ホーム > コラム > 知識・雑学 > 残ってしまった焼酎はどうする?賞味期限や正しい保管方法を解説!

残ってしまった焼酎はどうする?賞味期限や正しい保管方法を解説!

家で飲み会をした後に困ってしまうのが、余ったお酒の処理方法。

缶に残っている程度であれば捨ててしまいますが、奮発して買った焼酎を捨てるのはもったいない!
そこで気になるのは「焼酎がどのくらい保存しておけるのか?」ということ。

今回は焼酎の賞味期限について調べてみました。

焼酎に賞味期限ってあるの?

ほとんどの食べ物には賞味期限がありますが、焼酎にも賞味期限はあるのでしょうか?

◆お酒に賞味期限の記載はない

結論から言うと、焼酎に賞味期限はありません

焼酎の側面に日付が書かれていることもありますが、これはあくまで製造月日。
基本的に食べ物や飲み物には賞味期限の記載が必要なのですが、お酒のように長期的に保存が効く飲食物は、特別に賞味期限を書かなくても良いことになっています。
そのため焼酎には賞味期限というのは書かれていないのです。

◆なぜ賞味期限はないのか

では、なぜ焼酎に賞味期限はないのか?それは、焼酎は傷みにくいお酒だからです!

ウィスキーやワインが何年も樽で熟成されて美味しくなることからもわかるように、アルコール類は傷みにくく、長期の保存ができるようになっています。
特に焼酎は何度も蒸留を繰り返した「蒸留酒」といわれる種類のお酒なので、かなり長い期間保存できるようになっています。

焼酎やウイスキーなどの蒸留酒はアルコール度数が高いですよね。アルコール度数が高いものは有害な微生物が繁殖しにくいため、品質の低下も起こりにくいとされています。

このように焼酎は長期保存が可能であることから、賞味期限の記載義務がないのです。

逆に火を通していない日本酒などは、比較的早く傷む傾向があります。それでも冷蔵庫に入れておけば半年くらいは保存できると言われているのです。

そのまま置いておくとどんな変化があるの?

焼酎に賞味期限がないからといって、何も考えずに置きっぱなしにして良いというわけではありません!保管状態によっては品質が低下してしまうこともあるんです。

◆風味が損なわれる

まず風味が劣化してしまうことがあります。一度お酒を開封すると、外から入ってきたほこりや空気がお酒と混ざるので、開封直後の味わいがしばらく経つと変わってしまうことがあります。そのため、一度開封したお酒は蓋をしっかり閉めるように注意しましょう。

また、焼酎の中の物質が酸化して、油のような匂いが出てしまうことがあります。焼酎の複雑ながら濃厚な匂いが失われないように注意しましょう。

焼酎の保存方法

では、焼酎の風味や匂いの劣化を防ぐにはどうすれば良いのでしょうか?状況別に紹介いたします。

◆開封後は冷蔵庫で保存するのが理想

まずは焼酎を開封した後の保存方法。

できるだけ直射日光の当たらない日陰に置いておきましょう。そうすると温度があまり変化しなくなるので、変質しにくくなります。

可能であれば10度以下の所に置いておくこと。もし自宅の冷蔵庫のスペースに余裕があれば、冷蔵庫の野菜室に置いておくのが良いでしょう。

◆未開封は暗所で保存すれば十分

開封していない焼酎は冷蔵庫に入れる必要はありません。日の当たらない暗所に置いておけば十分です。
キッチンの流し台の下など、調味料を入れておくスペースがありますよね?あの場所程度の暗所であればもんだいありません。いざ飲むときも、取り出しやすくなるのでおすすめですよ!

また、焼酎は温度の変化に弱いので、できるだけ日当たりの良い場所には置かないように気をつけましょう!昼と夜で大きく温度が変化することになるため、焼酎が早く劣化してしまいます。

1 2

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ