美味しいんですよ!むしろ温めた方が麦の甘みを感じやすいので、麦茶らしさを実感できるくらい。

 

ホット麦茶を勧める石垣さんが自宅でよく飲むという、「ホット麦茶割り」の作り方も伝授してもらいました!

用意するもの

 

・温めた麦茶
・麦焼酎
・耐熱カップ

1.焼酎を注ぐ

 

耐熱カップに麦焼酎を注ぎます(カップの大きさにもよりますが、指1本程度が目安)

2.ホット麦茶を注ぐ

 

温めておいた麦茶を注ぎます

3.ステア

 

軽くステアして焼酎を全体に行き渡らせれば完成です

すごい!本当に麦の甘みを感じる!ホットのお酒って、喉に詰まるような飲みにくいイメージがあったんですけど、凄く飲みやすいです!

 

石垣さん秘伝の「ホット麦茶割り」。
身体が温まりそうなので、寝る前の1杯にもいいかもしれません。

こちらも、家で簡単に作れるので試してみてください♪

提供:石垣食品

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

インタビューの関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ