ホーム > レシピ > おつまみレシピ > 【レシピ】酸味が効いたさっぱり味!「フィリピン風チキン煮込み」

【レシピ】酸味が効いたさっぱり味!「フィリピン風チキン煮込み」

こんにちは、aya(@foodiegirlaya)です。

突然ですが、フィリピン料理って食べたことあります?

地理的にも日本から近く、フィリピンから日本にやって来ている人も大勢いるはずなのに、なぜかフィリピン料理は、あまり日本では馴染みがないように思えます。

今回ご紹介するのは、フィリピン版「鶏肉の酸っぱ煮」とも言える「チキンアドボ」を簡単にアレンジした料理。

ビールが進むのはもちろん、ご飯にも合う味付けで、一気にフィリピンを身近に感じられるはずです。

材料

 

カット済み鶏もも肉 1パック
★酢 1/2カップ
★醤油 大さじ2
★ナンプラー 小さじ2
すりおろしにんにく 1かけ分
鷹の爪 5g
飲みたくなるお酒 ビール

作り方

 

①炒める

鍋に油を敷き、にんにくと鷹の爪を入れて香りを出したら、鶏肉を入れ、外側に焼き目がつくまで焼く

 

②味付け・煮込み

の調味料を全て入れ、蓋をして20分ほど煮込む。

(焦げないように時々かき混ぜる。)

 

汁気が減って、軽くとろみがついたら完成!

 

 

今回は食べやすいぶつ切りの鶏もも肉で作りましたが、フィリピンでは手羽先・手羽元を使うことが多いようです。

また、鶏ではなく豚バラブロックを使った「ポークアドボ」も、フィリピンではお馴染みのメニュー。そちらもぜひ試して頂きたい美味しさです。

また、家にベイリーフ(月桂樹)がある方は、葉を2,3枚入れて煮込むとさらにエスニックな風味に仕上がるので、お好みで入れてみてください!

 

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

おつまみレシピの関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ