ホーム > コラム > 知識・雑学 > 山口の米・水・人で醸す地元愛溢れる日本酒!「五橋」の魅力に迫る
2019.1.8
日本酒

山口の米・水・人で醸す地元愛溢れる日本酒!「五橋」の魅力に迫る

さて今回は、完全に地元産の原料を使った、地元愛溢れる日本酒を紹介します。

その名は「五橋(ごきょう)」。山口が誇る地酒の一つです。

こだわりの軟水仕込みや契約栽培米使用などなど・・。

丁寧に造られた五橋は、洞爺湖サミットのプレス関係者用の日本酒にも採用されたほどの実力派!
五橋」とは一体どんなお酒なのでしょうか?

「五橋」とは?

五橋」は硬水仕込みが主流だった時代から、軟水仕込みで仕上げられていた、蔵のこだわりが感じられる山口の名酒。
軟水特有の繊細さと軽やかさ、高い香りが特徴で、日本酒の重大な要素である水に着目して飲みたいブランドです。

名の由来は、日本三名橋の一つ、五連の反り橋である「錦帯橋」。地元の名所にちなまれた同銘柄は、地元の米や水を使用して造られており、山口の良さを感じられる日本酒として仕上がっています。

「五橋」はそのまま楽しむのも良いですが、食中酒として味わうのがオススメです。特に錦帯橋がかかる錦川には鮎が泳ぐので、鮎料理とともに風情溢れる景色を思い浮かべながら一口飲めば、より美味しく「五橋」を楽しむことができるでしょう。

「酒井酒造」とは?

酒井酒造」は山口県岩国市に構える、創業明治4年(1871年)の老舗蔵。山口県はもちろんのこと、全国の日本酒ファンに知られている蔵です。

酒造りのこだわり

錦川の伏流軟水に恵まれた酒井酒造。軟水は酒造りには難しいとされていた時代から、錦川の伏流軟水を使用することにこだわっています。
硬水仕込みの日本酒が主流だった、昭和22年の全国新酒鑑評会で前述した「五橋」が第一位に輝き、「五橋」と「酒井酒造」の名がたちまち全国に轟いたのだそう。

全国的な日本酒である「五橋」を製造する同蔵ですが、同時に地元山口の地酒の造り手であるということにこだわり、地元の米・水・人を大切に日本酒を製造しています。

平成8年には、岩国近郊の「トラタン村」と協力し、酒米の契約栽培をスタート。同地に自家精米所も設置するなど、その姿勢に抜かりはありません。現在では、トラタン村で栽培した「山田錦」や、山口県オリジナル酒米の「西都の雫」「イセヒカリ」なども使用しているのだそう。

最新技術を用いた酒造り

そんな同蔵の日本酒造りを支えているのは、歴史ある酒造技術とコンピュータや機械設備による、最新の醸造技術の融合です。製造から貯蔵に至るまで、完璧な温度管理のできる設備を採用。温度管理は酒の品質を左右するため、徹底した管理体制の中で行われているのだとか。

温故知新の精神で一歩一歩着実に、時代とともに進化し続ける蔵の姿勢が、全国に誇る山国の地酒を造り出しているのです。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

ワキヤ

ワキヤ

日本酒を愛する元バンドマン。趣味は昼から飲むはしご酒。よく千住で一人酒してます。

関連キーワード