ホーム > お酒の教科書 > ワイン > ワインを美味しく変身させる!?「デキャンタ」を使う本当の意味とは

ワインを美味しく変身させる!?「デキャンタ」を使う本当の意味とは

見た目がブドウジュースのような赤ワイン。
一見甘くて飲みやすそうですが、実際飲んでみると渋くて飲めなかった…なんて経験はありませんか?

それ、“デキャンタージュ”をしていないことが原因かも…!?

ということで今回は、ワインをより美味しく飲みやすくするための一手間、“デキャンタージュ”を解説していきます!!

デキャンタってなに?

みなさんはレストランなどで、ワインが大きめのガラス容器に移されているところを見たことがありますか??

あの、ガラスの容器こそ「デキャンタ」です。

そして、この「デキャンタ」にワインを移し替えることを「デキャンタージュ」と呼びます。

デキャンタージュを行う理由は大きく2つ。

1つ目はワインの底に溜まった「澱」がワイングラスの中で舞わないように取り除くため、もう1つは熟成の十分進んでいない若いワインを空気に触れさせて酸化させることで香りを開かせるためです。

特に香りを開かせる、というのが美味しくワインを飲むために欠かせないこと。
ワイン特有の渋味の原因の1つであるタンニンを和らげることで味がまろやかになる他、ワイン本来の複雑な香りを取り戻すことができるのです。

デキャンタージュが必要なワイン

 

①若い赤ワイン

まだ熟成しきっていない若い赤ワインに対して、デキャンタージュを行うことは有効です。
先ほども少しご説明しましたが、空気にワインを触れさせることで酸化を進めることができます。

酸味やタンニンの強いワインは、ワイン用語で“閉じている”と表現されますが、この閉じているワインを開かせることが目的です。

複雑な香りを生み出すことができますよ!

②冷やしすぎたワイン

エールビールなども同様ですが、香りのあるものを冷やしすぎてしまうと、本来の香りを感じられなくなってしまいます。
美味しいはずのワインなのに......それじゃぁすごくもったいないことですよね。

そこで、デキャンタに移し替えることでワインの温度を上げることも期待できます。

ここで注意したいのは、デキャンタに移し替えたワインはその日のうちに飲みきるということ。
酸化しすぎてしまうと、ワインが劣化して美味しく飲めなくなってしまいます。

③ボルドータイプのワイン

ボルドータイプのワインは、赤ワインの中でもデキャンタージュをすることで味わいが変化しやすいと言われています。

渋味が強く、飲みにくいワインですが、一手間加えることで、香りは強く、味わいはとてもまろやかになり、とても飲みやすくなるんですよ。

逆にブルゴーニュタイプ、特に「ピノ・ノワール」は、デキャンタージュに向いていないと言われています。
酸味が強くなりすぎて、逆に飲みにくくなってしまうんだそう。

デキャンタージュをすれば美味しくなる、というわけではなく、きちんとどのワインに使うべきなのかを見極める必要があるんですね!!

1 2

お酒の教科書の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ