ホーム > コラム > 知識・雑学 > バレンタインは関係ない!!1年中飲みたいチョコレートに合うウィスキーの選び方

バレンタインは関係ない!!1年中飲みたいチョコレートに合うウィスキーの選び方

最近なにかと話題のチョコレート。
“高カカオチョコレート”や“bean to bar”という言葉もよく耳にするようになりましたよね。

2016年から“チョコレート検定”というものも行われるようになり、昨年の受験者数はなんと2000人以上!!

また“テオブロミン”や“ポリフェノール”が多く含まれているため、健康食品としても取り上げられています。

今回は、そんな再注目されているチョコレートのお供として飲みたい「チョコレートのタイプ別相性ぴったりのウィスキー」をご紹介します。

チョコレートとウィスキーはなぜ合うの?

お酒のおつまみとしても人気のチョコレート、もちろんウィスキーにもぴったりです。なぜなら、ウィスキーとチョコレートには、香りや風味に共通点が多いから。

たとえば、チョコレートにある甘味はウィスキーの原料である麦由来の甘味、渋みや苦味は、樽熟成する過程で染み出す樽材特有の風味と共通しています。



チョコレートに合うウイスキーを選ぶコツ

といっても、チョコレートには、なめらかな甘さやビターでスパイシーなもの、果実味溢れるものなど、タイプは様々。
作り方やカカオ豆の産地、カカオの含有量など、少しの違いで大きな味の変化が生まれます。
せっかくならチョコレートの味を引き立たせるようなウイスキーを選びたいですよね。

チョコレートに合うウィスキーを見極めるポイントは、ミルク系チョコレートには滑らかで熟した甘みのあるウィスキー、果実系チョコレートには果実のような芳醇な香りを持つウィスキーというように、チョコレートのタイプに合ったウィスキーを選ぶのが◎
今回もチョコレートのタイプ別に合わせて、オススメのウイスキーを紹介していきます!!

ミルク系チョコレート

IMGP3561


舌の上で滑らかにとろけるミルク系チョコレートには、完熟フルーツのような熟した甘味のあるウィスキーがおすすめです。

⚫︎シーバス・リーガル(スコットランド)

シーバスリーガルは、200年以上の伝統を持つ、スコッチウイスキーを象徴するブランドです。

現在は200以上の国と地域で販売されている、世界的にも人気なウイスキー。

世界トップ5のシェアを誇るブレンデッド・ウイスキーは職人たちによって代々受け継がれてきました。
ハチミツや果実を感じるアロマと、バニラや完熟りんごのようなまろやかでクリーミーな味わいは、チョコレートの風味と一緒にステキな余韻を醸します。
ハイボールにしても、ロックにしてもクセが少なく飲みやすい点も魅力的ですね。

シーバスリーガル 12年 ブレンデッドスコッチウイスキー ギフト箱入り スコットランド 700mlの購入はこちら

⚫︎山崎(日本)

「山崎」を造っている山崎蒸留所は、京都の西南にあります。
温暖かつ湿潤という好条件な環境や日本名水百選にも選ばれた綺麗な水の揃う山崎は、ウイスキーづくりの理想郷。
ここでこだわりのジャパニーズウイスキーが誕生しました。

2014年には、世界一のシングルモルトに選ばれた「山崎」。
シングルモルトウイスキーというのは1つの蒸留所でつくられた、大麦麦芽のみを原料とする「モルトウイスキー」だけを瓶詰めしたものです。

多様な原酒を合わせることで、個性が重なり合い、華やかな香りと甘くなめらかな味わいが実現しました。
熟した果実のような芳醇な甘みとミルクチョコレートと出会う瞬間は、まさに運命的。

ちなみに、サントリーの蒸留所見学ツアーに参加すると、試飲の際はチョコレートが供されます。
それだけ、山崎とチョコレートは相性抜群なんですよ。

サントリー シングルモルトウイスキー山崎ギフト カートン付き 700mlの購入はこちら

ビター系チョコレート

カカオの香ばしさがじゅわっと迫るビター系チョコレートには、爽やかな香りを持つウィスキーやスモーキー・スパイシーなウィスキーがぴったりです。

⚫︎ボウモア15年ダーケスト(スコットランド/アイラ島)

1779年に創業したアイラ島最古の蒸留所で造られており、“アイラの女王”とも呼ばれる「ボウモア」。

15年ダーケストは15年熟成のボウモアを、シェリー樽で熟成させたものです。
2010年香港インターナショナルワイン&スピリッツコンペティション金賞受賞し、ISC2016年でも金賞を受賞する実力派ウイスキー、世界のウイスキーファンからも注目されています。

アイラ島のシングルモルト独特のスモーキーさに、やわらかな果実の香りや甘みを感じ「ボウモア15年ダーケスト」。
バーボン樽で12年間熟成させた原酒を、さらにオロロソシェリー樽で3年間更に熟成させるという一手間を加えることで独特な味わいを生み出しています。

ダークチョコレートのような余韻が、ビターなチョコレートの風味をキリッと引き立たせます。

シングルモルト ウイスキー ボウモア 15年 ダーケスト 700mlの購入はこちら

⚫︎タリスカー 57° ノース(スコットランド/スカイ島)

タリスカーが生産を開始したのは1830年、日本でいうと幕末にさしかかった時代です。
自然と海に育まれた環境で、創業当時からの製法を貫き通しています。

タリスカー 57° ノースはアメリカンオークのリフィル​​樽で熟成されたシングルモルトウイスキーです。
こちらのウイスキーはタリスカー蒸留所の緯度に合わせて、アルコール度数57度でボトリングされました。

口当たりは甘いですが、だんだんとスモーキーな香りが広がる力強いウイスキーです。
後に残るブラックペッパーのようなピリピリとした余韻は、ビターでスパイシーなチョコレートにぴったり。

チョコレートの風味とケンカするようで、実はお似合いのカップルという感じは、まさに熟年夫婦の風格!?

タリスカー 57° ノース 箱入り 700mlの購入はこちら

ホワイトチョコレート

クリームのような口溶けが心地いいホワイトチョコレートには、バニラが香るふくよかな甘味のウィスキーがよく合います。

⚫︎メーカーズマーク(アメリカ)

アメリカ・ケンタッキー州の小さな蒸溜所からでつくられている「メーカーズマーク」。
230年という長い歴史の中で、ノウハウを受け継ぎ、由緒ある最高品質のバーボンウイスキーを作り続けています。

原材料は、一般的にバーボンウイスキーに使用されるライ麦ではなく、冬小麦を使用するしています。
小麦を使用することでライ麦よりも繊細な甘みとなめらかさを生み出しています。

また、現代社会では珍しく、効率よりも品質を優先するために、手作業での作業を基本としています。
世界中からの評価も高い最高品質のバーボンは、唯一無二のハンドメイドだからこそ造ることができます。

クリーミーな味わいのハイクオリティーバーボンは、ホワイトチョコレートにぴったり。
贈り物としても最適ですよ。

バーボンウイスキー メーカーズマーク 700mlの購入はこちら

⚫︎ブッシュミルズ(アイルランド)

1608年創業と言われている、現在操業中のアイリッシュウイスキー蒸留所の中では世界最古の歴史を誇っています。

アイリッシュウイスキー伝統の3回蒸溜製法を現在も続けており、スモークしていない麦芽であるアンピーテッドモルトと100%麦芽化したノンピート麦芽を組み合わせて使用したモルト原酒にこだわっています。

3回の蒸留により、軽くでフルーティな味わいを生み出しています。
またアンピーテッドモルトの使用が、スモーキーさや土臭さなどウイスキー独特の飲みにくさを低減し、親しみやすいスタイルになっています。

こちらの「シングル・モルト10年」は、蒸留の特長がよくあらわれた、甘くスパイシーな味わいが特徴です。

スコットランドに比べ、クリーンでスムースな味わいのアイリッシュ・ウィスキー
中でもブッシュミルズは、絹のようにしっとりした甘みとキャラメルのような香ばしいうまみが秀逸。
ホワイトチョコレートとの相性もとても良いですよ。

ブッシュミルズ シングルモルト10年 角箱 700ml 40度 [並行輸入品]の購入はこちら

1 2

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ