TOP / お酒を選ぶ / ビール・発泡酒 / ビールは苦くてナンボ!?クセになっちゃう苦〜いビール「IPA」のすすめ

出典:flickr

ハタチになったばかりの頃は「ビールなんて苦くて飲めない」と思っていたのに、「仕事のあとのこの1杯はやめられない!」なんて今宵もジョッキを傾けているあなた。
そう、ビールの苦味って、クセになるんですよね。

今回は、とびきり苦味が際立つビール「IPA」を紹介します。

IPAとは?

IPAとは、Indian Pale Ale(インディアン・ペール・エール)の略。その名のとおり、「エール」の一種なのです。

「エール」については、以前NOMOOOでも「結婚式をエールで祝おう!結婚+エールの意外なカンケイ」などで取り上げたとおり、ヨーロッパで古くから飲まれてきたビールです。

国際貿易が盛んになった18世紀、イギリスがインドにエールを輸出しようと試みました。しかし、海を渡る間にエールは腐ってしまう…そこで、苦味のもととなるホップを防腐剤の代わりに大量に投入し、かつアルコール度数を高めたのが、IPAのはじまりです。

苦味を堪能するには?

IPAの楽しみは、なんといってもホップの香りと苦味。持ち味を十分に引き出すために、冷やし過ぎはNGです。<strong>適正温度は13℃。冷蔵庫なら30分、冬なら、冷暗所で常温保存でも十分です。

どれくらい苦いの?

ビールの苦味はIBU(International Bitterness Unit=国際苦味単位)という数値で表すことができます。日本で飲まれている大手メーカーのビールは、15〜30。IPAは、倍近い50以上が一般的です。もちろん、これはあくまで数字の世界。どれくらい苦いかは、ぜひ自身の舌でジャッジしてみてください!

おすすめのIPA

ヤッホーブルーイング/インドの青鬼(日本/IBU:56)

インドの青鬼 [ 350ml × 24本 ] クラフトビール IPA インディアペールエール エールビール

コンビニや大手スーパーなどでも見かけるようになった「インドの青鬼」は、IPA入門としてもおすすめ。ホップの香りがフルーティで、ツヤっとしたクリアな味わいです。「この苦味、意外にイケるじゃないか!」と思ったら、あとは坂道を転がるようにIPAの魅力に取り憑かれることでしょう。

ROGUE Brutal IPA ローグ/ブルータル・IPA(アメリカ)/IBU:59

日本では「なまらにがいIPA」という名称で流通している、ブルータルIPA。Brutal Bitterとは残酷なまでに苦いという意味。けれども、喉を流れるグレープフルーツのような香味は、むしろ心地いい苦味にも感じられます。

Green Flash West Coast IPA グリーン・フラッシュ/ウェスト・コースト・IPA(アメリカ)/IBU:95

オレンジがかった黄金色に、特別な瞬間を期待してしまうウェスト・コーストIPA。鼻先をくすぐるホップの香りと、干し草のような渋みが爽快に流れます。さすが、100IBUを目前に、苦味がじわり迫力を増してきます。そして、苦味に対してキュンキュンし始めるのもこの辺り!?

ホップはハーブとしても優秀!


ビールの苦味のもととなるホップには、鎮静作用、安眠作用、女性ホルモンを落ち着かせる効果など、ハーブとしても優秀な効能が。通常のビールに比べ何倍ものホップが使われているIPAは、その香りを存分に堪能することができるのです。これは女性にもぜひ飲んでいただきたい!

本日紹介したIPA以外にも、海外はもちろん、国内クラフトビールメーカーでも個性的なIPAがたくさん造られています。苦味にも千差万別、好みの「苦さ」を追求してみるのもおもしろいですよ!

created by Rinker
ブリュードッグ
¥2,698 (2020/10/31 19:14:06時点 Amazon調べ-詳細)