ホーム > 飲みに行く > 訪問 > 新富町でヒマラヤに登ろう!エベレスト級 「肉」の絶壁! (新富町・築地)

新富町でヒマラヤに登ろう!エベレスト級 「肉」の絶壁! (新富町・築地)

肉のヒマラヤ

世界最高峰の肉の山が新富町に!「肉のヒマラヤ」

新富町、築地の駅からほど近く、「この辺りなら魚が美味しいのではないか」と想像するかもしれません。しかし、築地にあって肉が旨い、そんなお店があるのです。

肉のヒマラヤ

こちらの「肉のヒマラヤ」は、元々ポルコロというお店だったのを居抜きで使った事もあって、店名も「byポルコロ」となっています。3階建になっていて、階によって雰囲気が全く違い、その時のシチュエーションで選べぶことが可能。

1階はカウンター中心。調理しているところも見え、スタッフとの会話も楽しめ、少人数に最適。

2階はテーブルの組み合わせによって、要望に応えられるようになっています。この日は、大人数の予約用にセッティングされていました。

3階はシックな空間。リラックス出来るソファーもあり、カップルなど2人だけの時間が欲しい場合はこちらを。

まずは前菜から、契約農家から仕入れているケールのサラダをどうぞ。
苦味は少なく、とても食べやすい。葉がしっかりしているので食感が良く、脂を抜きながら焼いたベーコンや、ところどころに感じる角切りトマトで飽きずにもりもり食べられます。コクのあるチーズドレッシングともよく合っていました。

メインは、だれもが注文する「肉のヒマラヤ」でしょう。
フルサイズは8848グラム。ヒマラヤ山脈の最高峰エベレスト8848mと同じ、値段も同じく8848円というわかり易さ。お肉はオーストラリア産のぶどう牛で、ワインに使用したぶどう粕を肥料に加えて飼育した牛。ランイチというお尻付近の赤身肉で、クセは無く肉質は柔らかいのが特徴です。

この肉の塊を卓上のコンロで表面を焼き上げてくれます。

目の前でいい香りを放ちながら焼きあがっていくお肉を見ているうちに、食欲がどんどん刺激されていきます。

焼きあがると、スタッフが食べやすい大きにカット。まさに肉のヒマラヤがそびえ立ちます。

これを、温められたヒマラヤ岩塩板にサッと乗せて食べます。軽く塩気が加わり、肉も温かくなり、旨みがアップ。
コクはあるけれど脂が少ないため、いくらでも食べられそう。

添えられた、わさび、にんにく、バジルソース、そしてポン酢も使えば口当たりが変わって、驚きの量もいつの間にか平らげているはず。

これに合わせるお酒は「29」。これ以外に考えられるでしょうか。岐阜の酒蔵、舩坂酒造店が醸した純米吟醸です。
柔らかい酸とボリュームのある濃醇な香り。しかし口に含むとしっかりしたアルコール感で無濾過生原酒らしさを感じます。軽い甘みと苦み、コクもあり、最後はしっかりキレてくれるので、まさに肉にぴったりな1本。

これだけ肉を食べてもまだ肉を食べたい人は、牛肉のサイドメニューに豚肉はいかがでしょう。
卓上コンロで温められたモッツァレラ、ゴーダ、マスカルポーネ、そして卵白を泡立てたエスプーマが、焼いたベーコンへとろりとかけられる「鉄板エスプーマ」。

歯切れのよいベーコンに甘く軽やかなチーズが絡み、肉の合間に肉、肉の合間にチーズといった、ここでしか成り立たない味わいを体験できます。

こうなるとお酒は「MatCheese」がおすすめ。名前の通り、チーズにぴったりなコクとまろやかな酸のある日本酒です。

手頃な価格のワインも揃っていて、アルコール類の種類は豊富。

笑顔が素敵な店長の田場さんはポルコロスタッフでした。そのまま同じ場所で毎日肉を焼いています。「女性グループだけでもフルサイズ食べていかれる方もいるんですよ。」とのこと。女子会、忘年会では盛り上がること確実。
さあ、新富町のヒマラヤに登頂しに行きましょう!

店名 肉のヒマラヤ byポルコロ
住所 東京都中央区新富2-13-2
電話番号 03-6222-8164
営業時間 [月~金]11:30~15:00 17:00~23:30(L.O23:00)
[土]17:00~23:00(L.O22:30)
定休日 日曜・祝祭日
食べログHP https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13177492/

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

訪問の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ