TOP / お酒を選ぶ / 日本酒 / 二日酔いメシvol.3:お酒は人を繋げる素敵なツール。俳優「善知鳥いお」が語るお酒と自分

酒好きにとって呪わしい存在、二日酔い。あんなに楽しかったのに、翌日は神に祈るほど頭痛と吐き気に悩まされ、布団から出られなくなる。この辛さから病気になったとき、二日酔いより症状が重たいかを比べてしまったことのある人も少なくないでしょう。

ともあれ、飲み過ぎた翌日は、なんとか快適に過ごすことしか考えられません。水を飲み、シャワーを浴び、二日酔いに効きそうなメシを食う。不思議なことに、酒好きは酒の量は学習できないけれど、二日酔いをやり過ごすワザを試行錯誤し、自己流の二日酔い軽減メシを会得していたりします。

この連載「二日酔いメシ」は、“飲み過ぎた次の日は何食べてる?”に焦点を当ててお酒好きの人たちにインタビュー。

お酒に対する想いや、お酒への愛、アルコールとどう付き合うのかといった側面を伺いながら“お酒との良い距離感”について考える内容になっています。

お酒に効く二日酔いメシ!?3人目俳優・「善知鳥いお」は二日酔いの時に何を食べる?

善知鳥いお

プロフィール:俳優・善知鳥いお

青森県出身、これまでにモナコ国際映画祭最優秀作品に選ばれた榎本次郎(エノモトジロウさん)さん監督作品「笑顔の向こうに」などの映画に多数出演の他、TVシリーズでは「仮面ライダーアマゾンズ」などにもご出演されるなど舞台からTVまで幅広い活動中。
↓善知鳥いお さんの詳しいプロフィールはVoicyにて

連載「二日酔いメシ」。3人目となる今回は、nomoooライターとしてウイスキーの連載を行ってくれている俳優の「善知鳥いお」さんです。

テレビや映画、舞台で活躍する他、雑誌などにも登場する俳優さんはお酒とどんな付き合い方をしているのか?詳しく聞いていきます!

レモン山下

3回目にして、ようやく普通の状態のゲストの方が来てくれましたね!だいたい、この連載のインタビュー時って皆さん頼んでもないのに二日酔いで来ることが多かったから......。(自分も含む)

今日は爽やかに可愛らしい姿で善知鳥さんが来てくれて、私もホッとしています(笑)

善知鳥さん

私も二日酔いで来たほうが良かったかな?二日酔いって1年に1~2回くらいなるかどうかなので(笑)

レモン山下

いえいえ、普通はそんなに二日酔いにならないんで(笑)どちらかというと、一般の人目線に寄り添った良い内容が聞けそうです!

善知鳥さん

それならよかった(笑)

個性的な組み合わせ!?オレンジジュース×お茶漬けで二日酔いを乗り切る!

善知鳥さん

実は、この連載の1回目と2回目も読ませていただいたんですけど、朝マックとお蕎麦だったじゃないですか?すっごく分かるなぁ〜というか......。お酒好きな人って、やっぱり似たもの食べたくなるんだなと思って共感しちゃいました(笑)

レモン山下

えっ!朝マック(二日酔い飯Vol.1で自分が挙げてた)食べるんですか!意外というか、嬉しいというか!絶対理解されないと思ってたので(笑)

善知鳥さん

なんか、二日酔いが楽になるわけじゃないのに食べてしまうって気持ち、すごく理解できますよ。私の周りの人も「わかるなぁ〜」って言ってたんで!

その上で、私の二日酔い飯は「お茶漬け」と「オレンジジュース」というスタンダードなものですが(笑)

レモン山下

お茶漬けとオレンジジュースの組み合わせですか......。これはまたまた個性的な「二日酔い飯」ですね。確かにどちらも、二日酔いの朝に食べたくなるけど、両方はなかなか聞かないかも。

善知鳥さん

お茶漬けは、やっぱりサラッと食べられるから良いんですよ。家にお茶漬けの素があるわけではないんですけど、昆布出汁とか顆粒だしをご飯にかけて、そこにお湯かけて本当にシンプルな形で作っちゃいますね。

梅干しが好きなので、そこにちょこんとトッピングするのが好きです。酸っぱめの梅干しを載せるのがポイントかな。

レモン山下

なるほど〜。確かにお茶漬けの素がなくても、かんたんに作れますもんね。お茶漬けを食べるようになったきっかけとかはあるんですか?

善知鳥さん

なんだろ......。昔から食べていたので、気づいたらって感じですかね。なんか二日酔いの時って「出汁」が効いたものを欲しませんか?体に染み渡る感じがして、体調良くなる錯覚を覚えるんですよね(笑)その中でも、一番簡単だからお茶漬けなのかな?

レモン山下

出汁が欲しくなる気持ちわかります。そこに、オレンジジュースをあわせるのは特殊だと思いますけどね(笑)

善知鳥さん

だいたいオレンジジュースを半分くらい飲んで、お茶漬けを食べて、食べ終わったらまた半分オレンジジュースを飲んでしめる感じ。

普段はオレンジジュースを買う機会ってほとんどないんですけど、二日酔いの時は自然と手にとっちゃう。他の清涼飲料水でもいいはずなんですけど......。やっぱビタミンなんでしょうね(笑)たぶん身体が自然に欲してると思うんですよビタミンを(笑)

レモン山下

身体がSOSを出してるわけですね(笑)なるほど〜。確かに味の組み合わせはさておき、二日酔いのときにオレンジジュースを飲むのは理にかなっているのかもしれませんね。

↓善知鳥さんが語ってくれている、お酒との付き合い方。詳細はVoicyにて

学生時代のアルバイト先がきっかけ!善知鳥いおさんのお酒との出会い

レモン山下

お酒好きになったきっかけは、学生時代のアルバイト先での経験が大きかったんですよね?

善知鳥さん

そうですね、学生時代仙台で2年間一人暮らしをしていたんですけど、その時働いていた居酒屋のオーナー夫妻にお酒の楽しみ方を教わったのがきっかけですね。

それまでって、大人の真似事というか......美味しいから飲むって感覚ではなかったんですけど、その店がけっこうお酒が充実していて。バイト上がりでみんなと飲んだりしているうちに、お酒の美味しさに気づくようになったんです。

レモン山下

どんなお酒を飲んでいたんですか?

善知鳥さん

最初は、ジントニックとかいわゆるカクテル系だったんですけど、徐々に他のお酒も飲むようになって日本酒とかも飲むようになったんですよね。最初は日本酒全然ダメだったんですけど、仙台は美味しい日本酒も多くて、日本酒も普通に美味しいくいただけるようになりました。

レモン山下

大人にお酒の嗜み方を教わったわけですね!だから二日酔いもあまりしないような、キレイなお酒の飲み方ができるんですね。

善知鳥さん

いえいえ、全然そんなことなくて!記憶をなくすこととかも、普通にありますよ(笑)特に、仲間と集まって飲んでいたときとかは家まで帰ってきたのは覚えているんだけど、家の玄関を開けたところから記憶がないとか......。

レモン山下

記憶なくすことあるんですか!それは意外!たしかに、私も年々お酒飲みすぎて記憶なくすことが多くなってきたので気をつけなくちゃとは思ってるんですよ...。

善知鳥さん

飲む量もそうなんですけど、気の合う仲間と飲んでいるといつの間にか飲みすぎてしまうんですよね。

去年、リモート飲みで俳優仲間と忘年会をしたんですけど、その時もウォッカのソーダ割りを飲んでいて気がつけば泥酔しちゃって...。家で一人でいるのに二日酔いになっちゃったんですよ(笑)

レモン山下

リモート飲み会あるある(笑)どこで終わればいいのか、タイミングがつかめなくて長時間飲んじゃうんですよね。

善知鳥さん

そうですね。二日酔いになるのって、やっぱり楽しくて飲み過ぎちゃうときだと思うんで、気心の知れた仲間たちと飲む時は気をつけようと思います(笑)

自然とお酒に触れ合う環境が整っていた。上京後のストーリー

▲nomoooでの連載スタート時の善知鳥さん。ウイスキー好きを活かして、いろんなお店での取材にもチャレンジしています

レモン山下

善知鳥さんは学生生活を終えたタイミングで、上京されたんですよね?

善知鳥さん

そうですね。タイミング良くオーディションに受かって上京しました。

レモン山下

私は東京近辺で育ったのであまり意識したことないんですけど、地方から出てきた人ってやっぱりそれなりに覚悟決めて上京してくるじゃないですか?心細さがあったと思うんですよ。なんか、上京する上で決意みたいなのはあったんですか?

善知鳥さん

確かに心細さもありました。でも、東京に骨を埋める覚悟というか...「自分が何者かにならないといけない」と思っていましたから。暇を作っちゃいけないなと思って、仕事に打ち込んでいました。

定期的に家族に電話したりして、近況報告して元気をもらっていた感じかな。

レモン山下

やっぱり、覚悟を持ってこの世界に飛び込んでいたわけだ。人間関係はどうです?やっぱり、お友達も東京には少なかったと思うんですけど。

善知鳥さん

お仕事関係の人とか、アルバイト先の方々がとても良くしてくれたのでそこはあまり困らなかったかなぁ。

実は、東京で始めたアルバイトもダイニングバーだったので、そこでもお酒を介したコミュニケーションが多かったんですよね(笑)

レモン山下

いいですね!ある意味、お酒に助けられていたというか、お酒を飲みながら人と会話をする環境が整っていたわけですね。

善知鳥さん

そうかもしれないですね。営業後にみんなでお酒を飲みながらいろんなことを喋ったりすると、くだらない話になることが多いじゃないですか?(笑)

でも、そのくだらない話が実は一番重要というか。中身のないような話をしながら、何でもない時間を共有することで人間関係って深まっていくんですよね、きっと。

レモン山下

確かにそうかもしれないですね。俳優の仲間とか、仕事関係の人と飲むとそうもいきませんもんね(笑)

善知鳥さん

そうですね、仕事関係だとどうしてもリアルな話に及ぶことが多いですから(笑)

↓Voicyでは、善知鳥さんが俳優業界のお酒事情についてお話してくれています

二日酔いの格言:「恐れずに飛び込め!新たなお酒との出逢いが人生を豊かにする」

レモン山下

お話を聞いていると、善知鳥さんの人生は図らずしてお酒と縁があった感じですよね。それを踏まえて、今後の人生どのようにお酒と付き合っていきたいですか?

善知鳥さん

好き嫌いせずに、いろんなお酒を飲んでみたいですね。例えば、バーや居酒屋なんかで、今までに飲んだことのないお酒に出会うと、絶対チャレンジしてみたくなっちゃうんですよ。こないだも、ハブ酒を見つけてトライしてみたりとか(笑)

レモン山下

えっ!私は怖くてトライできません(笑)

善知鳥さん

なんだろう、やっぱり好奇心があるというか未知のものに触れていきたいんですよね!自分が苦手と思っていたものが、実は食わず嫌いだったとかあるじゃないですか。お酒もそうですけど、お芝居も。まずは試してみることが大事かなって。

どんなことでも新しいこととの出会いが、人生を豊かにしてくれると思っているんで!

お芝居という、芸事を極めようと日々努力している善知鳥さん。「どんなお酒でもまずはチャレンジしてみたい」というその姿勢は、自身の手で道を切り開いてきた人生にも重なる部分があるのかもしれませんね。

意外な組み合わせだった「梅干し茶漬け」と「オレンジジュース」。どちらも、コンビニで売っている材料で作れる手軽な二日酔い飯なので、お試しあれ!

↓Voicyでは、善知鳥さんがお酒を飲むときにおすすめの映画を3つご紹介してくれています

この連載「二日酔いメシ」では、今後もお酒好きの方々に二日酔いの時に食べたいご飯を紹介してもらいながら、お酒に関するライフスタイルをお届けしていきたいと考えています。

読者の方々の中で「二日酔いのときはコレを食べている!」といった“あなたの二日酔いメシ”情報がある方は、ぜひnomoooの公式SNSに情報を送ってくれると嬉しいです!