TOP / ニュース / 新商品 / 「シーバスリーガル」の樽で熟成した日本酒『リンク 8888』2020年新酒登場!

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社から、ブレンデッドスコッチウイスキー「シーバスリーガル」と株式会社桝田酒造店の銘酒「満寿泉」とのコラボレーションによって誕生したスコッチウイスキー樽熟成の日本酒『リンク 8888』の2020年生産の新酒「Batch No.3」が、2020年11月9日(月)より数量限定で発売されます。

『リンク 8888』は、「シーバスリーガル」の熟成樽と、ブランドのDNAとして受け継がれる“アート・オブ・ブレンディング(ブレンディングの芸術)”により実現した特別な香りと味わいが特徴の日本酒です。

「シーバスリーガル」の原酒熟成に12年以上使用した数種類のアメリカンオーク樽をスコットランドから日本へ送り、それらの樽で特徴の異なる数種類の「満寿泉」を寝かせブレンドされています。 ブレンドされた日本酒は、異なる酵母を使った精米歩合35%の純米大吟醸が中心。主に山田穂を使った純米大吟醸が全体の7割を占め、さらに山田錦純米大吟醸、ワイン酵母使用の原酒を加えられています。

オーク樽由来の微かなオークやバニラのアロマにコーティングされた、フレッシュでありながらミルキーでクリーミーな日本酒のミドルボディの味わいを楽しめるのだそう!

なかなか聞く事のない希少なウイスキー樽熟成の日本酒。ウイスキーファン、日本酒ファンどちらも必見ですね!

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社の公式HPはこちら