TOP / お酒を選ぶ / ウイスキー / ウイスキーファンなら知っておきたい!日本のオススメ地ウイスキー10選

こんにちは!皆さんは、地酒ならぬ「地ウイスキー」という言葉をご存知ですか?「地ウイスキー」とは一言で言うと、大量生産されていない、地方のウイスキーのことです。醸造所が、多くの場合、他の酒類の醸造所と並列して建造されているのも特徴といえるでしょう。

今回はそんな「地ウイスキー」をピックアップ。日本のオススメ地ウイスキー10選をご紹介します!これを読めば、日本を旅した気分になれるかも?それでは一緒に、地ウイスキー巡りを始めましょう。

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル

埼玉・秩父の地ウイスキー「イチローズモルト」。柑橘系を思わせる香りが爽やかで、甘みがあり軽やか、そして原酒の深いコクを感じる味わいが特徴です。

自然の状態にこだわられ、ノンチフィルター(冷却濾過なし)、ノンカラー(無着色)で仕上げられた商品ですが、その色合いは明るく、輝きのあるゴールドが美しく主張しています。

9蒸留所のモルト原酒、2蒸留所のグレーンウイスキーをブレンドして完成した同商品。様々な原酒が織りなす、複雑で奥深い味わいを、是非ご堪能ください。

ローヤル クリスタル

ワインで有名な山梨県。その山梨ワイナリー「モンデ酒造」が、ワイン造りで培った技術力を応用して造り上げたのが、この「ローヤル クリスタル」。ブドウの房がモチーフにされている、特徴的な瓶からも、ワイナリーらしさを伺うことができますね。

モルトウイスキーと、グレーンウイスキーをブレンドした後に樽詰めをし、10年以上熟成させたのが同商品です。味わいは個性的で、一度飲むとクセになります。

瓶・中身、共に個性が強いブレンデッドウイスキー。普通のウイスキーは飲み飽きたって方には、是非ともオススメの商品です。

購入はコチラから

マルスウイスキー エクストラ

鹿児島・山梨・長野に合計7つの蔵を持つのが、「マルスウイスキー」の製造元「本坊酒造」です。地ウイスキー西の雄と呼ばれた同商品は、鹿児島工場で造られています。

かつて一世を風靡した同商品。話題となったその独自のブレンドからは、日本人の香味嗜好に合わせて発展してきた、ジャパニーズウイスキーとしての繊細な味わいを感じ取ることができるでしょう。

1,800mlで2,460円程度とお手頃価格でもあります。まだ飲んだことがない方は是非、間違いなく地ウイスキーの代表の一つである「マルスウイスキー エクストラ」を味わってみてください!

created by Rinker
MARS
¥2,791 (2020/10/01 11:35:13時点 Amazon調べ-詳細)

サンシャイン ウイスキー

文久2年(1862年)創業の日本酒メーカーが、1952年にウイスキー製造免許を取得。こうして誕生したのが、富山の地ウイスキー「サンシャイン ウイスキー」です。
その名は、戦後全てを失った日本で、水と空気と太陽光からなる蒸留工業により、また日を昇らせようとの想いから名付けたと言われています。

昔ながらの地ウイスキーらしい、複雑で奥行きのある味わいが特徴。地ウイスキー初心者のスタンダード商品として、その歴史と共に味わって欲しい商品です。

スコッチと自家蒸留のピーテッドモルトを、ブレンドしたことにより生まれる、同商品の深い味わいを是非堪能してください。

created by Rinker
サンシャイン
¥3,474 (2020/10/01 11:35:13時点 Amazon調べ-詳細)

ゴールデンホース 武州

埼玉の地ウイスキー「ゴールデンホース 武州」。3年以上熟成された、スコットランド産ブレンデッドウイスキーをベースに、スコットランド産モルトをブレンド。オーク樽で熟成させることにより、同商品は誕生します。ふんわりと広がる甘み香り、トータルでバランスの良いまろやかな味わいが特徴です。

製造元である東亜酒造は、昭和37年にウイスキー製造を開始しましたが、平成16年に製造を休止します。その後、平成27年にウイスキー事業を再開したという歴史があります。

ウイスキー界に舞い戻ってきた東亜酒造。同酒造が造る、復活の一杯を是非堪能してみてください。

created by Rinker
東亜酒造
¥2,973 (2020/10/01 11:35:14時点 Amazon調べ-詳細)

チェリーウイスキー

「チェリーウイスキー」を造る「笹の川酒造」は創業1765年、福島の酒造にして、東北唯一のウイスキーメーカー。着々と全国に広まっていき、その評判は確かなものです。

気品ある香りコクを感じさせながらも透明感のある、スッキリとした味わいが特徴。ウイスキーが苦手な方にも試していただきたい商品です。

酒どころとして、近年話題の福島。注目のスポットの地ウイスキーを、是非味わってみてください!

ホワイトオーク 地ウイスキーあかし

兵庫県明石市の蔵元「江井ヶ嶋酒造」。名前の通り、明石の地ウイスキーが同商品です。スコッチの本場イギリスから、大麦麦芽を輸入。明石の蒸留所で蒸留・貯蔵熟成させた、スコッチタイプのブレンデッドウイスキーとなっています。

華やかなモルトの香り淡麗でやや辛口タイプの味わいが特徴。ロックやハイボールなどで、気軽に楽しんでいただくのがオススメです。

地ウイスキーながら、本場の原料を使用するこだわり。スタンダードな一本として是非、あなたの日々を潤す一本にしてください。

サッポロウイスキー

北海道・札幌。極寒の地に構える、札幌酒精が造り上げるのが、この「サッポロウイスキー」です。

数種類の長期熟成モルトをブレンド。その後それを再貯蔵させることで、じっくりと熟成していき完成したのが同商品です。

こだわりの製法で造られたこのウイスキーは、複雑ながらまとまりのある、独特のコクが特徴です。是非、ウイスキー通だという方は堪能してみてください!

created by Rinker
サッポロウイスキーSS
¥2,250 (2020/10/01 11:35:16時点 Amazon調べ-詳細)

レインボー三州

愛知県の、相生ユニビオが造る地ウイスキー「レインボー三州」。12年じっくりと貯蔵された同商品は、風格ある一本と呼んでいいでしょう。

歳月により円熟した、まろやかな舌触りと芳醇な香り。良質なモルトにより、その酒質からは深みを感じることができます。

確かな味わいは、自分用はもちろんのこと、贈答用にもピッタリです。大切な人へのギフトとして、同商品を選んでみてはいかがでしょうか?

created by Rinker
相生ユニビオ
¥29,800 (2020/10/01 11:35:16時点 Amazon調べ-詳細)

ピーク ウイスキー

岐阜県の、玉泉堂酒造が造る地ウイスキー「ピーク ウイスキー」。コストパフォーマンスに定評があり、特にハイボール好きな方にはオススメの一本です。

英国産のスコッチウイスキーと、自社製ウイスキー(モルト)をブレンド。その後、再度貯蔵し10年熟成させます。更にその後グレーンウイスキーをブレンドし、6年貯蔵することで同商品は完成します。

長い時間、丹念に熟成されたことにより生まれるまろやかさ。是非その味わいをあなたの舌で確かめてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?以上が「ウイスキーファンなら知っておきたい!日本のオススメ地ウイスキー10選」でした。

原料から、ブレンドの配合、熟成期間など、様々な要因で味わいが変わってくるウイスキー。今回はそんな、奥の深いウイスキーの世界から、様々なタイプのウイスキーを紹介できたかと思います。

手頃な価格なものもあるので、是非気軽にウイスキーを楽しんでみてくださいね!この記事が、あなたのウイスキーライフを少しでも豊かにできれば幸いです。