いちばん身近な呑み仲間

【レビュー】専門家も絶賛!夏に冷やして飲むのにぴったりな「亀の翁 三年熟成」飲んでみた

nomooo編集部に届いたお酒やおつまみ商品の中から、特に気になるものをレビューする連載「nomoooレビュー」、今回は久須美酒造さんの「亀の翁 三年熟成」を日本酒好きのメンバーとともに飲んでみました。

お酒を選ぶ 日本酒
【レビュー】専門家も絶賛!夏に冷やして飲むのにぴったりな「亀の翁 三年熟成」飲んでみた
  • 【レビュー】専門家も絶賛!夏に冷やして飲むのにぴったりな「亀の翁 三年熟成」飲んでみた
  • 【レビュー】専門家も絶賛!夏に冷やして飲むのにぴったりな「亀の翁 三年熟成」飲んでみた
  • 【レビュー】専門家も絶賛!夏に冷やして飲むのにぴったりな「亀の翁 三年熟成」飲んでみた
  • 【レビュー】専門家も絶賛!夏に冷やして飲むのにぴったりな「亀の翁 三年熟成」飲んでみた
  • 【レビュー】専門家も絶賛!夏に冷やして飲むのにぴったりな「亀の翁 三年熟成」飲んでみた
  • 【レビュー】専門家も絶賛!夏に冷やして飲むのにぴったりな「亀の翁 三年熟成」飲んでみた
こんにちは、nomooo編集部です。

nomooo編集部に届いたお酒やおつまみ商品の中から、特に気になるものをレビューする連載「nomoooレビュー」

今回は久須美酒造さんの「亀の翁 三年熟成」をいただきました。人気漫画「夏子の酒」の舞台にもなり、幻の酒米「亀の尾」を復活させ作られたこのお酒、日本酒好きのメンバーとともに飲んでみました。

かりんと

かりんと
お酒を愛する酔いどれOLです。OLとして働きながら、日本酒のアンバサダー活動を通じて、たくさんの人にお酒を好きになってもらいたい!と思い、日々発信しています。
▶Twitter @karin10shu
▶Instagram @karin__h0530

づちゃん

づちゃん
酒と猫をこよなく愛する都内在住ニート。日本酒、ビール、泡盛が特に好きです。夏は身軽に立ち飲みできるので最高です。

ライタープロフィール

nomooo編集部・杉山
お酒と神保町が好きなnomooo編集部員。カウンターでゆったりひとり飲みが自分への最高のご褒美。いちばん好きなお酒は「ラ マニー スパイスド」、リビングにあるお酒用の棚がいっぱいになってきました。

亀の翁 三年熟成

商品概要


商品名清泉 亀の翁 三年熟成 純米大吟醸
アルコール度数16度
容量720ml
日本酒度プラス4
原材料名米(国産)、米麹(国産米)
使用米亀の尾

亀の翁 3年熟成 純米大吟醸
¥6,130
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

全国800銘柄中、第1位を獲得した日本酒

世界で最も影響力があるとされるワイン評論家、ロバート・パーカー氏が絶賛したこちらの日本酒。ワイン界に「パーカーポイント」という100点満点での評価法を考案したロバート・パーカー氏が、2016年に行った初めての日本酒評価にて98点を獲得し、最高位になったとのこと。ワイン界の重鎮に響いた味を、編集部でも楽しんでみることにしました。

今回はしっかりと冷やしていただきます。

づちゃん

純米大吟醸だから綺麗な味だね、めちゃくちゃ飲みやすい。

かりんと

本当だ、すごく飲みやすい。確かにアルコール感がちょっと後から来るけど、香りと味の深みがすごいね。

づちゃん

3年熟成させてるのもわかるよね、香りがする。華やかでスッキリしている味で、「日本酒」ってこれだよねというか。熟成しているけど綺麗な味で、アルコール感もしっかりある。

かりんと

安定に美味しいよね、今回みたいに冷やして飲むのが良いと思うな。

「冷や酒(ひやざけ)」と「冷酒(れいしゅ)」の違い


日本酒の飲み方には、冷や、常温、燗と幅広くありますが、「冷や」と「冷酒」の違い、ご存じでしょうか?

結論から言いますと、冷酒(れいしゅ)とは冷えた日本酒のこと、「冷や酒(ひやざけ)」とは冷やしていない常温の日本酒のことを指します。

ではなぜ、「冷や酒(ひやざけ)」は冷たくないのに「冷」とつくのでしょうか?


そもそも日本酒を冷やして飲むようになったのは最近のことだそう。昔は冷蔵庫が普及していなかったため、飲用温度は常温か温めるかの二択だったんです。なので冷蔵庫が登場する前は「燗を付けてない」酒のことを「冷や」と呼んでいたというわけです。

1980年代に「吟醸酒」ブームが起こり、冷蔵庫の普及率が高まるとともに、やっと日本酒を冷やして飲むという飲み方が広まっていきました。現在はごく当たり前の飲み方ですが、日本酒の歴史の中では比較的最近の飲み方なんですね。

他にも、温度差による名称の違いが数多くあります。

冷酒と呼ばれる類いに入るもの

・雪冷え… 5度付近
・花冷え… 10度付近
・涼冷え… 15度

常温、つまり冷やとされているもの

・冷や(常温)… 20度
・日向燗… 30度

燗として括られる、温められたもの

・人肌燗… 35度
・ぬる燗… 40度
・上燗… 45度
・熱燗… 50度
・とびきり燗… 55度以上   となっています。

冷やすと引き締まったシャープな味わいでスッキリと楽しめますので、夏にぴったりですね。また、日本酒のラベルの裏をよく見ると、その日本酒に合ったおすすめの飲み方温度が書いてあることも。ぜひ温度による違いを楽しんでみてはいかがでしょうか?

合うおつまみは?

かりんと

絶対貝ひもだと思う!

づちゃん

さっきチーズと合わせてみたけど、ちょっと苦みが目立つかなって感じがした、そうだねやっぱり貝ひもかも(笑)

かりんと

ずっと飲んでいられるなあ、冬は鍋と一緒にとかも良さそう。

まとめ


ワインの大御所も「旨い!」と認めた日本酒「亀の翁 三年熟成」。
冷やして飲むのにぴったりの味わいということで、夏の晩酌にぴったりですよね!

今回ご紹介した「亀の翁 三年熟成」ですが、表参道・新潟館ネスパスにて2022年7月28日(木)~7月31日(日)に実施されるイベントでも、試飲し、購入することができるそうです。夏に飲む日本酒を探している方は、ぜひこの機会に飲んでみてはいかがでしょうか?

イベント概要

開催日時:7月28日(木)~7月31日(日)
     28日(木) 13:00~18:00
     29日(金)、30日(土) 10:30~18:00
     31日(日) 10:30~16:00(最終日のみ時短営業)

会場  :表参道・新潟館ネスパス(https://www.nico.or.jp/nespace/)
     〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目11-7 東泉原宿ビル

アクセス:銀座線、半蔵門線、千代田線、「表参道」駅 A2出口より徒歩1分


亀の翁 3年熟成 純米大吟醸
¥6,130
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《杉山薫子》

特集

page top