ホーム > 飲みに行く > 訪問 > 豪快な藁焼きカツオが食べられる!北千住「牡蠣と燻製かつを」に行ってきた!
2018.12.19
飲みに行く

豪快な藁焼きカツオが食べられる!北千住「牡蠣と燻製かつを」に行ってきた!

東京の下町、足立区の北千住。駅から徒歩1分という好立地に、お酒好きが確実に喜ぶであろう居酒屋を発見!その名も「牡蠣と燻製かつを」。

引き戸をガラリと開けると「いらっしゃいませー。」と心地よい声が。

店内はカウンターもありますが、半個室となって居心地のよいテーブル席がメイン。昭和のBGMが流れていて、懐かしさ満載。若い年代なら、むしろ新しく感じるのではないでしょうか。

アルコール類は、もはや定番となったハイボールや酎ハイ。

日本酒も人気どころの獺祭から、ファンの多い日高見、美丈夫、京の春など。お店のメイン食材である牡蠣や、鰹に合うものを選んでいるということでした。

新鮮な魚介類に舌鼓

まずはお店の定番、「生牡蠣(1個 380円/税別)」をいただきます。ぷりぷりの食感、ミルキーな味わい、すっきりしたポン酢がかかっていて、そのままつるりと食べられます。

日本酒は「MatCheese」を合わせてみてはいかがでしょう。ふくよかな甘みとしっかりした酸味を持つ「MatCheese」は、チーズだけでなく、クリーミーな牡蠣との相性もバッチリです。

お刺身をいっぱい食べたい。そんな時は、見た目も豪快な「贅沢盛(2580円/税別)」を。

上品な脂とねっとり食感のアオソイ、歯切れ良くコクのあるサゴチ、脂ノリノリのサーモン、しっかり歯ごたえと程よい脂のカンパチ、新鮮でサクッと食感のマダイ。

そして何と言っても、藁焼きされたカツオ

日本酒は「29」をチョイス。これも、肉だけでなく、アミノ酸をたっぷり含む旨みの多いカツオにぴったりなのです。

カツオの分厚い切り身に心踊ります。口いっぱいに頬張れる幸せ感。柔らかくしっとりした食感、藁で焼かれた事によって臭みは全く無く、カツオの旨みだけがしっかりと残っています。

まるで燻製にしたかのような藁のふくよかな香りが、ますます美味しさをアップさせてくれました。薬味は、にんにく、みょうが、レモンが添えられていますが、塩だけで食べてもカツオの風味をしっかり味わえてGood!!

白子のオンパレード!鍋でたっぷり味わおう

熱々の鍋が食べたい時は「痛風鍋(1人前1980円/税別)」がおすすめ。(写真は2人前)

控えめながらしっかりとコクのある出汁に、牡蠣・白子・あん肝が「これでもか!」というほどたっぷり入っています。牡蠣がふっくりらとしてきたら食べ頃です。

火が通って、生とは違った芳醇な味わいになった牡蠣。プリッとした食感からとろーり濃厚な白子が口いっぱいに広がり、まるで飲み物のよう。

あん肝はコクがたっぷり。あん肝が少し溶け出したスープも絶品です。春菊、白菜、豆腐も隠れているので、飽きずに食べ進められます。こんな贅沢な鍋、痛風なんて気にしていられません。

最後にきしめんを入れて、一滴残さずいただきましょう。

2階席は大人数にも対応で、貸切も可能。忘年会や新年会にいかがですか。

店舗詳細

店名 牡蠣と燻屋 かつを
住所 東京都足立区千住旭町41-4
電話番号 03-5284-4300
営業時間 [月~金]17:00~24:00(L.O.23:00)
[土・日]16:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 12月31日~1月6日
公式HP http://www.charari.co.jp/

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

まゆみ

まゆみ

酒匠、料理研究家。1日も欠かすことなく酒を呑み続ける、驚胃の持ち主。著書「うち飲みレシピ」「スバラ式弁当」。 ブログ「スバラ式生活」。

関連キーワード