TOP / お酒を選ぶ / ジン / 魔法のジン!?深い青から淡いピンク色に変化する「エンプレス 1908」

マジカルジン、魔法のお酒。

まさにそんな言葉が相応しい、特別なジンがあることを皆さんはご存知でしょうか?

今回は、2018年に国内正規代理店から販売が開始されたカナダ生まれのジン「エンプレス 1908」をピックアップ。

魔法の秘密と、その味わいを紹介します!

魔法のジン!?「エンプレス 1908」とは

エンプレス 1908」は、着色料不使用ながらもインディゴブルーの液色に染まる、天然素材を100%使用したジンです。トニックを加えると色が変化する驚きのジンとして、業界ではニュースにもなりました。

生産国はカナダ。同国で、最も有名なジン生産者の一つである「ヴィクトリア蒸溜所」と、バー「Q at the Empress」が、共同開発したことにより生まれた商品です。

同バーは、ヴィクトリア州のシンボルである老舗ホテル「ザ・フェアモント・エンプレスホテル」内にあります。アフタヌーンティーを楽しめることで世界的に有名であり、特に旅行好きの女性の中には、憧れを抱いている方も多いのではないでしょうか?

商品名にある「1908」は、そんな同ホテルの創業年が由来です。

魔法の秘密は......〇〇にある!!

また、商品名だけでなく、同ホテルは「ヴィクトリア蒸留所」の共同開発先として、同商品に多大な影響を及ぼしています。
特に挙げるのならば、液色のインディゴブルーと、色の変化に関してです。

実は、この印象的な青色は、同ホテルのハウスブレンドティーに使用されている、「バタフライピーの花」から抽出されています。
そして、この青色が"トニックを加えると淡いピンク色に変化"するという現象も、この花の作用、詳しく言うのならこの花に含まれるアントシアニン色素の作用なのです。

子供の頃、理科の授業で行なった、"リトマス試験紙"の実験を思い出すと、この色の変化がイメージしやすいかと思います。
最初の青い状態はアルカリ性。そこにトニックを加えて酸性にすることで、淡いピンク色に変化するといった具合です。

「エンプレス 1908」味わいの特徴

このように、同商品の最大の特徴である"色の変化"は、人工物ではなく花の成分を利用した、ごく自然な化学反応になります。不思議なジンではありますが、最初に説明した通り、この花を含めた8種の使用したボタニカル全てが天然素材です。

故に、見た目だけでなく、味わいも確かなものとなっています。国内の生産状況の関係で、日本ではあまり情報が流れてきませんが、ワールド・ジンアワード2018に於いて、ベストカナディアンクラシックジンに選出されているほどです。

審査員を虜にしたのは、先陣を切って飛び込んで来るジュニパーと、爽やかなグレープフルーツのニュアンス、そしてその後を追いかける様に到来する、オレンジを思わせる柔らかな甘みと、フィニッシュに感じる、コリアンダーシナモンといったスパイスの香味。

バランスよく、全体に纏まりがある完成度は、流石と言わざるを得ません。

created by Rinker
エンプレス
¥3,580 (2020/10/26 23:07:34時点 Amazon調べ-詳細)

ジントニックが最高!

飲み方は、やはりジントニックがオススメ。色の変化を楽しみながら、定番の安定した美味しさを味わえます。
自宅で創るのなら、同商品の味わいを最大限に活かすべく、下記の様な良いトニックウォーターを使用したいところですね。

プレミアム・ミキサー(割り材)というジャンルを開拓した、イギリス・ロンドンのブランド。近年着々と人気を獲得している、プレミアム・ジン、クラフト・ジンのために開発されたと言っても過言ではないプレミアム・トニックウォーターです

それを象徴するかのように、たった10年で世界53カ国に広まり、"世界のベスト10レストラン"のうち、実に7店から支持されているというほど。

割り材として活用するのは勿論ですが、そのクオリティーはソフトドリンクとしてそのまま飲んでももちろん美味しいです!!

created by Rinker
フィーバーツリー
¥4,579 (2020/10/26 23:07:35時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

いかがでしたでしょうか?見た目のインパクト美味しさ、その2つを兼ね備えた「エンプレス 1908」を紹介しました。

変化前の、インディゴブルーの液色でさえ印象的で美しい同商品。友達の目の前で、何も言わずにトニックを加え、色の変化をビックリさせてみるのも面白いかもしれませんね!

記念日の思い出の一杯や、特別なギフトにピッタリな同商品を是非利用してみてください。