ホーム > コラム > 知識・雑学 > 幻の“激レア”日本酒!?富山が誇る銘酒「勝駒」の魅力をご紹介

幻の“激レア”日本酒!?富山が誇る銘酒「勝駒」の魅力をご紹介

皆さん!日本酒は好きですか

日本酒好きの方も、そうでない方も......なかなか手に入らない激レアな日本酒、「勝駒」をご存知でしょうか?
大人気銘柄なので品薄状態が続いていますが、実は品薄の理由は”単なる人気”だけじゃないんです!

今回は、生産者のこだわりが詰まった日本酒「勝駒」について紹介していきます!

勝駒について

View this post on Instagram

#勝駒 #kachikoma

A post shared by 特撰 ますのすし (@momomiau) on

・清都酒造場

「勝駒」は、富山県高岡市の清都酒造場が醸造している日本酒です。

清都酒造場は明治39年創業の歴史ある、小さな酒蔵。「不容偽」(偽りを容わず)を理念とし、量産をしない、種類を増やさない、酒質を第一にした酒造りをしているそう。

また、酒造は平成12年に蔵が国の有形文化財に登録され、注目を集めました。古きよき風情がいいですね。

・名前の由来

「勝駒」は、日露戦争にちなんでつけられたとされる名前です。

初代の清都慶介氏が日露戦争から帰還して、故郷の高岡市に造り酒屋を開業したことから、日露戦争の戦勝を記念して勝駒と命名されたのだそう。

また、ラベルの勝駒の文字は様々なジャンルで活躍した芸術家、池田満寿夫氏が書いたもの。池田氏も勝駒ファンだったそうです。著名人にも愛されるお酒なんですね。



勝駒が“激レア”だと言われている理由とは…?


冒頭に書いたように、このお酒、“激レア”なんです。
全国的に人気が高いにも関わらず、なかなか手に入らない理由をご説明しましょう。

・小さな酒蔵

小さな手造り酒やですから年に、そう、こっぽり(沢山)とはできません。
造り手、僅か五人で、こつこつと一心に醸っています。これまでも、そうでした。これからも、そうです。
年に少量。でも、量産では出せないうまさを醸り続け、守ってゆきたい(「真の贅沢を知る酒」--そう評して下さった方がいました)。
誇りをもって--「わたし達は、富山でいちばん小さな造り酒やです。

引用:ラベルより

これは、勝駒のラベルに書いてある口上です。

清都酒造場はたったの5人で酒造りをしているんです!驚きの人数ですね…。
これは少量生産にこだわり、丁寧で上質な日本酒を誇りを持って作っているからこそ。

このように少人数で丁寧な少量生産にこだわっていることが、勝駒が世にあまり出回らない理由です。
全国的に人気が出ているのにもかかわらず、未だ丁寧な酒造りにこだわっている。日本酒に真摯な姿勢、そのポリシーが美味しさの秘密なのかもしれません。

・地元・富山には多く出回っている!?

先述した通り、勝駒は少量生産ということでなかなか手に入りません。(転売され、正式なお値段の何倍かで売られることもしばしばあるようですが…)

また、特約店でも一人一本までの制限付きで売られているなど、安定した販売量はないようです。

しかし!NOMOOO編集部の富山出身者を捕まえて聞いてみたところ、富山の居酒屋なら比較的飲めるとのこと!

どうしても飲みたい方は、富山まで足を運んでみるのもいいかもしれませんね(笑)

勝駒の味わい

勝駒にはいくつか種類がありますが、一番代表的な銘柄は「純米酒」。
五百万石という、酒米を使った純米酒です。「50%精米」という、純米酒として驚きの精米具合。大吟醸も名乗れるスペックの高さです。

香りはやさしく控えめ、米の旨味が広がり、すっきりとした純米酒らしい味わい。上質で上品な日本酒です。
これは飲み飽きない美味さですね。

その他、山田錦使用の大吟醸、大吟醸 「特吟」と純米吟醸、五百万石使用の純米酒、本醸造、普通酒 しぼりたて生原酒などがあります。長く続く酒蔵にも関わらず、意外にも種類は少なめ。むやみに種類を増やさないのもこだわりのひとつのようですね。

まとめ

丁寧な少人数の作業で、少量生産にこだわる酒蔵・清都酒造場が醸す日本酒「勝駒」。幻の日本酒と言われるのには、このような理由があったんですね!

お店で見かけたら超ラッキー!ぜひ、その幻の味わいを試してみてくださいね!

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ