ホーム > レシピ > おつまみ > 【レシピ】皮パリッ!中しっとり!福岡県民のソウルフード「手羽先の塩焼き」
2019.7.22
おつまみ

【レシピ】皮パリッ!中しっとり!福岡県民のソウルフード「手羽先の塩焼き」

こんにちは、aya(@foodiegirlaya)です。

手羽先というと、名古屋を思い浮かべるかもしれませんが、実は、福岡県民も手羽先をよく食べます。

とにかく水炊きに、唐揚げに、かしわ飯(鶏の炊き込みご飯)にと、鶏肉の消費量が多いので、もちろん手羽先も食卓にのぼるわけです。

ちなみに我が家では、こってりダレではなく、シンプルに塩胡椒で焼いたものが定番でした。

子供ながらに、「美味しいけど白飯に合わんよな...」と思ってましたが、大人になって気付きました。

これめちゃくちゃビールと合うんですね

材料

鶏手羽先 8本
ニンニクすりおろし 2cm
適量
あらびき黒胡椒 適量
飲みたくなるお酒 ビール

作り方

① 下味をつける

手で擦り込むようにして、手羽先ニンニクすりおろしあらびき黒胡椒でマリネする。

ポイント:塩コショウは少しきつめに振るのがポイント。

② 焼く

マリネした手羽先を魚焼きグリルに並べ、皮面から焼く

5分ほどしたらひっくり返し、裏面にも火が通ったら出来上がり。

完成

皮パリッ中しっとりジューシーな手羽先は、食べ始めたら止まらない美味しさ。

この際、手の汚れなんて気にせずに、豪快にかぶりついてください!

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

foodie girl aya

foodie girl aya

食べるのも作るのも好き。旺盛な食欲を武器にトーキョーを食べ尽くすフーディーガール。サッと作れてお洒落に見えるお料理が得意。好きな料理研究家はナイジェラ・ローソンとレイチェル・クー。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation