ホーム > コラム > 知識・雑学 > 食事に合う究極の日本酒!宮城の銘酒「伯楽星(はくらくせい)」の魅力に迫る

食事に合う究極の日本酒!宮城の銘酒「伯楽星(はくらくせい)」の魅力に迫る

今回は宮城県の日本酒「伯楽星(はくらくせい)」の魅力を徹底解説!

こちら"食べることが好きな人"にオススメの日本酒です。つまりは、ほぼ全員にオススメしたい日本酒なんです(笑)

というのも「伯楽星」は、究極の食中酒をうたっている日本酒!
日本酒は昔から、料理とともに楽しむ食中酒として親しまれてきました。その中で究極と銘打たれた「伯楽星」。

どんな人が、どんな想いを込めて醸したのか、、、気になりますね!

「伯楽星」とは?

「伯楽星」は、2002年(平成14年)に生まれた「新澤(にいざわ)醸造店」の日本酒ブランド。"新澤 巖夫"氏が、宮城県最年少杜氏に就任したのと同時に誕生しました。

新澤氏は、東京農業大学在学中の20歳の時に、利き酒選手権で優勝するという類稀な才能の持ち主。そんな彼が、究極の食中酒を目指し醸したのが「伯楽星」です。

「伯楽星」は、開封時に味わいのピークを迎えるよう、出荷される地域や季節を考慮し、やや若い状態で出荷されます。きめ細かな管理体制で、理想とする酒質を維持しているんですね!

「伯楽星」の特徴は、インパクトを求めない、静かに食へと寄り添う飲み飽きしないバランスです。それ故に、料理の香味を邪魔せず引き立てる、食中酒として抜群のポテンシャルを発揮します。

この特徴こそが、究極の食中酒と呼ばれる所以なんです。さて次は、そんな「伯楽星」を醸す「新澤醸造店」に迫りますよ!



「伯楽星」を醸す「新澤醸造店」とは?

「新澤醸造店」は、1873年(明治6年)創業以来、140年にわたり宮城県大崎市で続いていた老舗蔵です。しかし2011年(平成23年)3月11日に発生した、東北地方太平洋沖地震の影響で蔵は全壊、美しい赤瓦をのせた歴史ある酒蔵は、取り壊すほかありませんでした。

しかし、ただでは終わらないのが「新澤醸造店」です。被災している中、細心の注意を払いながら酒造りを敢行。東北酒応援ブームによる需要急増で、被災地各蔵の酒が欠品する中、一度たりとも品切れを起こさないという離れ業を成し遂げます。

その後、蔵の移転・再建を決断。震災から僅か8ヶ月余りで、蔵王山麓の村田郡川崎町で、新蔵への移転・製造再開を実現させました。
更に、2013年(平成25年)には、旧蔵のあった三本木に本社事務所兼店舗を再建。大震災から約2年半で完全復活を遂げたのです。

国内屈指の、近代的な酒蔵へと生まれ変わった「新澤醸造店」。大型冷蔵倉庫や最新鋭の自社精米機を導入するなど、これまで以上に徹底した品質管理と出荷管理により、一層の酒質向上が成されています。

「新澤醸造店」の歴史・想いは、これからも紡がれていくことでしょう。そんなストーリーを知ってから飲む日本酒は、きっと今までよりも深く味わうことができるはずです!!

「伯楽星」シリーズ

伯楽星 特別純米

山田錦の、ふくらみのある爽やかな旨味、キレのある酸が特長。旬の魚介類のお造りや、魚介系の鍋、茶碗蒸しなどとよく合います。

購入はコチラから

伯楽星 純米吟醸

宮城県産の酒造好適米、蔵の華のシャープな特徴を生かした、なめらかな口当たり、繊細ですっきりした味わいが広がった後にすぐ消える、疾走感溢れるお酒。
魚介類全般、出汁系、燻製もの、チーズ類、スモークサーモンや生ハムのサラダなど、幅広い料理と抜群の相性を見せます。

購入はコチラから

伯楽星 純米大吟醸

精米歩合40%。岡山県産の雄町を使用した伯楽星の限定醸造酒です。雄町らしいふくよかさと、伯楽星らしいシャープさを備える、絶妙なバランスに仕上げられています。
旬の魚介類のお造り、スープ類、天ぷら、チーズ類などとよく合います。ちなみに、JAL国際線ファーストクラス搭載酒とのこと。

購入はコチラから

伯楽星 純米大吟醸 特A地区東条秋津産山田錦29%

精米歩合29%。最高ランク、秋津地区の山田錦だけを使用した、伯楽星の最高峰です。上品な果実香、ふくよかで柔らかい甘みがパッと開いて、すっと消えます。
生牡蠣、白身魚のお造り、スモークチーズなどと特に好相性。また、食前酒として乾杯に使うのもオススメです。

購入はコチラから

「伯楽星」の口コミ

伯楽星get🤩🤩🤩 #伯楽星#伯楽星純米吟醸 #鳴子温泉 #川渡温泉 #GTオート

Hidenobu Sugaiさん(@runholic1)がシェアした投稿 -

今年の夏の伯楽星純米大吟醸が感動的…!(いつも感動するけど♡) 去年は酸が際立ってサッパリしてた気がするけど、今年のはいつもの爽やかテイストに甘味が乗っていて至福の時をもたらしてくれる。飲ませ上手な伯楽星の今までとは変わった味わいに新澤酒造店様の懐の深さを感じてならない。 #伯楽星#伯楽星純米大吟醸#日本酒#SAKE#伯楽星を語ったら朝になる#最も信用している銘柄のひとつ#最高位#宮城県の酒#ひやおろしも買わなきゃ#妥協なき姿勢に感服#旨い酒#スゴい酒#飲ませ上手#三杯目からが本領発揮#特別純米酒の飛び切り燗なんて心のハイオクだよ#伯楽星愛してる#人生における素晴らしい出逢いのひとつ#本日は開栓4日後

1128RISEINSIDEさん(@1128riseinside)がシェアした投稿 -

まとめ

今回は、究極の食中酒「伯楽星」を紹介しました。計算され尽くしたバランスは、幅広い料理と抜群の相性を見せます。
美味しい料理、美味しいお酒、そしてその二つが互いを引き立てた時、食事はさらに素晴らしいものになるでしょう。
ぜひあなたも、食事の新しい次元に行ってみませんか?

シリーズ購入はコチラから

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ