ホーム > コラム > 知識・雑学 > これを飲めばテキーラにハマる!初心者にオススメの飲みやすいテキーラをご紹介
2019.8.15
スピリッツ・リキュール

これを飲めばテキーラにハマる!初心者にオススメの飲みやすいテキーラをご紹介

ショットグラスで飲まれるイメージの強い、『テキーラ』。度数も高く、酔うためのお酒というイメージがついているため、気になっていてもなかなか足を踏み出せない方が多いのではないでしょうか。
そこで今回、ここでは初心者でも楽しめるテキーラを紹介しようと思います。
テキーラの世界の入り口として、ぜひチャレンジしてみてください!

テキーラとは?

テキーラとは、メキシコ・ハリスコ州のグアダラハラ市周辺で造られている蒸留酒です。
ジン・ラム・ウォッカと並び、世界4大スピリッツになっているテキーラ。

テキーラは多肉植物の「ブルーアガベ」を原料にしています。
サボテンが原料と思われがちですが、ブルーアガベはサボテンとは別物の植物です。

メキシコでしか生産されていないテキーラですが、このブルーアガベもメキシコを主生産地としています。

テキーラはこのブルーアガベの使用比率によって大きく2つに分けられます。

まず、テキーラと名乗れるのはブルーアガベを51%以上使用していなければいけないと定められています。

その中で、ブルーアガベを100%使用したテキーラを「プレミアムテキーラ」、ブルーアガベ以外の原料を加えたテキーラを「ミクストテキーラ」と区別しているのです。
プレミアムテキーラは原料のアガベ特有の甘さをしっかり感じることができ、ミクストテキーラはプレミアムテキーラに比べ安く購入できるなどの特徴もあるので、ぜひお好みでどちらを選ぶか決めてみてください。

このようなブルーアガベの使用比率だけでなく、アルコール度数も35~55%の範囲でなければいけない、蒸溜は最低でも2回行うなどさまざまな法律が定められています。

他にも細々法律が定められており、何やら面倒くさい印象ですが、逆にいうと「安心して飲めるお酒」であり、「本物」の証ということです。

日本国内で楽しむことができるテキーラは、メキシコ政府から認定を受けてるものですので、初心者でもおかしなテキーラではなく、ちゃんとしたものから飲むことができますよ。

初心者さんにおすすめの飲み方

テキーラというとショットで飲むイメージが強く、上級者向けなお酒と感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、飲み方次第ではとても飲みやすくなるのです。
テキーラ初心者の皆さんはぜひこちらの飲み方を参考にしてみてください。

●オンザロック

テキーラ本来の味を楽しみたいけど、ストレートやショットだとキツイ…という方におすすめの飲み方。
他のリキュール類と同様に、オンザロックにすることで口当たりがよくなる他、アルコール度数も少し抑えられるので飲みやすくなります。

氷の解け具合によっても飲みやすさが変わるのでお好きなタイミングを見つけてみてもいいかもしれませんね。

●カクテル

テキーラはカクテルとして飲むのもおすすめ。
テキーラ・オレンジジュースにグレナデンシロップを少し加えた「テキーラサンライズ」やテキーラにホワイトキュラソー・レモンジュースを入れた「マルガリータ」などが有名ですよね。

他にもテキーラトニックやマタドールなど様々なものがあります。

「テキーラ カクテル」で検索するだけでもかなりの数がヒットするので、ぜひお好みやシーンに合わせて作ってみては?

テキーラの選び方

テキーラで見るべきポイントは、①テキーラか否か・②熟成度・③銘柄・④味の4つです。

①テキーラか否か

先ほどもご紹介したプレミアムテキーラとミクストテキーラ。

飲み屋などで出てくるテキーラは基本的にミクストテキーラですが、今じわじわと人気になってきているのがプレミアムテキーラです。

プレミアムテキーラは値段がやや高めですが、品質の良いブルーアガベを使用しているため雑味が少なく、甘さもあるので一般的に飲みやすいと言われています。

ただ、ブルーアガベ特有の風味が苦手だったり、甘すぎるお酒はあまり好きではないという方にとっては、ミクストテキーラのように味が調整されているほうが飲みやすいという可能性もあります。

好みの問題ではありますが、自分の好きな味のタイプを考えて選んでみてはいかがでしょう。

②熟成度

熟成度は、テキーラを熟成させる期間によって変わります。
熟成期間によっての分類わけは大きく3つ。

まず、ほとんど熟成させていないものが「ブランコ」、樽で2か月~1年以内の熟成をさせた「レポサド」、オーク樽で最低1年以上熟成させたものが「アネホ」と呼ばれています。

ブランコはほとんど無色透明、レポサドは薄いゴールド、アネホはカラメル色と熟成度合いを色でなんとなく判断することもできます。

③銘柄

テキーラにも日本酒や焼酎のように銘柄があります。
特に人気の高い銘柄である「クエルボ」、「サウザ」、「オレンダイン」は「世界3大テキーラ」とも呼ばれています。
この後紹介するおすすめのテキーラにもこれらの銘柄が含まれていますが、人気の高いテキーラは飲みやすいことが多いので、何を選ぶか迷ってしまう方は王道銘柄のものを選択してみても良いかもしれません。

④味

味は原料のアガベの使用料だけでなく、熟成度によっても変わっています。
ブランコは熟成をほとんどしていないので、少しスパイシーでさっぱりした印象、アネホはオーク樽の風味がしっかりと出ていて、ウイスキーのような香りや味わいになっています。

レポサドはその中間のような味わいです。

おすすめのテキーラをご紹介

ここからは筆者おすすめのテキーラを3つご紹介します。
どれも人気が高く飲みやすいのでテキーラ初心者の方でも楽しめるはずです!

カスコ・ヴィエホ ブランコ アガヴェ100%

では、早速初心者の方におすすめのテキーラをいくつか紹介していきましょう。まずは、カーサ・カマレナの『カスコ・ヴィエホ ブランコ アガヴェ100%』です。原料の栽培から製造まで全て一貫して行っている、ワインでいうところのドメーヌのようなメーカーのテキーラです。

こちらのシリーズのテキーラには、マンポステラという古典的な技法が採用されており、非常に手間隙かけて造られています。そのため、テキーラの持つ荒々しく激しいイメージとは違った、まろやかで繊細な舌触りとノドゴしを楽しむことができるのです。

さらに、初心者用としてこちらをおすすめしたい理由としては、あまり熟成させないタイプだからです。

熟成すると旨味が増して、より独特な味わいとなりますが、まず入り口としてはフレッシュな味わいのテキーラから入ると良いでしょう。ハイボール風に仕上げたり、簡単なカクテルと合わせても美味しく仕上がります。

カスコ・ヴィエホ ブランコ アガヴェ100% 750ml 【テキーラ】の購入はこちら

クエルボ・エスペシャル ゴールド レポサド 40度

『クエルボ・エスペシャル ゴールド レポサド 40度』は、ホセ・クエルボ社という、テキーラ業界であれば、誰もが知る有名メーカーのテキーラです。

アルコール度数が40度と、テキーラの中では比較的低めであり、香りも非常に良いので初心者にはおすすめです。

また、この『クエルボ・エスペシャル ゴールド レポサド 40度』は、色合いがやや黄みがかっており、カクテルにするととても美く仕上がるのも特徴的です。

2ヶ月の間樽熟成が行われていることから、口当たりも柔らかいのがポイントです。初心者の方でも楽しめる、最高の1本となっています。

クエルボ・エスペシャル ゴールド レポサド 40度 750mlの購入はこちら

サウザ ブルー

ブルーアガベを100%使用した、飲みやすさがウリの『サントリー テキーラ サウザ ブルー』。
名前の通り、日本の大手メーカーが手掛けるテキーラですが、クオリティが高く、テキーラ好きの方たちにも愛されている定番テキーラとして知られています。

アガベ100%ということで、非常にフルーティーかつ、爽やかなシトラスのような香りも楽しめるのストレートでも美味しくいただきます。

もちろん、カクテルとしても使いやすく、オリジナルの、「マルガリータ」のベースとしても活躍します。
ご自宅でのパーティーなどでも、ぜひ使ってみてください。

サントリー テキーラ サウザ ブルー 750mlの購入はこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。

ハードルの高いテキーラも選び方や飲み方を工夫することで初心者でも楽しむことができるお酒です。

テキーラをまだ知らない皆さん、この記事を参考にしながら、ぜひ1歩踏み出してみては?

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

Hosumin

Hosumin

普段はIT業界で働いてます。お酒イベント大好き!お酒についても日々勉強を怠らず、もうすぐ利き酒師などの資格を取得します。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation