ホーム > コラム > 知識・雑学 > ラベルを見れば全てがわかる!?好みの日本酒を見極める3つのポイント

ラベルを見れば全てがわかる!?好みの日本酒を見極める3つのポイント

同じお米が原料なのに香りも味わいも全く異なる日本酒。

『買ってみたはいいけれど、好みの日本酒じゃなかった…』なんて経験、一度はあるのではないでしょうか。

なんだか複雑で難しそうな日本酒選びも、実は日本酒のラベルに書かれてる内容を少しだけ理解すれば、味わいを大体把握することができるんです。

そこで今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つのポイント」をご紹介します。

※厳密には、人の味覚はそれぞれなので100%完璧!ではありません。ただ多くの方が、この見方でお酒の味わいをイメージをしています。あくまで日本酒を選ぶ1つの基準として、参考にしてみてくださいね。

①味わいと香りを調べる
〜原料米と精米歩合〜

ご存知の方も多いかと思いますが、日本酒は「米を主原料とした醸造酒」です。複雑な味わいではありますが、その材料はとってもシンプル。
ゆえに、原料であるお米の違いがお酒にも大きく反映します。

ここでは、「原料米」と「精米歩合」からお酒の味わいの違いについて解説していきます。

●原料米(酒米)

まずは、日本酒の原料となるお米についての表記です。

日本酒のラベルには、原料となっているお米の品種が書かれているのです。

「山田錦」「五百万石」といった品種は、お酒が好きなら1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

これらは「酒造好適米(酒米)」と呼ばれているもので、私たちが普段食べる米とは違い、日本酒を作るための米として開発されました。

さらに、同じ酒造好適米でも、使う品種によって味わいが異なります。

例えば...

山田錦...香味が良く、きめの細かいまろやかさを持った仕上がり

五百万石...淡麗で切れ味が良い

美山錦...他の米と比べて比較的辛味が少なく、米の味がしっかりとしている

雄町...濃醇でしっかりとした味わい

代表的なものだとこんな感じです。

上の写真だと、五百万石というお米を使用しています。そのためラベルを見ただけで、淡麗で切れ味が良いお酒だと想像できますね。

酒造好適米はまだまだたくさんあるのでその特徴を覚えていくには経験値をためていくしかありませんが、「五百万石」や「山田錦」など、代表的なものを覚えておくだけで何となく味を把握することができるのです。

●精米歩合

日本酒のラベルに「精米歩合」という表示を見たことありませんか?

精米歩合とは、一言でいうと製造過程でどれくらい削られた米を使用しているかを指し示します。

精米歩合40%と精米歩合60%といった形で表記されているのですが、どちらの方が多くの米を削っていると思いますか?間違えて覚えてしまっている方も案外多いのですが、実は「精米歩合40%」の方がより多くの米を削っているんです!

つまり、精米歩合はどの程度削ったのかではなくお米がどのくらい残っているのかを示す数値なのです。

そのため、精米歩合40%とは「お米の周りを60%も削ってる!」ということになります。

一般には、精米歩合の値が小さいほど上等な日本酒だと言われています。

ちなみに精米歩合が70%以下だと本醸造酒、60%以下だと吟醸酒、50%以下だと大吟醸酒を名乗ることができるのです。

上の写真を見てみると、精米歩合60%と書かれています。
『これは40%のお米を削った吟醸酒なんだ!!』とわかりますね!!

精米歩合で覚えておきたいことは「値が小さいほど多くのお米を削って造っている」ということ。
削りを多くすることで、香り豊かなお酒になります。

上記で説明した、「精米歩合」と「酒造好適米の特徴」を覚えておくとラベルを見ただけで『このお酒は五百万石を使用して、お米を40%以上削ってる...きっと淡麗でキレのある日本酒なんだな〜』と想像できるようになるというわけです

1 2

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ