ホーム > コラム > 知識・雑学 > 食中酒としてもぴったり!淡麗辛口を貫いた新潟の銘酒「麒麟山」の魅力

食中酒としてもぴったり!淡麗辛口を貫いた新潟の銘酒「麒麟山」の魅力

お酒はその旨さだけではなく、人と人をつないでくれることも魅力の一つですよね。

今回は人の和の中にあり続けることを目指し、飲み手を飽きさせない辛口淡麗を貫いた、新潟の地酒「麒麟山」をご紹介します。

飽きない「淡麗辛口」

 麒麟山は、新潟の地酒として醸されている日本酒。
新潟の人がいつでも楽しめるお酒として、地元の酒屋や料飲店など幅広い場所で味わうことができます。

蔵のモットーは「酒とは辛いもの」。毎日淡麗辛口を飲んで欲しいからこそ、妥協せず飲み手を飽きさせない「淡麗辛口」を追求しているのです。

麒麟山は、口に含んだときスッキリした味が口の中を漂ってから、後にじわじわ残る旨みがありスッとキレていく、という味わいがあります。

だから、飲み飽きないんですね。
季節に応じた料理とあわせてみたり、気分によって冷・燗を変えてみたり、いろんな楽しみ方ができます。

麒麟山酒造の歴史

麒麟山酒造は、1843年に新潟の阿賀町にて設立
福島県の県境に位置する町で、すこし会津若松の雰囲気が漂う街です。

創業当時、木炭生産販売を生業としていたのだそう。
二代目の斎藤吉平が酒を始め、井戸から湧く豊かな水と神からの恵みに感謝して「福の井」という銘柄で販売。

1882年、三代目の斎藤徳吉の時代に、蔵奥にある阿賀野川と常浪川との浸食によってそそり立つ、阿賀町の岩山「麒麟山」にちなんで、現在の銘柄になったのだそうです

「麒麟山酒造」とは

麒麟山酒造は代々、「いつもの麒麟山」を目指して酒を醸しています。

いつもの淡麗辛口を実現するために彼らは、
・蔵人の育成
・仕込み水の保全
・奥阿賀の米
にこだわりを持っているのだとか。

蔵人の育成

香り控えめで、軽い味わいの淡麗の酒を造ることは技術的に難しく、ごまかしがききません。
最も重要になるのが蔵人の技術なのです。
蔵人の技術を高めるための、教育に力を入れ、酒造りのプロを多数擁するのが「麒麟山酒造」なのです。

仕込み水の保全

超軟水の仕込み水も端麗辛口に欠かせない非常に重要なもの。
麒麟山酒造の仕込み水は、地元御神楽岳を水源とする、常浪川の地下水で仕込みます。この仕込み水は、常浪川周辺の広域なブナ林がきめ細やかに濾過してできた水です。

ちなみに麒麟山酒造は、ブナ林の濾過機能を維持するために植林活動もしているんだとか。
キレイな水の保全に力を注いでいるのですね。

奥阿賀の米

また、地元の米の質を高め、育てることにも力を入れていて、誰が作ったか分からないような米ではなく、地元の人々が知ってる米で酒を醸しています。
「いつもの麒麟山」を目指すうえで、「安心」が重要な要素だからです。

地元農業のレベルを上げるために1995年に「奥阿賀酒米研究会」が立ち上がり、年7回の研修会を通して、栽培技術を高めながら年々、栽培数量を増やしています。

2011年には麒麟山酒造アグリ事業本部が立ち上がりました。奥阿賀酒米研究会だけでなく、酒造内に酒米栽培専門の部署をができたのです。
現在では、「研究会」と「アグリ事業本部」が作った米だけで、原料米の9割以上を占めるところまで来ました。

技術にこだわり、にこだわり、にこだわり抜いて、初めて「いつもの麒麟山」が実現しているのですね。

いつも人の和の中に

麒麟山酒造が何よりも大切にしているのは「人の和」です。

幸せに笑いあう人どうしがいいご縁になるように、まずは蔵人どうし、地域の人々、取扱店、飲食店の人々、そしてお客様をつなぐような存在でありたいと。

「人の和」を生み出すお酒でありたいという気持ちのもとで、麒麟山酒造は「地酒」を醸しているのです。

1 2

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ