ホーム > コラム > 知識・雑学 > 世界三大蒸留酒の1つ!中国の歴史的なお酒「白酒(パイチュウ)」とは

世界三大蒸留酒の1つ!中国の歴史的なお酒「白酒(パイチュウ)」とは

ニーハオ!

突然ですが、「白酒(パイチュウ)」をご存知ですか?

「白酒」は中国で最もポピュラーなお酒で、宴会などの乾杯の際に飲まれている蒸留酒です。

日本のお酒で「白酒」といったら、ひな祭りに飲まれる白く濁った甘味の強いお酒の「白酒(しろざけ)」もありますが、今回は透明で度数が強く、強い香りが特徴の中国の蒸留酒「白酒(パイチュウ)」をご紹介いたします。

世界三大蒸留酒のひとつ「白酒」

白酒は背の高いモロコシの一種、「高粱(カオリャン)」をメインに、トウモロコシや黍(キビ)、麦などの穀物を原料とする蒸溜酒です。
「焼酒(ショウシュ)」あるいは「火酒(カシュ)」とも呼ばれます。

ウイスキー・ブランデーと並んで挙げられる世界三大蒸留酒の一つで、中国では広く親しまれているお酒です。

色は透き通った透明。中国では白酒の「白」は「無色透明」という意味なのだそう。

白酒は長期熟成させるため口当たりはまろやかで、甘く濃い強烈な芳香があり、飲み干してもなお香りが強く残るお酒です。

起源は宋代初期(900~1000年代)とされ、本格的に造られるようになったのは清代中頃(1700~1800年代)からだとされます。



様々な種類の白酒

一概に中国のお酒「白酒」といっても日本の焼酎と同様、さまざまな種類があります。

穀物の生産地である中国北方や南西地方などを中心にして、広大な中国全土の各地で造られています。
同じ白酒でも原材料や産地、麹の種類によって呼ばれ方が異なり、「高粱酒」や「包米酒」「小曲酒」「麩曲酒」などと呼ばれています。

その原料や、麹、産地の違いからそれぞれ名前付けられ、ひとつひとつちがった味わいの白酒が多く存在。
また、白酒も焼酎と同様、高価なものからリーズナブルにいただける値段まで、幅広い方が楽しめる銘柄がたくさん揃っています。

ちなみに白酒は香りが高いものが良いとされ、香りの種類や味わいによって香型という分類がされます。

度数が高いって本当?

なんとなく中国のお酒は度数が強いというイメージがありますよね。

たとえば、中国の映画などで中国人が強いお酒を呑んで戦闘力が増しているシーンを見たことはありませんか?
実はあれは「白酒」を飲んでいるシーンなんです。
少しの量でフラフラになるほど、白酒はとても度数が強いお酒なのですね!

白酒はかつて、50度を超えるアルコール度数のものが主流でしたが、最近では嗜好の変化や海上輸送上の制限により、30度半ばの度数が主流となっているようです。中には20度ちょっとのものもあるのだそう。

乾杯のお酒「白酒」

気になる白酒の飲み方ですが、基本的にはおちょこ大のグラス(小酒杯)にストレートで一気に飲みます

中国には「乾杯」の文化があり、宴会は「乾杯(カンぺイ)」と言って白酒を飲むことで始まります。
中国の「乾杯」は「飲み干す」という意味で、飲んだ後で杯を逆さにして飲み干したことを示す習慣があります。

度数が昔より低いとは言っても30度台。十分気を付けて飲んでくださいね。

ストレートの他にも、オン・ザ・ロックにしたり、水割りやカクテルにしたりしても美味しくいただけるので、初心者の方は飲みやすい飲み方で楽しんでみてはいかがでしょうか?

おすすめの白酒

国台酒(コクダイシュ) 53度

世界三大蒸留酒といわれる「茅台(マオタイ)酒」。

2016年WSWAコンペティションで金賞受賞したお墨付きの銘柄です。

値段も少々お高めですが、お祝い事や大切な日に飲みたい確かな一品です!

紅星二鍋頭

北京では最も有名な白酒。

56℃という度数と高粱の強い香りと味が味わえます。リーズナブルで人気のお酒です。

まとめ

白酒は、いろんな種類がある奥深いお酒でした。

宴のお酒でもあるので、親しい人、親しくなりたい人との楽しいひとときにぜひ味わってみてはいかがでしょうか?

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

ページトップヘ