いちばん身近な呑み仲間

ミシュラン星獲得の寿司屋も認めるビール!『イネディット』の魅力を大将が語る

ミシュラン星獲得の寿司屋が自信を持って勧める、スペイン生まれのプレミアムなビール『イネディット』をご紹介いたします。

飲みに行く 訪問
ミシュラン星獲得の寿司屋も認めるビール!『イネディット』の魅力を大将が語る
  • ミシュラン星獲得の寿司屋も認めるビール!『イネディット』の魅力を大将が語る
  • ミシュラン星獲得の寿司屋も認めるビール!『イネディット』の魅力を大将が語る
  • ミシュラン星獲得の寿司屋も認めるビール!『イネディット』の魅力を大将が語る
  • ミシュラン星獲得の寿司屋も認めるビール!『イネディット』の魅力を大将が語る
  • ミシュラン星獲得の寿司屋も認めるビール!『イネディット』の魅力を大将が語る
  • ミシュラン星獲得の寿司屋も認めるビール!『イネディット』の魅力を大将が語る
  • ミシュラン星獲得の寿司屋も認めるビール!『イネディット』の魅力を大将が語る
  • ミシュラン星獲得の寿司屋も認めるビール!『イネディット』の魅力を大将が語る

美食のためのビール!?スペイン生まれのプレミアムなビール『イネディット』


“世界一予約が取れない”といわれたスペインのミシュラン三つ星レストラン「エル・ブジ」がプロデュースしたビール『イネディット』。天才シェフとソムリエチーム、そしてバルセロナNo.1ビールメーカー「ダム」のブラウマイスターの叡智が集結して生まれたというこのビールは、ラグジュアリーな味わいを持ちながらあらゆる料理と相性がいいということから"レストランで飲みたいビールNo.1"にも選出されています。

ミシュラン星獲得の寿司屋が自信を持って勧める!『イネディット』の魅力とは?


カタルーニャ語で「前例のない」を意味する究極のプレミアムビール『イネディット』。日本でも様々な飲食店で提供されていますが、その1つが赤坂に本店を構える寿司店「鮨 まつもと」。ミシュランガイドで1つ星を獲得した超人気店は、どういった部分に魅了されてイネディットを提供しているのか?今回は赤坂店の店主・大谷さんにその魅力を解説してもらいました。


大谷さん
ミシュランガイドで1つ星を獲得した寿司店「鮨 まつもと」赤坂店の店主。料理の指導のため4年間スペインで勤務したことがあるなど、海外から見た日本食のあり方にも造詣が深い。

勤務先のスペインで出会った「スペインビール」の味わいに魅了








大谷さん

私は寿司職人として、和食を教えに4年ほど現地に滞在していたことがあります。現地のレストランオーナーがスペインの様々なビール醸造家と知り合いだった関係で、スペインのビールはよく口にしていました。

私が日本で店を構える事になった際、当時の経験を活かして馴染みのあるスペインビールを入れようと考えました。そんな時に出会ったのが、イネディット。

「エル・ブジ」と聞けば、食通の人であれば必ずと言っていいほど知っているワードですし、オンリストすることで必ずや気になる存在となるメニューのフックになると思いました。

ご自身がスペインに滞在した際に体験した、スペインビールを取り入れようと考えた大谷さん。様々なビールがある中でイネディットの味わいに、寿司との相性の良さを感じたことが導入のきっかけだったそうです。

寿司にぴったりなビールを探し求めて。行き着いたのは『イネディット』








大谷さん

実際に飲んでみて、味わいにも魅了されましたね。良い意味で“ビールらしくない”味わいが気に入りました。日本でビールと聞けば1杯目に飲む定番のお酒で、「のどごし」「苦味」といった要素が大切にされると思うのですが、寿司を食べる上ではそこまで必要のない要素です。

一方でイネディットは、強い苦味のないすっきりとしたテイスト。寿司や和食の繊細な味付けや、食材本来の味わいを決して邪魔しません。また、口の中を洗い流すというよりもビールを含むことで余韻を楽しめるため、マグロなどの味わいの強い食材との相性もすごく良いと感じます。







大谷さん

また、自分が提供する寿司のスタイルはコースでありながら、1品1品が直球の“攻めた”構成になっています。味の強いもの、少し抑えめのものと、味の抑揚がある中で飲み物でのインパクトを残したくなかったですし、あまりにも飲み物にパンチがあると「食べ疲れ」してしまう恐れがあります。そんな中イネディットはコースのどの料理・ネタのときに飲んでも全てをサポートしてくれる優しい味わい。もちろん、最初の1杯としてもおすすめできますし、ワインなど他の飲み物から途中でビールに切り替えても料理の味を邪魔することなく爽快感を楽しめます。実際に、一度イネディットをオーダーすると2~3杯継続して楽しむお客様が多いですし、好評の声を頂いています。

日本で一般的に楽しまれているビールとは異なり、苦味も少なく食材の味わいを存分に活かしてくれるイネディット。自身の提供する寿司コースとの親和性も非常に高いと語ってくれました。

和食と合う!寿司屋店主がおすすめする『イネディット』との絶品ペアリング









大谷さん

イネディットに合う料理としておすすめできるのが、“出汁が効いた”和食です。味が複合的になった複雑な料理はお酒に合わせるのが難しいですがイネディットのスッと引くような味わいは口の中で旨味を探すことに対して決して邪魔をしない優秀なもの。煮炊き物などと合わせてもその効果を存分に発揮してくれると思いますよ。
今回は、実際にお店で提供している一品料理や握りとイネディットのペアリングをご紹介していただきましたので、ぜひご家庭で楽しむ際の参考にしてみてくださいね。

うるいと北寄貝と焼きナス味噌~桜えびの沖漬けを添えて~








大谷さん

こちらは一品料理として提供しているおつまみ。貝の旨味、焼きナス味噌の濃厚さ、そしてそれをまとめ上げる桜えびと、1皿の中で複数の味わいが混ざりあった和食らしい繊細さがあります。こういった複数の旨味が混ざりあった料理を口にする時にイネディットを飲むことで、それぞれの食材の旨味をしっかりと口の中で探し出せる。いわば食事のサポート役になってくれます。

長崎の藻塩で味付けしたトロ








大谷さん

沖縄産のまぐろを藻塩で味付けした、シンプルなネタです。沖縄のまぐろってあまりイメージがないかもしれませんが、最近は南の方から良いまぐろが入ってきます。魚介の脂の旨味の余韻を楽しむ際イネディットのテイストがぴったりハマりますね。

海老のフリットとウニ








大谷さん

北海道産の牡丹海老のフリット(揚げ物)の上に、宮城県産のムラサキウニを贅沢にのせた1品です。揚げ物の油を上手く流し、ウニの濃厚な味わいを感じている最中にイネディットをひと口含んでみてください。海老、ウニとどちらも強い味わいですが、口の中でそれぞれの旨味を探し出せるはずです。

バフンウニとケンサキイカ








大谷さん

北海道・根室産のバフンウニを山口県産のケンサキイカで巻いてあります。イカには80回以上包丁を入れることで、食べやすく、旨味がにじみ出るようになっています。両者の溢れ出る旨味を楽しみ、その余韻を長く保つためにイネディットをひと口。長い満足感と幸福感に包まれるはずです。

和食との組み合わせも抜群!スペシャルなご馳走ビール『イネディット』を自宅でも楽しんでみて!



口の中に残る料理の味わいをリセットするのではなく、和食のような繊細な料理に寄り添い、「食材の旨味を活かす」「余韻をより長引かせる」その味わいはご自宅で楽しむのにもぴったり!

「今日は豪華な手料理やお取り寄せグルメを食べながら家でリッチに過ごしたい」そんなご褒美タイムに、ミシュラン星獲得の名店をまかされるシェフも絶賛するプレミアムビール『イネディット』を選んでみてはいかがでしょうか?

イネディットの詳細はこちら

店舗詳細



店舗名赤坂 鮨まつもと
住所東京都港区赤坂3丁目12−18 赤坂館第8荒井ビル 3F
電話番号050-5457-9304
営業時間ランチ12:00~16:00、ディナー17:00~23:00
定休日日曜・祝日
《nomooo編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top