ホーム > 飲みに行く > 訪問 > 美容室でビールが飲める!?「ちょっと変わったおかしな美容室 T:Luck」に行ってきた
2019.7.30
飲みに行く

美容室でビールが飲める!?「ちょっと変わったおかしな美容室 T:Luck」に行ってきた

突然ですが、nomooo読者・飲兵衛のみなさんは普段どこで髪を切ってますか?

カリスマ美容師のいる美容室?それとも近所の床屋さん?

僕は今回、下北沢に存在する“髪を切るだけじゃない”超個性的な美容室があるという情報をゲットして行ってきました!

(え?お酒メディアなのに美容室関係ないだろって??それは、後でのお楽しみ!!)

うん、店舗の外観からしてとてもオシャレな雰囲気。

その名も下北沢にある「ちょっと変わったおかしな美容室T:Luck(ティーラック)」さん。

個性派なお店が集まっている下北沢で、一体何が「おかしな美容室」なのか?

その真相を暴くべく、実際にカットしてもらってた実録を報告いたします。

オフィス街にある美容室や近所の床屋さんでは決して味わうことのできない「楽しい」経験をしてきたので、その様子をどうぞ御覧ください☆

店内に入り「17時に予約した石井です(筆者)」と告げ、荷物を預ける。

その後、じゃあまずは「髪を洗いましょう」と言われシャンプー台へ。

ここまではいつもの美容室と全く変わりません。

シャンプーが終わり、カット台に付きドリンクを注文

ゴクゴクゴク…

夏の蒸し暑い日だったので、冷たいビールで喉が潤っていく…

…って、えッ!!

ビ、ビ、ビ、ビールぅぅぅ????

ぷはぁ〜

そう、ビール!!!!

 

 

くぅぅぅぅうめぇぇぇぇえ!!!!!

 

 

まさか、美容室でビールが飲めるとはねぇぇ!

髪を洗った後、家以外でビールを飲める場所が身近にあるんて。これゃたまらん!!

そうなんです。

「ちょっとおかしな美容室T:Luck」さんではドリンクとして提供されるのが、世界のビール各種。

各テーブル上にはオシャレな栓抜きがあります。

ビールを提供されたら、自分でシュポンッ!と栓抜きしていただきます。

今回いただいたのは、世界最古のブリュワリー“Weihenstephan(ヴァイエンシュテファン)”の「Hefeweissbier(ヘーフェヴァイスビア)」。

トロッとした喉越しで、まろやかでやさしい味わい。

このように世界のビール各種がワンコイン(500円)で楽しめるんです♫

ちなみに…「ビールは苦手なんです」って人には“カクテル”もランダムで用意されているんだそう♪

それにしても、ビールが飲める美容室があるなんて…

他にはない面白いコンセプトのお店ですよね?

お店のオーナーが、こちらの伊藤聡司さん。

髪をカットしてもらいながら、いろいろ話を聞いてきましたよ〜!

「ビールが飲める美容室」は海外旅行で生まれた

石井

なぜビールが飲めるお店にしようと思ったのですか?

伊藤さん

美容室をやろうって思った時に、ただ普通に美容室をやるだけじゃ勝てないと思ったからですね。

世の中無数にあるお店の中で、“ただ髪を切る場所”があっても生きてけないと思っていたんです。

だから、お店を出す前から「ビールを飲める美容室」っていうのは決めてたんですよ。

石井

でも、なんで「ビールが飲める」がコンセプトなんでしょう?キッカケはあったんですか?

 

伊藤さん

実は......僕、元々ビールが好きじゃなかったんですよ。

好きになったのは、海外旅行がきっかけ。タイに行ったときですね、価値観が変わったのは。

最初は、海外ってだけでビビッてたんですけど(笑)

石井

ビビってた?

伊藤さん

言葉もわからない国に1人で乗り込むのって、正直怖いんですよ。

そんな時、ある飲食店で現地のおっちゃんが話かけてくれて

そこでビールを奢ってもらって「乾杯」したんですよ!

そしたら何か打ち解けちゃって((笑))

片言だったけど、言葉を超える…?みたいな空気感を味わって。

ビールで乾杯するだけでこんなに楽しい気分になるんだ!

じゃあ、自分のお店でもこういう空間が作れたら“面白ろそう”だなって。

「楽しいことだけやる」がお店のコンセプト

 

石井

なるほど。それで世界のビールを提供してるんですね。

種類がたくさんあるみたいですけど、ビールを選ぶ基準とかってあったりするんですか?

伊藤さん

完全にジャケ買いですね笑

「あっ、おいしそう!」「なんだこれ?」「飲んでみたい!」って思ったものを仕入れるようにしています。

ビールの理屈どうこうではなく、そういう“感覚”を大切にしていますね。

ブルース・リーですよ。「考えるな!感じろ!!」ですよ!!

石井

そういえば、お店にドリンクメニューがないのはなんか意味あるんですか?

 

伊藤さん

仕入れるビールがいつも違うんですよ(笑)

だから、「今度飲もう」って思っても飲めないビールが結構あって。

石井

来てみないとわかないビール。これも面白いですね。

ビールとお店の繋がりについては理解しました。では、お店として大切にしていることって何かありますか?

伊藤さん

お店のオープンからブレてないことは「楽しいことだけやる」ってことですかね。

僕、楽しいと思えるものじゃないとやりたくないんです!

例えば、バスケットシューズや雑誌など店内の置物1つにしても、僕の好きなものばかりなんですよ。

石井

たしかに、雑誌も他のお店とは置いてるものが違う印象です。

伊藤さん

置く雑誌として決めているのは、ヘアカタログとファッション誌を置かないってことですね。

うちの店では“読んでみたいけど、自分じゃなかなか買わない本”をコンセプトに揃えています。

「美容室」も「ビール」も人と人を繋ぐもの。

石井

そのへんも普通の美容室とは真逆ですね!ラインナップもじつに多様性に富んでます(笑)

伊藤さん

単純に、いい意味で“遊びたいだけ”なんですよね。

でも、ただの遊びじゃない。

そこには、お客さんが楽しんでもらえるかどうかっていうのが前提としてあるんですけど。

お客さんと一緒に楽しみたいからこそ、店ではいろんなイベントもやっているんですよ。

石井

美容室なのにイベント?一体どんな!?

伊藤さん

外国人のお客さんが多いので、そういうお客さんを集めての英会話とかね!

後は、直近だとカメラ好きの交流会なんてのもあります。

“楽しい”と思えることをお酒を交えたりしながら、みんなでワイワイ盛り上がってますよ!

 

石井

へ〜!楽しそうです!何より、店主さんがすごく楽しんでるのが伝わってきます!

伊藤さん

実際楽しいんですよね。

普通お店やってると定休日ってあるじゃないですか?実はウチにはないんです。

お客さんとしては、定休日が決まっているほうがお店通いやすかったりもするかも知れないんですけど…。

僕自身がお店を休むのが楽しくないんで笑

石井

なるほど、なるほど!!

こんなこといっていいのかわからないけど…。こんな、美容師さんいるんですね(笑)

伊藤さん

笑。

僕の定義でいうと、美容師って“人と人を繋げる”仕事だと思ってるんです。

 

石井

人と人を繋げる?

伊藤さん

そう。例えば、バーテンダー。

カウンターの向こうにバーテンダーがいて、なんとなくそのバーテンと話していると、いつの間にか隣の人とも会話するようになる。

そして、気づけば仲良くなってる…みたいな。

僕は、鏡越しに立っているバーテンさんと一緒だと思ってるんです

石井

またまたおもしろい。実際にお客さん同士の繋がりはできているんですか?

伊藤さん

できてますね。友達、恋人、中には結婚した人もいるくらいです。

石井

それはスゴいですね!それも定期的なイベントもビールのおかげなんですかね?

伊藤さん

それは正直ありますね。

イベントとして利用する「美容室」にしろ、提供する「ビール」にしろ、お客さん同士を繋ぐコミュニティのツールって考え方なんです。

石井

どこまでもオモシロイ考えです。お客さんは何キッカケでこのお店のことを知るんですかね?

伊藤さん

う〜ん、何キッカケ?

みんなそれぞれだと思いますけど…。

○○さんって、何がキッカケでうちの店に来てくれたんでしたっけ?

お客さん

わたしは、ヘアードネーションですね

※ヘアードネーション:事故や病気で髪の毛を失ってしまった子ども達に、寄付された髪の毛だけを使って無償でウィッグを提供しようという活動。

伊藤さん

そうだそうだ。うち、ヘアードネーションもやってるんですよ♫

お客さん

そうそう、それでたまたま来たら素敵なお店で♫

 

なんて流れで、隣のお客さんとのコミュニケーションがはじまる。ごくごく自然に。

「人」と「人」とが繋がる場所…。納得です。

身を持って体感させていただきました。

ビールを飲んで楽しくコミュニケーション!「ちょっと変わったおかしな美容室 T:Luck」は最高の美容室だった

石井

今日はありがとうございました。僕自身スゴい刺激を受けました。最後に、全く“お酒”関係ないですけど、若者へ向けて一言もらっていいですか笑

伊藤さん

う〜ん。

「遊べ!」ってことですかね。

「やりたいことがない」「何をやったらいいかわかない」って人いると思うんですけど

遊ぶことってできると思うんですよ。

図書館行って本読むより、僕みたいに海外旅行行ったほうが得られる経験は絶対大きい。

とにかく「遊べ!」です。

…と店主さん。

話しを始めた時は正直、ヤベぇ奴なんじゃないの?と思っていましたが、話進めていくと気づけば店主さんワールドに引き込まれている感じ。なんていうか、話しを聞いているだけでワクワクしてきました。

「楽しいこと」だけトコトンやって「遊ぶ」。

文字にするとじつに簡単そうに見えるけど、これが仕事となるとなかなか難しい。

“楽しい”“遊ぶ”一見軽く感じてしまう店主の言葉の内面からは、間違いなく「覚悟」と「信念」が潜んでいる。だから誰にも真似できないお店なんだと、取材を通じて感じることができました。

髪を切らない人でもウェルカム!とのことなので、世界のビールを片手に店主さんに会いに行ってみることをおすすめします☆

店舗詳細

店舗名 ちょっと変わったおかしな美容室 T:Luck
住所 東京都世田谷区北沢2丁目30−10
電話番号 03-5738-8459
営業時間 10:00〜21:30
定休日 なし
公式サイト http://tluck.jp/

 

ちなみに…

(あまり興味ないと思いますが…)

僕のカット、ビフォー・アフターをご紹介!

普段、常にキャップを被っており、髪型に自身のない僕…。

自信のなさから、カット前にはこんなさえない表情も…

シャッキーン!!!

こんなに爽やかな姿に大・変・身!!!

伊藤店主は話しがオモシロイことはおまけで、カットの技術も一流。

ぜひぜひ、世界のビールと共に髪のカットにも訪れてみてねー☆

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

石井仁朗

石井仁朗

「元居酒屋の店長」で「元ビールっ腹」。
ふとしたことをきっかけにライターへ。それに伴いビールを断酒。その後はウイスキー・焼酎類など糖質オフの蒸留酒へ方向転換し-13kgのダイエットに成功!

飲食の経験をもとに「おいしい居酒屋さん」「お酒にまつわるエトセトラ」をお届けします!

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation