ホーム > コラム > 知識・雑学 > 日本酒が太るお酒ってホント?日本酒のカロリーと太りにくい飲み方をご紹介
2019.3.12
日本酒

日本酒が太るお酒ってホント?日本酒のカロリーと太りにくい飲み方をご紹介

みなさんは日本酒にたいしてどんなイメージがありますか?

おいしい?
度数が高い?

中には日本酒を飲むと太る!というイメージから、控えているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

今回は「日本酒は本当に太りやすいのか?」「太りにくくするためにどうすればよいか」を詳しくご紹介していきます!

日本酒が太りやすいってホント?

検証するにあたって、まずは日本酒と他のお酒の100ml当たりのカロリーを調べてみました。
まとめると以下のような数値となります。

ビール 40kcal
発泡酒 45kcal
ワイン 73kcal
日本酒 103kcal
焼酎(乙類) 146kcal
梅酒 156kcal
焼酎(甲類) 206kcal
ウイスキー 237kcal
ブランデー 237kcal
ウォッカ 240kcal
ジン 284kcal

このように見ていくと、日本酒は確かにビールやワインよりはカロリーが高いです。

しかし、この数値は100mlあたりの数値。ビールは日本酒に比べてアルコール度数が低いので一度にたくさんの量を飲みますよね。

居酒屋さんで日本酒を1合頼んだ時と、ビールをジョッキ(500ml)で頼んだ時を比べてみても、前者は約194kcal、後者は約200kcalと実はあまり変わらないんです。

逆にアルコール度数の高いスピリッツ系はカロリーが高いですが、そこまでたくさんの量は飲めません。

カロリーだけでは、一概にどのお酒が太りやすいとは言えないのです。

お酒のカロリーは太りにくい!

お酒のカロリーは一般的にエンプティカロリーといわれています。
このエンプティカロリーは、糖質や脂質よりも先に、最優先で熱として放出されると言われているのです。

お酒を飲んだ時に、身体が熱くなったり、顔が赤くなったりするのはのはエンプティーカロリーが熱として放出されているからなんだそう。
つまり体内に吸収されず、寝るとして放出されてしまう部分が大きいということなんですね。

ではお酒はどんなに飲んでも太らないのでしょうか。

以前は「アルコールはエンプティカロリーだからいくら飲んでも太らない」と言われていましたが、これもウソ。
実際お酒を良く飲む人は体脂肪率も高くなる傾向、またある程度の飲酒量を超えると体重が増えやすくなるという研究結果も出ています。

ですが、飲みすぎに注意すればそこまでお酒を抑える必要もありません。

ここからは、日本酒で太らないための3つのポイントをまとめてご紹介します。

①おつまみの選び方

お酒を飲んで太った…という方、実はおつまみが原因かもしれませんよ。

お酒に合わせるおつまみって唐揚げや焼き鳥など、高カロリーのオンパレード!
お酒のアテだと無限に食べられてしまうような気がしますが、ここはグッと抑えましょう。

どうしても食べたい場合は、冷奴や枝豆、マグロの山かけなどなるべくカロリーの低いものを選ぶとGOOD!
焼き鳥も、タレより塩のほうがカロリーを低く抑えることができます。

お酒を飲む時は、おつまみのカロリーを意識してみましょう!

②空きっ腹にアルコールは厳禁

「空きっ腹でお酒を飲むと酔いが回りやすい」という話を聞いたことはありませんか?

これ、実はホント。

胃の中に何も入っていない状態でお酒を摂取すると、血液中のアルコール濃度が急に高くなるためだとされています。
また、突然アルコールを摂取するとアルコールの刺激によって胃が荒れてしまい、胃炎になってしまう可能性が高まります。

なにより、酔った状態では判断力が大きく低下するので、いつも以上にお酒を飲んでしまったり、食べ過ぎてしまったり、と食べ過ぎ飲みすぎの原因にもなってしまうかもしれません。

空腹時のアルコールは、カロリーの面からみても、健康面からみてもあまり良いことだとは言えません。
飲み会の前などは、何かお腹に入れてから参加することをおすすめします。

③冷やより熱燗がおすすめ

人間は体が冷えると代謝が下がり、脂肪を溜め込むようになってしまいます。

太らないためにはまず、冷たいものより温かいものをとることが大事です。

そんな時におすすめな飲み方が日本酒の「お燗」。
お酒を飲むとどうしても体が冷えてしまいますが、お燗なら体の内側から温めることができますね。

さらにお燗にしたほうがアルコールの吸収率が良くなり、早く酔いを感じるようになるので適量飲酒にもつながります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は、日本酒のカロリーについてと太りにくい飲み方についてご紹介していきました。

日本酒だけがカロリーが高いわけではないということがわかったので、これからも安心して日本酒を飲むことができそうです。

とはいえ、飲みすぎは禁物。適量飲酒を心がけて、お酒と上手に付き合っていけると良いですね。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

三寺悠仁

三寺悠仁

高知県の酔鯨酒造で2年間蔵人として勤務、現在はKURANDの商品開発に関わる日本酒のプロ。日本酒の素晴らしさを世に伝えるべく、日夜活動中。

関連キーワード