いちばん身近な呑み仲間

飲みやすいウイスキーの宝庫!?スコッチの名産地「ローランド」の特徴とオススメ銘柄をご紹介

ウイスキーの本場、スコットランド。 そこで造られるウイスキーはスコッチウイスキーと呼ばれ、世界の五大ウイスキーの一つに数えられるだけではなく、その代表格として世界中に知れ渡っています。 さて、今回はそんなスコッチウイスキ …

お酒を選ぶ ウイスキー
pixta_39183157_M
  • pixta_39183157_M
  • 飲みやすいウイスキーの宝庫!?スコッチの名産地「ローランド」の特徴とオススメ銘柄をご紹介
  • 飲みやすいウイスキーの宝庫!?スコッチの名産地「ローランド」の特徴とオススメ銘柄をご紹介
  • 飲みやすいウイスキーの宝庫!?スコッチの名産地「ローランド」の特徴とオススメ銘柄をご紹介

ウイスキーの本場、スコットランド
そこで造られるウイスキーはスコッチウイスキーと呼ばれ、世界の五大ウイスキーの一つに数えられるだけではなく、その代表格として世界中に知れ渡っています。

さて、今回はそんなスコッチウイスキーの中から、「ローランドモルト」をピックアップ。その特徴と、オススメの商品を紹介します!

そもそも「ローランドモルト」とは?


ローランドモルト」とは、スコットランドのローランド地方で造られているウイスキーです。この産地の違いによる区別は他にもあり、スペイサイド、ハイランド、アイラなどと言った代表的なウイスキー産地は、多くの人が聞いたことがあるかと思います。

現在はほとんどの蒸留所が閉鎖

ローランド地方はかつて220以上の蒸留所が稼働し、スコッチウイスキーの90%はローランドで造られている、とまで言われるほど勢いのある地方でした。しかし現在は数えるほどの蒸留所しか稼働しておらず、ウイスキー造りは衰退してしまったと言わざるを得ない状況です。

衰退の理由は諸説ありますが、経済的に恵まれた地域であるが故に、技術革新の中で伝統技術が廃れてしまったことや、ウイスキーの課税が跳ね上がった時代に大都市を持つローランド地方は、他の地方のように密造ができなかったこと、などが原因とされています。

しかし現在でも、ブレンデッドスコッチに必要不可欠な、グレーンウイスキーを造る工場を多く抱えており、ローランド地方がウイスキー作りにおける重要な産地であることには変わりありません。

それだけでなく、ローランド地方で造られる「ローランドモルト」には他の産地とは違う特徴があるので、しっかり住み分けされていてウイスキーファンに愛されているのです。

「ローランドモルト」の特徴


次は、「ローランドモルト」の味わいに迫っていきましょう!

軽さが最大の特徴

ローランドモルト」の特徴は抜群の軽さです。もちろん軽いからといって無個性ではなく、穀物のフレーバーや若草や花の香りなど、心地良い香りが詰まっています。

これはアイリッシュウイスキーの影響を受け、スコッチでは珍しい*3回蒸留"を行なっている蒸留所があることが起因とされています。

変に着飾らず、麦本来の味わいを感じられるドライな仕上がり。「ローランドモルト」はスコッチウイスキーの主要な産地の中で、最も飲みやすいウイスキーと言っても過言ではないでしょう。

ウイスキーライト層や、繊細で良い香りのものが多いので女性にオススメ。クセが強いウイスキーは賛否両論分かれやすいので、プレゼントの際にも「ローランドモルト」は適切でしょう。

*一般的には2回蒸留。3回蒸留すると、より澄んだまろやかな仕上がりになる。



オススメの「ローランドモルト」

軽さが特徴の「ローランドモルト」。近年は蒸留所が減っていることから希少な銘柄が増えたり、価格が高騰していたりするものもあります。

次は、そんな「ローランドモルト」のオススメ商品を紹介します!

オーヘントッシャン 12年

シングルモルト ウイスキー オーヘントッシャン 12年 [イギリス 700ml ]

創業は1800年頃。スコットランド随一の大都市であるグラスゴーから北西16キロほどに位置し、クライド湾を見下ろす斜面上に蒸留所を構えているのがオーヘントッシャンです。

前述した3回蒸留の伝統を守りづづける、「ローランドモルトの代表格。「オーヘントッシャン 12年」は、そんな同ブランドの定番です。

繊細で複雑な香り、ドライな味わいが特徴。心地良い甘さ、スッキリとした飲みやすさを感じることができる一本です。

created byRinker
AUCHENTOSHAN(オーヘントッシャン)
¥3,819 (2022/04/24 22:21:45時点Amazon調べ-詳細)

グレンキンチー12年

1837年創業。スコットランドの庭園と称される、のどかな穀倉地帯でウイスキーを生産するグレンキンチー。あまり有名ではありませんが、あのジョニーウォーカーのキーモルトとしても利用されています。

代表銘柄「グレンキンチー12年」は、軽くドライな味わいが特徴的。どこか田舎を感じさせる香りと上品な香りが融合した、優しく綺麗な仕上がりが素晴らしいです。

食中酒の他、食前酒として楽しむのもオススメで、いずれにしても食事との場にもってこいの一本。個性が強すぎないので、どんな料理もカバーしますよ!

created byRinker
Glenkinchie(グレンキンチー)
¥5,998 (2022/04/24 22:21:46時点Amazon調べ-詳細)

まとめ

かつてのスコッチウイスキーの代表的な産地。そして、今でもウイスキー造りにおいて重要な地域として知られているローランド地方の「ローランドモルト」を今回は紹介しました。

現在も稼働している蒸留所の数は少ないものの、その味わい、クオリティーは高く評価されています。ぜひ「ローランドモルト」を楽しむ機会があれば、積極的に飲んでみてくださいね!

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

《ワキヤ》
ワキヤ

ワキヤ

日本酒を愛する元バンドマン。趣味は昼から飲むはしご酒。よく千住で一人酒してます。

特集

page top