ホーム > レシピ > おつまみ > 【レシピ】とろとろお肉としみしみ新じゃがの「手羽じゃが」
2019.6.6
おつまみ

【レシピ】とろとろお肉としみしみ新じゃがの「手羽じゃが」

骨つきの鶏肉をほろほろにする旨さよ!

コトコトすればするほどとろとろほろほろになって、旨味がスープにこっくり溶け出す。

オノマトペをこれでもかってほど詰め込んで伝えたい、手羽先の美味しいさ(笑)

手羽先の旨味が溶け出したスープも味わいます!

新じゃがにたっぷり吸わせていただきましょう。

もうよだれ出ます。ビールが最高です!!

材料

手羽先 8本
新じゃが 6個
300cc
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
大さじ1
飲みたくなるお酒 ビール

作り方

① 手羽先の下準備。

塩を軽く振り、臭み雑味をとる。

② 手羽先を焼く。

油をひいてないフライパンに手羽先の皮目を下にして並べて火をつける。

中火で表面に焼き目がつく様に焼いていく。

③ 鍋で煮込む。

水300ccを入れた鍋に②の手羽先を入れる。

蓋をして弱火でコトコト煮込む。

身がふっくらしてくる。

④ 新じゃがの下準備。

よく洗って、大きいものは半分に切る。

600wのレンジで5分加熱する。

⑤ 味付けをする。

鶏の黄色い油が出てくるくらいに込めたら味付け。

(密閉度の低い鍋の場合、水を足してください)

醤油・酒・みりんを入れる。

④の新じゃがを入れて蓋をして10分ほどコトコトする。

味がしみたら完成!

完成

見た目が地味なので糸唐辛子を飾って彩りをプラス!

ほろほろの手羽先と、旨味を吸い込んだ新じゃがが美味しい!

ビールのあてに作ってみては??

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

めぐみ

めぐみ

20歳のときは芋焼酎を好んでいました。25歳でビールが好きなりました。今は…何歳か忘れました。料理とお散歩と読書と、呑みに行こうと誘われるのが好きです。やりたくねぇことやってる暇はねぇ。人生をハッピーに。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation