ホーム > コラム > 知識・雑学 > 濃厚な旨みがクセになると人気!焼酎の無濾過ってどんなもの?
2017.2.24
焼酎

濃厚な旨みがクセになると人気!焼酎の無濾過ってどんなもの?

無濾過焼酎が密かに人気を集めています。無濾過の焼酎とは、どのようなものでしょうか。

無濾過焼酎の特徴から、オススメの無濾過焼酎まで、徹底解説します!

焼酎の濾過とは?


多くの焼酎を作るうえで、「濾過」という工程があります。一般的なもろみ取り焼酎仕込みの場合、米で仕込んだもろみを蒸留し、落ちてくる液体(焼酎の原酒)をろ過・加水・貯蔵などをして、焼酎が完成します。

蒸留したばかりの焼酎の原酒には、油分などが混ざっています。この不純物を取り除くために、多くの焼酎は蒸留された後冷却し、濾過をします

しかし、冷却・濾過をすることによって、濾過する前の芋焼酎の華やかな香りが損なわれたり、旨味成分まで除去してしまう可能性があります。濾過をしないことで、焼酎本来の味わいを楽しむことができます。

「無濾過」は昔ながらの製法

現在は機械を使用して行うこともある濾過ですが、濾過技術が確立されていなかった昭和以前は、「荒濾過」の状態で市販される焼酎が一般的でした。無濾過焼酎は、どこか素朴さの漂う風味が味わい深く、”懐かしい味わい”と密かに人気の焼酎です

美味しい「無濾過」焼酎の実現は、鮮度が決め手


無濾過焼酎づくりは大変な手間がかかります。秋口から冬場にかけての寒い時期に、貯蔵している焼酎の原酒の温度が自然に下がるのを待ち、脂分が分離しタンクの表面に浮いてきたフーゼル油を柄杓ですくい取ります。

また、無濾過の芋焼酎の場合、原料の芋の鮮度が味わいにダイレクトに反映されるため、味わいの維持が大変です。原料の鮮度や品質にこだわって、豊かな味わいの無濾過焼酎を造っています。

様々な無濾過焼酎

無濾過に近い製法として、必要最低限の不純物を手作業で取り除く「にごり焼酎(荒濾過)」や、貯蔵した原酒の上澄みに浮く油を丹念にすくい布でこす「手掬き濾過」もあります。

無濾過焼酎の特徴


芋焼酎の場合、「芋臭い」と表現されるように、芋の旨味や風味をダイレクトに感じられる味わいです。無濾過焼酎のあじわい深い風味が、芋焼酎好きにはクセになる味わいです。

無濾過の焼酎は、残った成分が浮いて濁ったように見える場合があります。これは「焼酎の華」ともいい、旨味成分を含むもので品質上の問題はありません。開栓前によく振って、にごり焼酎として楽しめます。

オススメ無濾過焼酎まとめ

種子島金兵衛むろか

鹿児島県・種子島酒造の「種子島金兵衛むろか」は、鹿児島県内で一番の生産量を誇る「白豊」を原料に、芋の香味を引き立てるため低温で醸しています。

芋のおだやかな香り、ふくよかな旨味を出した芋焼酎です。低温発酵の甘い香りと旨味を楽しめる無濾過焼酎です。

created by Rinker
種子島酒造
¥2,890 (2020/04/05 07:49:04時点 Amazon調べ-詳細)

無濾過御幣(ごへい)原酒桐箱

宮崎県・姫泉酒造の「無濾過御幣原酒桐箱」は、ふくよかな甘みが特徴の「黄金千貫」を原料に使用し、白麹仕込み、常圧蒸留仕立てにて造られた、芋の旨みと甘みのバランスのとれた本格芋焼酎です。

無濾過で仕上げることによって、芋本来の旨味や甘みのある味わいを楽しめます。

created by Rinker
姫泉酒造
¥6,670 (2020/04/05 07:49:05時点 Amazon調べ-詳細)

さつま無双 もぐら 無濾過

鹿児島県・さつま無双の無濾過芋焼酎「もぐら」は、その印象的なネーミングと同様に、味わいにもインパクトがあります。

無濾過仕立てで、最初は濃厚な芋の風味があり、その後に芋の甘みが口の中に広がります。ロックで飲むと、まろやかさが五臓六腑にしみわたる無濾過焼酎です。

甕酣々 無濾過

鹿児島県・明石酒造の「甕酣々 無濾過」は、南九州産さつまいも「黄金千貫」を原料に使用し、黒麹仕込み、無濾過で仕上げた芋焼酎です。

無濾過ゆえの濃厚な味わいと、甕貯蔵によるまろやかな口当たり、洗練された香りが上品に調和した味わいが人気の無濾過焼酎です。多治見焼の陶器に入っていて高級感もあり、プレゼントにもオススメです!

created by Rinker
明石酒造
¥6,077 (2020/04/05 07:49:06時点 Amazon調べ-詳細)

荒ろか

鹿児島県・弥生焼酎醸造所の「荒ろか」は、蔵元独自の昔ながらの技法で粗く濾過をした黒糖焼酎です。

無濾過で仕上げ、黒糖の香りと旨味を残すように造られているため、奥深い味わいが楽しめます。口当たりなめらかで旨味たっぷりな無濾過焼酎です。

created by Rinker
弥生焼酎醸造所
¥2,300 (2020/04/05 07:49:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

いかがでしたか?昔ながらの味わいが楽しめる「無濾過焼酎」を飲んでみたいですね!

なかなか味わえない「無濾過焼酎」を味わって、焼酎をもっと楽しみましょう!

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

りょうへい

りょうへい

2013年に日本酒利き酒師取得。日本酒品質鑑定士、Food and Beverage Navigator。お酒は大好きですが、酒の場で語られるウンチクは苦手。酒は語るものでは無く、愉しむものだと思っています。

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation