ホーム > コラム > 知識・雑学 > コンビニで買えるのに美味しい日本酒!ワイングラスで飲みたい大吟醸『越後桜』の魅力

コンビニで買えるのに美味しい日本酒!ワイングラスで飲みたい大吟醸『越後桜』の魅力

日本酒好きな皆さんの中には、品質にこだわるあまり「スーパーやコンビニで日本酒は買わない!」という方もいるのでは?

そんな飲まず嫌いなあなたにも飲んでほしい、身近で美味しい日本酒が新潟の日本酒「越後桜」です。

大吟醸酒でありながら手頃な価格設定と、コンビニでも買える手頃さが魅力のお酒。安いとはいえ、その味わいは実力派です。

今回はそんな越後桜と、その蔵元・越後桜酒造についてご紹介します。

越後桜ってどんなお酒?

越後桜は、私たちの一番身近なところで売られているお酒のひとつ。よくコンビニやスーパーで、不織布に包まれた姿で置いてあるのを目にしたことがある人も多いと思います。

「越後桜」は新潟県の越後桜酒造の主要銘柄です。その中でもよく目にする「越後桜 大吟醸」は、50%まで丁寧に精米された酒米を低温でじっくり仕込んで作られたお酒。大吟醸酒であるにもかかわらず、その手頃な価格が魅力の商品です。

「大吟醸を日常酒として気軽に飲んで欲しい」という想いが込められているそうで、今では蔵で出荷量一番の大人気のお酒になっています。

その味わいはというと、バニラやバナナのようなフルーティーな吟醸香がたち、ふくらみのある米の旨みと少しの苦みが感じられます。するっと飲みやすく、新潟のお酒らしい淡麗辛口に近い味わいです。

●ワイングラスでおいしい日本酒


越後桜 大吟醸は、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」で、5年連続金賞(2015年は最高金賞)を受賞しています。海外では一般的なワイングラスでお酒を飲むスタイルにより、日本酒の香りの楽しさと見た目の美しさは一層際立ちます。

このコンテストは、ワイングラスの力を認識し、新たに見出された日本酒の魅力を広く伝えていこうという趣旨に賛同した専門家達の評価によるコンテストです。2011年から開始され、日本全国から約200蔵から300点以上の応募がある、現在最大規模のコンテストです。

そんな大きなコンテストで金賞や最高金賞を獲得するほどの実力を持っている越後桜。ほかにも全国新酒鑑評会での金賞や、関信局鑑評会でも優秀賞をとるほどのお酒です。

ワイングラスで飲んでみると、その香り高さを一層感じることでしょう。購入した際には、グラスの違いによる味わいの変化を楽しんでもよいかもしれませんね。

●高精白の新潟米と、越後の山々から恵まれた軟水を使用


新潟らしい、柔らかくまろやかな美味しさは、高精白の新潟米と越後の山々から恵まれた軟水を使用し、低温でじっくり仕込まれたことによって実現しています。

蔵があるのは、米どころとしても有名な新潟県阿賀野市。『越後桜』の酒に多く使われている「こしいぶき」も、もちろん地元産です。また、水質の良い阿賀野川水系の豊富な水にも恵まれています。これら米や水といった自然の資源と、造り手の技とがひとつになって、「越後桜」の味わいは造り出されます。



越後桜酒造について


越後桜酒造は、白鳥の飛来地・瓢湖(ひょうこ)のある新潟県阿賀野市で、豊かな自然に囲まれて酒造りを行っています。元は「越の日本桜酒造」という名前でしたが、2009年に「越後桜酒造株式会社」に社名を変えました。同酒造はさいたま市に本拠を置く、世界鷹小山家グループの酒蔵となり、リーズナブルな吟醸酒路線で売り上げを伸ばしています。

一般的に高級酒とされる大吟醸酒が、どうしてリーズナブルな価格で購入できるのか。その秘密は蔵の設備にあります。

2009年に全面改装した「白鳥蔵」には、大吟醸酒を効率よく醸造することができる設備が整っており、ほぼ年間を通して生産することが可能となっています。フレッシュローテーションが可能なことから、品質の良さと手に取りやすい価格との両立が実現しているのです。

白鳥の飛来地としての由来より「白鳥蔵」と名付けられたこの蔵は、観光蔵として年間を通して酒蔵見学を行っています。

売店では限定の生酒を試飲したり購入したりすることができるので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

酒造ホームページはこちらから

おすすめの商品

●越後桜 大吟醸

繊細な酒質は、ワイングラスに注いで味わうのにぴったりな味わい。華やかな香りが立ち、旨みがありながらすっきりとした後口です。主な原料米には酒造好適米の「山田錦」が使われているにもかかわらず、手頃なお値段で、しかも多くのスーパーやコンビニで手に入るという身近さが魅力の、まさに「テーブル大吟醸」です。

購入はコチラから

●越後桜 特撰 純米酒

越後桜シリーズの中でも、特に手軽に楽しめるのがこの特撰純米酒。お米の味わいが引き出されており、旨さと辛さが共存したお酒です。飲み飽きしないバランスの良さが魅力で、毎日の晩酌にもぴったり。冷やから燗までどの温度帯でも楽しめます。

購入はコチラから

●越後桜 純米大吟醸

「大吟醸 越後桜」のワンランク上を目指して作られた純米大吟醸酒です。米を精米歩合45%まで磨き、きめ細かい口当たりや華やかな香りが一層際立っています。キリっと冷やしてワイングラスに注ぎ、大吟醸との個性の違いをじっくり楽しむのもおすすめです。

購入はコチラから

●越後桜 白鳥蔵

観光蔵の名を冠した、新潟県内限定のお酒です。新潟県産の原料米にこだわり、米の旨みがしっかりと感じられます。紙パックのお酒なんてと思う方もいるかもしれませんが、実は紙パックは紫外線による酒の劣化を防ぎ、持ち運びにも便利という利点があるのです。さまざまなシチュエーションで気軽に飲んでほしいという思いで作られたこのお酒は、冷やでも燗でも、好みの温度帯で楽しめます。

購入はコチラから

越後桜の口コミ・評価

値段で判断した人が、あまり良い評価を書き込まないのでは?と心配しましたが、そんなことはなく、好意的な声がたくさんあがっていました。お酒好きの方々は、ちゃんと飲んでから判断する良識をお持ちのようです!

美味しいかな🤔 #越後桜#清酒#新潟

A post shared by Hiroshi Furukawa (@furuchaaan) on

まとめ

最も身近な日本酒で、味わいにも満足できる越後桜。

見たことあるけど買ったことはないなあという人も、安いからと敬遠せず、ぜひ一度手に取ってみてください。きっとその実力に驚かされることでしょう!!

越後桜はインターネットから購入できます

購入はコチラから

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ