ホーム > コラム > 知識・雑学 > 夏にこそ飲む日本酒?!暑い日にピッタリな「夏酒」とは?

夏にこそ飲む日本酒?!暑い日にピッタリな「夏酒」とは?

皆様こんばんわ!
 
NOMOOOライターの鍛治でございます。普段は日本酒専門の酒場にて働いています。日本酒消費の最前線から旬な情報をお届けしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
 
梅雨明けも間もなくとなってまいりましたが、この時期、日本酒をメインに置く飲食店の冷蔵庫は、青色率が高くなっています。サムライブルーというわけではないのですが、お店には、夏向けに各蔵から出されている”夏酒”が多く入荷する季節です。
 
 

夏酒とは

冷蔵庫


 
夏酒というのは、ここ数年多くの酒蔵から発売されている夏向けの日本酒です。
 
従来父の日以降は、秋口に”ひやおろし”が発売されるまで日本酒の売上は低迷していました。そこで、暑い夏でも飲みやすいタイプの日本酒を!ということで、夏酒が発売されるようになってきました。
 
 

夏酒をタイプ別に分けてみる

夏酒タイプ別


 
現在では各蔵から、それぞれの解釈の夏のお酒がそろい、非常にバリエーション豊かです。そこで、夏本番を前に、この時期抑えておきたい夏酒をタイプ別に見ていきたいと思います。
 

スーパードライタイプ

SakeD3067_1800_3


出典:佐野屋
 
夏酒というと、基本的に後口すっきりタイプのお酒が多くなります。ビールでいうところのスーパードライのようなタイプですね。より後キレを出すためにアルコールを添加し、大吟醸や吟醸酒であることも多いです。
 

白ワインタイプ

th_fd401449


 
スッキリとしたキレを実現するために、きりっとした酸味を出す酒蔵もあります。飲み口は白ワインのようなタイプです。グレープフルーツのような柑橘系の酸味が特徴的で、焼酎でもっぱら使われる白麹で仕込まれているタイプ。ワイン用の酵母を使い、アルコール度数も低めに醸されているタイプ。酸味のタイプもさまざまです。
 

オン・ザ・ロックタイプ

th_fd401483


 
氷を浮かべてロックで飲むことを推奨するタイプもあります。濃い味わい、高めのアルコール度数で氷が溶けても味わいが負けないタイプです。冷たい温度でクイクイ飲めます。
 

バリエーションタイプ

title


出典:千福 夏にごり
 
その他にも4つのカテゴリーの枠に収まりきらない、様々なタイプがあります。ドライなタイプのニゴリ酒ブルーハワイの色がついているもの微炭酸の活性にごり、などなど。
 
 

まとめ

以上のように現在主流の夏酒は、大きく分けると4タイプに分けられます。
 
・スーパードライタイプ・・・後味がスッキリとしたタイプ
・白ワインタイプ・・・キリッとした酸味を感じる白ワインのような飲み口のタイプ
・オン・ザ・ロックタイプ・・・味わいが濃く、アルコール度数が高めなタイプ
・バリエーションタイプ・・・ニゴリ、微炭酸、色のついたタイプなど

 
いずれにしても、暑い夏の日でも日本酒飲んでみようかな?!と思わせるような、すっきりとした飲み口のものが多いですね。
 
今年は、「とりあえずビールで乾杯!」ではなく、「夏こそ日本酒でカンパイ!!」を始めてみませんか?!
 
 

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ