いちばん身近な呑み仲間

山廃好き必見!石川の老舗蔵が醸す日本酒「天狗舞」の魅力に迫る!

日本酒通なら知っておきたい「山廃仕込み」のお酒。皆さんは、美味しい山廃の日本酒に出会ったことがありますか? 今回は石川の名酒であり、飲んで旨い山廃の酒「天狗舞」をご紹介。国際的なコンクールでも認められている、その味わいの …

お酒を選ぶ 日本酒
tengumai
  • tengumai
  • 山廃好き必見!石川の老舗蔵が醸す日本酒「天狗舞」の魅力に迫る!

日本酒通なら知っておきたい「山廃仕込み」のお酒。皆さんは、美味しい山廃の日本酒に出会ったことがありますか?

今回は石川の名酒であり、飲んで旨い山廃の酒「天狗舞」をご紹介。国際的なコンクールでも認められている、その味わいの秘密に迫っていきたいと思います。

「天狗舞」とは?

「天狗舞」は石川県を代表する日本酒。世界にも評価されている、華々しい受賞歴を誇る折り紙付きの名酒と呼べるでしょう。

手造りにこだわり、麹造りや酒母造りでは職人だから織りなせる伝統の技によって醸されているのです。

天狗舞の多くは、伝統の山廃仕込み。故に、”旨い山廃”として知れ渡っています。

また、天狗舞の通常商品は蔵で熟成させてから瓶詰出荷されています。これにより天狗舞は山吹色に色付き、その自然な日本酒の色からも分かるような、深い味わいが生まれていくのです。

山廃が好き、山廃を味わいたい。そんな方にピッタリな、日本酒の歴史と蔵人の思いが詰まった一本。それが天狗舞なのです。

「車多酒造」とは?

1823年(文政六年)創業。石川県白山市で200年近くの歴史を誇る、老舗蔵・車多酒造

能登杜氏の手造りの文化を活かしながら「和は良酒を醸す」「良酒は和を醸す」という2つの意味をもつ、和醸良酒の精神で日本酒を製造しているそう。

霊峰白山の伏流水、白山の地の豊かな自然が詰まった逸品を今日まで醸し続けています。

代表銘柄「天狗舞」の他、清酒「五凛」や焼酎・リキュール等を製造。石川で、様々なお酒を発信する、地元に愛されている蔵です。



「天狗舞」シリーズ

天狗舞 山廃仕込 純米酒

IWC(インターナショナルワインチャレンジ)2011《SAKE純米酒部門》金賞受賞。IWC2012《SAKE純米酒部門》銅賞受賞。
IWSC(インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション)2013《山廃酒部門最高賞》ベスト・オブ・クラス受賞。

華々しい受賞歴を誇る天狗舞の看板商品です。

これぞ醇酒というような味わいで、濃厚な香味・酸味・苦味・辛味、それぞれがしっかり主張させながらも、バランス良くまとめあげています。

リーズナブルな価格ながらも、山廃の魅力詰まった一本。日本酒通な方や、初めて山廃を飲むという方にぜひオススメしたい、抜群の完成度の日本酒です。

購入はコチラから

天狗舞 純米大吟醸50

3,000円台で楽しめる純米大吟醸酒。山田錦などの酒造好適米を使用した、冷や~冷酒がオススメの日本酒です。

天狗舞の中では、熟成の程度が抑えられた、比較的軽やかなタイプの味わいが特徴。軽やかな旨味と、酸味が演出する心地よいキレが、喉越し良く体内を潤してくれます。

自然と漂う穏やかな香りは食事の邪魔をしません。食中酒としても抜群の性能を発揮するので、是非お試しあれ!

購入はコチラから

天狗舞 山廃純米大吟醸

こちら山廃の純米大吟醸酒。天狗舞独自の山廃酒母造りで醸された、とっておきの一本です。

米には最高ランクの兵庫県特A山田錦を100%使用。だからこそ生まれる濃醇なコクは、味わい深くいつまでも飲み飽きしないバランスに仕上げられています。

和食を全般に食事とも合う辛口の山廃純米大吟醸酒。栓を開ければワンランク上の食事へと誘ってくれるでしょう。

購入はコチラから

天狗舞 古古酒純米大吟醸

丁寧に醸された純米大吟醸の長期貯蔵酒。細部にまでこだわり抜かれた、天狗舞最高ランクの逸品です。

飲み手を包みこむ香りの良さは、さすが長期熟成酒と言えます。体に染み込むような味わい深さは、この酒に込められた造り手の魂を感じることができますよ!

天狗舞にハマったなら是非飲んでいただきたい一本。日本酒通を唸らせる味わいを、その舌でお確かめください。

購入はコチラから

まとめ


いかがでしたでしょうか?受賞歴が証明するクオリティー、石川の地で伝統を守り続けている酒蔵が醸す、名酒「天狗舞」の魅力をお伝えできたかと思います。

日本酒にハマり初めている人や、日本酒通の方に特にオススメの一本。あなたの日本酒ライフに天狗舞が加われば、この記事の意味もあるというものです。

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

《nomooo編集部》

特集

page top