ホーム > コラム > 知識・雑学 > 飲みやすく手に入れやすい日本酒!「上善如水」人気の理由を徹底解説
2019.11.13
日本酒

飲みやすく手に入れやすい日本酒!「上善如水」人気の理由を徹底解説

国内だけでなく、海外でも盛り上がりを見せている日本酒。日本では、「獺祭」などのプレミアムな日本酒がピックアップされる機会も多いですが、海外で有名な日本酒は日本国内の事情とは少々異なるようです。

海外で楽しまれている日本酒のうち、最も有名な銘柄の1つとして挙げられることも多いのが「上善如水(じょうぜんみずのごとし)」です

「上善如水」といえば、スーパーなどでも気軽に買える日本酒ファンにとっては馴染みのある銘柄。
酒屋などでもよく目にするので、シンプルで洗練されたラベルをパッと思い浮かべる人も少なくないでしょう。

今回は、海外でも人気の「上善如水」の味わいや、人気の理由を徹底解説していきます!

上善如水とは?

View this post on Instagram

#brewerylife  白瀧酒造の周辺には美味しいお店がたくさんあります。  たまには会社の皆で美味しいものを!  今日は何食べる?  お蕎麦が食べたいな♪  蕎麦の香り だしの風味 身欠きにしんの煮付け そこへ上善如水をひと口流し込む。  あぁ、しあわせ。   「蕎麦屋と日本酒」  なんて粋な組み合わせ!   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■  新潟県越後湯沢の蔵元で、白瀧酒造をまるごと体験できるイベントが、いよいよこの夏初開催🌼 オトナ女子の夏休みは白瀧酒造へ! 詳しくはコチラ↓ https://www.jozenskincare.com/info_view.asp?ID=180 『LOVE SHIRATAKI ~日本酒の魅力!発酵の力!白瀧酒造まるごと体験!~』 【日時】2019年8月24日(土)13:00~16:00 ※12:30開場 【場所】白瀧酒造(新潟県南魚沼郡湯沢町) 【定員】100名 ※定員になり次第受付終了となります 【条件】20歳以上の女性限定、事前申し込み必須 【参加費】初開催ということもあり、今回は無料!で挑戦♪  □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■  #jozen #jozenmizunogotoshi #kuramaster #sake #nihonshu #niigatasake #sakebrewery #sakestagram #japanesesake #sakelover #sakekampai #ponshutagram #echigoyuzawa #上善如水 #湊屋藤助 #brewerylife #白瀧 #白瀧酒造 #日本 #新潟 #南魚沼 #越後湯沢 #日本酒 #酒蔵 #jozensake #日本酒好きな人と繋がりたい #ricewine #sakejaponais #ポン酒タグラム

A post shared by 上善如水@白瀧酒造-shiratakisake (@jozen_mizunogotoshi) on

上善如水は、日本有数の米どころとして有名な新潟県の南魚沼に蔵を構える「白瀧酒造」の純米酒。

最もポピュラーな「純米吟醸 上善如水」は、透き通ったボトルと白地に「上善如水」の文字が映えてスタイリッシュなラベルが特徴的です。

米は、白瀧酒造の特徴である飲みやすさを表現できるように”酒造好適米”を使用。平均して、58%に精米しているのだそうです。

●"上善如水"、その名前の由来は?

白瀧酒造」の公式HPには、このように書いてあります。

“最高の生き方は水のよう。

上善如水
それは古代中国の哲学者老子の言葉。
「上善は水のごとし、水はよく万物を利して争わず、衆人の恵む所に処る。」人間の理想的な生き方は水のように様々な形に変化する柔軟性を持ち、他と争わず、自然に流れるように生きること。そんなお酒を目指して醸されました。

水のようにピュアな日本酒。

上善如水は雪解け水のようにすっきりとした口当たり。そして純米酒ならではの米の味と吟醸酒ならではのキレを併せ持ち、クセがなくどんな料理、季節にも、また日本酒ビギナーにも楽しんでいただける日本酒です。”

老子の言葉から名付けられたのが、「上善如水」なんですね!深いです、、、

●白瀧酒造の歴史

View this post on Instagram

#酒造り 蒸米・じょうまい・steamed rice 米を蒸すこと。 蒸した米のこと。 麹・酒母・醪(掛け米) をつくる為に用いられる。 蒸米の出来は その後の全ての行程の出来を左右する。 かたさはどう?・How's it going? 良い感じ!・Looks awesome! #jozen #jozenmizunogotoshi #japan #sake #nihonshu #niigatasake #sakebrewery #brewery #sakestagram #japanesesake #sakelover #sakekampai #ponshutagram #echigoyuzawa #上善如水 #湊屋藤助 #instasake #白瀧 #白瀧酒造 #日本 #新潟 #南魚沼 #越後湯沢 #日本酒 #酒蔵 #純米酒 #日本酒好きな人と繋がりたい #ricewine #brewerylife

A post shared by 上善如水@白瀧酒造-shiratakisake (@jozen_mizunogotoshi) on

上善如水を醸す白瀧酒造は、国内有数の米どころ・新潟県南魚沼郡に蔵を構える酒蔵です。
創業は1855年で、ペリーが来航して日米和親条約が締結された翌年のことでした。

先代からの「酒造りはまず品質」という考えのもと、品質や味わいに対して真摯な姿勢で向かい合い、お酒を醸しています。

それだけでなく、新潟県は自然環境的にも酒を造るうえで恵まれた土地。
国内には1000近くの酒蔵があるといわれていますが、その1割に当たる約100の酒蔵が新潟県に集まっているんだそう。

たしかに「久保田」や「越乃景虎」「越乃寒梅」など、馴染みのある有名銘柄は新潟の酒蔵が醸す日本酒が多いですよね。

また、白瀧酒造のある「湯沢」は、越後と江戸を結ぶ三国街道の大切な地点であったため、昔から人でにぎわっていました。

そんな土地で、旅人や行商人を相手に酒を提供していたのだそう。

●こだわりはなんといっても「水」

“国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。”

この冒頭で有名な川端康成の「雪国」。この舞台となっているのが白瀧酒造のある「湯沢」です。

湯沢は世界有数の豪雪地帯。
積もった雪は、暖かくなるとゆっくりと溶けて地面にしみこみ、約50年の年月をかけて綺麗な地下水になります。

そんな地下水を白瀧酒造では3本の井戸から汲みあげ、使用しているのです。
くみ上げた水は酒造りに最適な軟水。

この恵まれた自然環境から生まれる上質な水も、白瀧酒造の“水のように澄んだ酒”に欠かせない要素の1つになっているのです。

上善如水の味わいは?

「純米吟醸 上善如水」は、華やかな香りが立ち、すっきりとした飲み口でとても飲みやすい味わい
お米の旨味もしっかりと感じられるので、食中酒として様々な料理と合わせて楽しめます。

「純米吟醸 熟成の上善如水」は、低温熟成で醸されたふくよかな酸味とまろやかな味わいが特徴。上善如水そのままでも、冷やして食事と合わせても美味しく楽しめるので、様々なシーンで重宝される一本です。

また「純米大吟醸 上善如水」は、甘みのある華やかな香りとふくよかな味わいが特徴の大吟醸造りの純米酒。
「純米大吟醸 上善如水」のお米を45%まで磨き上げた贅沢な味わいは、贈り物にもピッタリです!

上善如水はなぜこんなに人気なのか?

日本酒にあまり詳しくなくても、耳にしたことがある人の多い「上善如水」。
その人気ぶりは日本だけに留まらず、世界30か国に展開しているほど!

中でも、輸出の主力商品の「上善如水 純米吟醸」が大人気で、アジアでは知名度の高い商品です。

ここからは、上善如水の人気の理由を探っていこうと思います。

●上善如水の人気の理由1:飲みやすさ

上善如水が人気の理由は、何と言ってもその”飲みやすさ”にあります。
"上善如水"の名の通り、水のようにスイスイ飲める、すっきりとした味わいが日本のみならず海外からも支持を受けているのでしょう。

また、アルコールも14~15度と、日本酒の中では低めに作られているのも大きな特徴。
日本酒のアルコール感が苦手な方でも、飲めるのが上善如水なのです。

●上善如水の人気の理由2:おしゃれなラベル

View this post on Instagram

#fujirock からお帰りの皆様へ😊 越後湯沢駅で試飲やっております🍶✨  🍾飲みやすい限定!生産のスパークリング 🍶越後湯沢駅限定!純米吟醸の上善如水 🍶季節限定!まろやかな大吟醸の上善如水 🍶地元限定!レア物の純米吟醸の白瀧  いずれも「限定」✨ もちろん白瀧酒造のお酒は 「米」と「米麹」のみで造っています✨  そして知る人ぞ知る なかなか手に入らない高級酒も販売中✨✨✨  上善如水を飲みながら fujirockの余韻にひたる🌈🌍🎶 明日以降のfujirockロスには 越後湯沢のお酒が効果テキメンかも?🥂✨  上善如水スキンケアも好評販売中✨ 大好評のハンドクリームをはじめ 各種お試しいただけます✨ もちろん越後湯沢駅限定や限定生産のものも✨ 早い者勝ちです🙋‍♀️  皆様のお越しをお待ちしております😊    白瀧酒造のお酒をお供に🍶 音楽に酔いしれる、ついに最終日🎵  上善如水で乾杯🥂✨ 湊屋藤助でカンパイ🥂🌈 SEVENでkanpai🥂💛✨    □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■   新潟県越後湯沢の蔵元で、白瀧酒造をまるごと体験できるイベントが、いよいよこの夏初開催🌼 オトナ女子の夏休みは白瀧酒造へ! 詳しくはコチラ↓ https://www.jozenskincare.com/info_view.asp?ID=180 『LOVE SHIRATAKI ~日本酒の魅力!発酵の力!白瀧酒造まるごと体験!~』 【日時】2019年8月24日(土)13:00~16:00 ※12:30開場 【場所】白瀧酒造(新潟県南魚沼郡湯沢町) 【定員】100名 ※定員になり次第受付終了となります 【条件】20歳以上の女性限定、事前申し込み必須 【参加費】初開催ということもあり今回は無料!で挑戦!  ※7/31に第一次〆切とさせていただきます。   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■  #jozen #jozenmizunogotoshi #kuramaster #sake #nihonshu #niigatasake #sakebrewery #sakestagram #japanesesake #sakelover #sakekampai #ponshutagram #echigoyuzawa #上善如水 #湊屋藤助 #フジロック #白瀧 #白瀧酒造 #日本 #新潟 #南魚沼 #越後湯沢 #日本酒 #苗場 #jozensake #日本酒好きな人と繋がりたい #naeba #sakejaponais #fujirock2019

A post shared by 上善如水@白瀧酒造-shiratakisake (@jozen_mizunogotoshi) on

上善如水が人気を博している2つ目の理由は、おしゃれなラベルにあると言えそうです。

日本酒にはあまり見られないカラフルなボトルや、シンプルな文字のラベルが今っぽいですよね!
日本酒をあまり飲んだことのない方や若者でも、手に取りやすいデザインになっているんです。

うさぎやベペンギン、しろくまのイラストをあしらったラベルや、ちょっとだけ欠けた月を象ったユニークなボトルもあるので、手土産やちょっとした贈り物としても重宝しそう!

海外の方からの支持も得られそうですよね。

●上善如水の人気の理由3:カクテルも作れる

上善如水はすっきりとクセのない味わいなので、カクテルベースとしても活用できます。

リキュールを使った本格カクテルから、ジュースと合わせて作るお手軽カクテルまで。幅広い味わいに活用できる日本酒が上善如水なのです。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

しまちろ

しまちろ

ビールはモルツが好きです。日本酒利き酒師ですが、利き酒はできません。美味しいお酒と酒場を求めてふらふらしてます。最近は四谷荒木町、北千住、上野近辺で飲むことが多いです。ちょくちょく立石にも出没します。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation