ホーム > コラム > 知識・雑学 > ゴクゴク飲めるエールビール!!話題のビアスタイル「セッション」とは?

ゴクゴク飲めるエールビール!!話題のビアスタイル「セッション」とは?

みなさんこんにちは。
ビール好き女子大生のまりんです。

みなさんは「セッション」という言葉を聞いた事はありますか?

セッションと聞いて、「集会」や「コンピューター用語」、「アメリカ映画のタイトル」をイメージした方もいるかもしれませんが…もちろん違いますよ、NOMOOOはお酒のウェブメディアですからね。

今回ご紹介するセッションはビール用語!!

セッションについて一緒に詳しくなりましょう!!

セッションってなんだろう?

セッションとは、“アルコール度数の低いビール”のことを指すスタイル。

伝統的なビアスタイルを踏襲しつつ、アルコール度数だけを低くしたものです。

だいたいが飲みやすいアルコール度数5%以下に抑えられています。

「セッションIPA」などが特に有名ですね。
このセッションIPAも、IPAらしい華やかなホップアロマや強い苦味はそのままに、アルコール度数を抑えて飲みやすいスタイルになっています。

IPAというと、高アルコールで飲みごたえのあるものが多いですよね。
そうなると飲み疲れてしまったり、重すぎると感じる方も多いはず!

そんな方にオススメしたいのが、このセッションスタイルのビール。
暑い夏にゴクゴク飲めるところも魅力的です!!

世界で流行中のセッションIPA

セッションIPAというスタイルが流行りだしたのは2013年ごろ。
アメリカを中心にブームが広がっていきました。

そう、意外に最近流行りだしたビアスタイルなんです!!

おそらく『IPAのような苦味は好きだけどアルコールが高すぎて重い…』という声から生まれたものなのでしょう。

そんなセッションブームの波は日本にもやってきています。
スーパーやコンビニでも、ラベルに“セッション”と書かれたビールを見かけることが多くなったように感じます。

SNSでも話題!!

SNS上の投稿からも『飲みやすい』『ゴクゴクいける』という声が上がっていますね!!

1 2

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ