ホーム > コラム > 知識・雑学 > それは正に美酒!獺祭だけじゃない山口の日本酒「東洋美人」に迫る!

それは正に美酒!獺祭だけじゃない山口の日本酒「東洋美人」に迫る!

こんにちは!本日は、山口県の日本酒「東洋美人」をご紹介!

山口は、あの「獺祭」が産まれた土地です。そのイメージが強い方も多いと思いますが、他にもたくさん素晴らしい銘柄があります。
その一つが「東洋美人」。様々な大会での受賞歴を誇り、ロシアのプーチン大統領が飲んだことでも知られる日本酒です。

華々しい一面もさることながら、実は過去に災害に見舞われ、あわや廃業?生産終了?という事態にまで追い込まれたこともある波乱の日本酒

本日は、そんな「東洋美人」の魅力に迫りますよ!

「東洋美人」とは?

「東洋美人」を醸す蔵「澄川酒造場」の、初代蔵元が亡くなった奥様を想って名付けた日本酒、、、それが「東洋美人」だと言われています。
山口では、「獺祭」と並び人気の銘柄で、名前の通り、お淑やかで品のある味わいは女性からも好評を得ています

その実力は折り紙つきで、かつて安倍首相とプーチン大統領の、夕食会を兼ねた会談で振舞われる日本酒に選ばれた程。
しかもその際、プーチン大統領は「東洋美人」を気に入ったようで、「何という酒か」と銘柄を尋ねたというエピソードがあります。

他にも、JAL国際線ビジネスクラスに搭載された経歴や、2010年のFIFAワールドカップ南アフリカ大会公認の日本酒にも選定されました。

日本を代表する酒。そう呼んでも大袈裟ではないでしょう。さて次は、そんな「東洋美人」を醸す「澄川酒造場」をご紹介しますよ!

「澄川酒造場」とは?

創業1921年(大正10年)山口県萩市に「澄川酒造場」は構えています。銘柄は「東洋美人」一種に絞り、醸されるお酒の大半が特定名称酒という、造りにこだわる蔵元です。

現在、杜氏として東洋美人を醸しているのは、"天才醸造家"とまで謳われている"澄川 宜史氏"。
「東洋美人は"稲をくぐり抜けた水"でありたいと常々思っています。」と語られるように、彼が造る酒は透明感に満ちた酒質を目指されており、かつ、正に稲をくぐり抜けて来たかのような確かな米の旨味は、逸品の一言です。

前途洋々な「東洋美人」ですが、過去には災害に見舞われ、致命的なダメージを受けたことがあります。
それは、2013年7月末、萩市の東部地域を襲った集中豪雨。これにより、酒蔵の目の前を流れる田万川が氾濫、酒蔵にまで泥水が流れ込み、機械が使えなくなる他、瓶貯蔵していた一万本以上の日本酒が流されるという甚大な被害を受けます。

廃業も、考慮せざるを得ないほどの壊滅的な状態に陥りましたが、被災を聞きつけた全国の蔵元関係者、酒販店、災害ボランティアやファンが復旧作業に駆けつけ蔵をサポート。結果、例年より2ヶ月遅れながら、2013年末には仕込みを再開しました。

災害後、初めて醸されたお酒が「東洋美人 原点」シリーズ。次はそんな「東洋美人」のお酒の数々をご紹介します!

「東洋美人」シリーズ

---女性にオススメ--

【東洋美人 純米吟醸50】
常温・冷や・燗まで!幅広い温度帯で楽しめるのが「東洋美人 純米吟醸50」。
上品でフルーティーな香り、程よい米の甘み、柔らかくしっとり滑らかな舌触りは、心地良い余韻を感じさせてくれます。

スッキリ飲みたければ冷やして、より味わいを堪能したければ温めて。その日の気分で楽しみ方を変えられる同商品は、日々のリラックスタイムを彩る一杯にピッタリです!

購入はコチラから

---辛口好きにオススメ--

【東洋美人 大辛口 純米吟醸】
辛口としてのキレの良さは無論のこと、それに加えしっかりとした旨味が特徴の一本。キレを良くすれば旨味が弱く、旨味を強くすればキレが弱くなるのが常ですが、この大辛口は熟成具合、火入れ、出荷のタイミングまで考慮されたことで、絶妙なバランスを保っています。

日本酒度+15!辛口好き満足の一本に違いありません!

購入はコチラから

1 2

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ