ホーム > 日本酒 > これぞ大人のデザート酒!甘口で高級な日本酒『貴醸酒』の魅力とは

これぞ大人のデザート酒!甘口で高級な日本酒『貴醸酒』の魅力とは

日本酒について思い浮かべてみると、全体的に甘口より辛口の銘柄のほうが多いという印象を受けるかもしれません。

甘口の日本酒をもっと飲んでみたいという方や、もっと甘い日本酒が飲みたいという方は貴醸酒(きじょうしゅ)に手を伸ばしてみるのはいかがでしょうか?

そこで今回は、甘口日本酒の頂点、貴醸酒の魅力についてご紹介します!

貴醸酒ってどんな日本酒なの?

◼︎貴醸酒とは?

先ず第一に貴醸酒とは、普段私たちが飲んでいる日本酒と何が違うのでしょうか。

当然ながら、貴醸酒は日本酒の一種なのですが、その最大の特徴は仕込み水の全部、または一部に日本酒が使われていることなのです!
つまり日本酒で日本酒を仕込んでいるということになりますね。
そのため、私たちが普段飲んでいる日本酒よりも原価が高くなるので、少し高級な贅沢な日本酒になります。

貴醸酒は基本的に琥珀色がかかった色味をしています。
味わいの特徴は濃厚で甘く、少しとろみがあることです。こうした味わいのため、主に食後酒として親しまれています。

◼︎貴醸酒はいつ生まれたの?

貴醸酒が生まれたのは1973年。意外と歴史の浅いお酒です。

当時の日本は、国賓の晩餐会で海外のお客様をおもてなしする際にはフランス産のシャンパンやワインを出していました。
日本で開かれている晩餐会なのに、『日本のものではなく海外のお酒で海外のお客様をおもてなしする』という矛盾を疑問に思い立ち上がったのが国税庁醸造試験所(現・酒類総合研究所)です。

このような経緯からお客様をおもてなしするための“高級な日本酒”として誕生したのが「貴醸酒」です。

貴醸酒は、先ほども説明した通り、日本酒で日本酒を仕込んでいます。
実はこの製法、平安時代の法令集である「延喜式」の中の「しおり」という古代酒の醸造方法を参考に生まれたのだそう。
歴史が浅い貴醸酒ですが、平安時代と通じている、と考えると実はとても歴史のあるお酒ですね。
そして現在でも貴醸酒はこの製法で造られています。

◼︎貴醸酒が甘くなるのはどうして?

通常、日本酒を作る工程は「三段仕込み」と呼ばれています。
三段仕込みとは日本酒を醸す「初添」・「仲添」・「留添」の3ステップのことです。
(3回の仕込みが基本ですが、もっと回数を多くして四段仕込みや十段仕込み…なんてものもあります)

三段仕込みの場合、通常の日本酒は“水→水→”と仕込みますが、貴醸酒は“水→水→”と仕込みます。

お酒が甘くなるのは、最後に酒を加えることで、糖分を分解しアルコールを生み出す清酒酵母が弱り、糖分が分解されずそのまま酒中に残るからです。

アルコールを生み出す酵母がアルコールによって弱ってしまうなんて驚きですね…!!

1 2

日本酒の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ