ホーム > コラム > レビュー > 暑い夏こそ日本酒で乾杯!!飲兵衛オススメの「スパークリング日本酒」10選
2019.7.19
日本酒

暑い夏こそ日本酒で乾杯!!飲兵衛オススメの「スパークリング日本酒」10選

比較的新しいジャンルとして認識されている”スパークリング”の日本酒。

日本酒界にこの新たな市場を開いたのは、1998年に誕生した一ノ蔵の「すず音」だったと言われています。そこから始まったスパークリングの進化。近年の広がり方を見ていると、目を見張るものがありますよね!

始めの乾杯用にはもちろん、揚げ物や焼肉の油っ気を切り、魚の生臭さも打ち消すスパークリング日本酒は、食中酒としてもぴったり。
また、口の中をさっぱりとさせてくれるので、夏場の暑い時期にも爽やかに飲めてオススメなんです!

今回はそんなスパークリングの中から、夏にこそ飲んでほしいお酒をご紹介します!

そもそもスパークリング日本酒って?


銘柄の紹介の前に、スパークリング日本酒について、ちょっとだけ解説します。

日本酒の新酒生酒には”ぴちぴちしたガス感”があるというのを聞いたことがありませんか。これは酵母が糖を分解してアルコールを作る過程で、炭酸ガスが発生するためです。
このガス感をあえて高めたのが、スパークリングの日本酒。

一口にスパークリングといっても、発泡させる方法には、大きく3つの種類があります。それぞれ味わいが違うので、スパークリング日本酒を選ぶ際には、どんな方法で発泡させているのかを意識するとよいでしょう。

炭酸ガスタイプ

人工的に炭酸ガスを注入したタイプです。市販の炭酸飲料などで一般的に用いられている方法で、手間を削減しコストを抑えて発泡日本酒を製造することができます。比較的安定した品質が保てるため、常温保存も可能になります。

活性濁りタイプ

醪を粗漉しして生のまま瓶詰することで、醸造の途中で発生したガスを瓶内に残すタイプ。つまり、菌が生きている状態で瓶詰めされ、瓶の中でも発酵が進んでいます。よく見ると蓋に空気穴が開いていて、空気が抜けるようになっています。菌が生きているので要冷蔵です。

瓶内発酵タイプ

瓶に詰めるときに醪をさらに加え、酒の中に残っている糖分と酵母が瓶の中で醗酵を続けるものです。最もガス圧が強いのがこのタイプ。出荷した後も瓶内では発酵が続いているため、保存方法を誤ると栓が抜けて中身が吹き出すこともあります。もちろん要冷蔵です。

おすすめのスパークリング日本酒

スパークリング日本酒の製造方法は蔵ごとに様々で、出来上がるお酒も、透明なものからうすにごり、コクのあるものやのど越しスッキリなものなど、バリエーションに富んでいます。

ただ共通して言えることは、どのスパークリング日本酒も飲みやすく、さっぱりとしていて夏に飲むのにちょうどいいということ。

飲む人の好みや、乾杯するシーンに合わせて選んでみては?

【一ノ蔵 すず音】

1998年に誕生し、日本酒界にスパークリングというジャンルを開拓した一ノ蔵の”すず音”

5%という低アルコールで、お米の優しさの中に、日本酒とは思えない甘酸っぱさが感じられます。
女性にも大人気で、うすにごりの発泡清酒のような泡立ちは、まるでシャンパンのよう。

よく冷やして飲むと、より爽快感のある味わいになります。

瓶もスタイリッシュで、とってもオシャレですよね!

数量・期間限定品も発売されているので、違った味わいが楽しめるのも魅力です。

購入はコチラから

【松竹梅白壁蔵 澪】

こちらも今やスパークリング日本酒の定番となっている商品。
実は、スパークリング日本酒人気を作ったキッカケのお酒ともいわれています。

『澪』は「浅瀬の水の流れ」、「船の通った泡の跡」という意味で、”浅さ”を低アルコール、”泡の跡”を発泡性にたとえ、清酒の新しい流れを作る、という思いが込められているそうです。

マスカットのようなフルーティーな香りとスッキリとした味わいが特徴。
日本酒が飲めない層からも「澪なら飲める」といわれている程クセがなく、飲みやすいことも魅力の1つとなっています。

泡が立ちのぼる様子をイメージしたオリジナルボトルは、ちょっとした手土産やプチギフトにもぴったりなデザインですね。

また、最近では通常の澪よりもさっぱりと味わえる「澪」、金箔の入った「澪GOLD」なども発売されているので、こちらも要チェック!

購入はコチラから

【上善如水 スパークリング スパークリング】

あの有名銘柄「上善如水」のスパークリングバージョンです。
もともと飲みやすいという評価の多い上善如水ですが、スパークリングはさらに万人受けする飲みやすさがあります。

日本酒にしては低アルコールではありますが、アルコール度数は上の2本に比べると高めの11度台。
しかし、アルコール感はあまり強くなく、ぐいぐい飲めてしまいます。

味わいはすっきりしており、華やかな香りと甘い口当たりが特徴です。

また、酸味も渋みが控えめなため、食事によく合います。
日本酒とはあまり組み合わせることのない、ビーフステーキやチョコレートといったものとのペアリングも楽しい一本です。

購入はコチラから

【新亀 純米活性にごり酒】

醗酵中の醪を粗漉しし、炭酸ガスもろとも瓶詰した純米酒です。

米の旨みが広がって弾ける様は、まさに衝撃。
鮮烈な風味と開栓時のパフォーマンスでも話題になりました。

底のほうにオリがたまっています。
もちろん瓶をゆっくり上下し、完全に混ぜてから飲んでもおいしいですが、筆者的おすすめはあえて混ぜずに飲むこと

始めは微炭酸のスッキリした日本酒、後半になるにつれて米の旨味が強い濃厚な日本酒へと変化を楽しむことができるんです!!

瓶の中でまだ酵母が生きている状態なので、保管は冷蔵庫で、またガス抜きを行ってから開栓するようにしましょう。

購入はコチラから

【南部美人 あわざけスパークリング】

日本酒好きの皆さんはご存知の「南部美人」。
このお酒にもスパークリング酒があります。

こちらは瓶詰め、瓶内二次発酵、澱引きまでをシャンパンと同じ製法で行っています。

しかし、通常のシャンパンで行われる、ドサージュ(補糖)はしていません。
そのため、甘さが少なく、発泡の爽やかさもありながら後味にしっかりと米の旨味が残る、バランスの良いawa酒に仕上がっているのです。

また、コルクで栓がされたこのお酒は、世界中の人々にスパークリングから日本酒を伝えようという『awa酒協会』の認定を受けた商品。
2018年サケコンペティションのスパークリング部門で2連覇している実力者です。

ジメジメした暑い夜にしっぽり飲むのにもピッタリ。

購入はコチラから

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

なっさん

なっさん

元公務員の駆け出しライター。お酒が好きで仕事を探していたところをNOMOOO編集部に拾われる。飲むとベラベラ喋るらしいが、本人は覚えていない。飲み会よりも一人で立ち飲みに行くのが好き。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation