TOP / お酒を選ぶ / ビール・発泡酒 / 【ビールの雑学】ABVってなに?知ると得するビールの基準値

みなさんは、クラフトビール専門店などでたまに見かける「IBU」や「ABV」「SRM」という単語はご存知ですか?
これらは全てビールで使われる基準の数値なんです。
今回は「ABV」という数値について詳しく見ていきましょう!

ABVってなんだろう?

ABV」というのは「Alcohol By Volume」の略称、つまりアルコールの度数を示す数値です。
日本人がよく飲む『アサヒ スーパードライ』や『キリン 新一番搾り』、『サッポロ 黒ラベル』といったメジャーなビールのABVは4%~5.5%程度のものが多くなっています。

しかし、世界に目を向けてみるとABV67.5%という驚くほど高アルコールビールなどもあるのです。

アルコールの度数とは?

私たちは普段、何気なくアルコールの度数を使っていますよね。「これはアルコール○%だからお酒が弱くても飲めそう!」といった会話を、居酒屋やバーで耳にする機会も多いでしょう。

しかし、そもそもアルコールの度数って何を表している単位なのか知っていますか?

正解は「お酒に含まれるエタノールの体積の割合」。

お酒の濃度に使われるのは、「体積パーセント濃度*」という単位です。

*溶質の体積÷溶液の体積×100=体積パーセント濃度

注意したいのは、液体の組み合わせによって混ぜると体積が増えたり、逆に混ぜると体積が減ったりするものがあるため、溶液の体積は溶質の体積と溶媒(溶質をとかしている液体)の体積の和ではないということです。

ちなみに「○%」と「○度」と2つの表し方がありますが意味は全く同じで15℃の時に含まれるエタノールの割合を示しています。

なんだか学生時代の化学の授業を思い出しますね…...。

難しいお話はここまでにしましょう!!

まとめ

「ABV」という数値と、アルコール度数について詳しくなれたでしょうか?

ビールの単語や知識が少しあると、ビール専門店に行った時に自分の好みのビールが見つけやすくなるだけでなく、節度を守った飲酒にもつながります。

正しい知識を持って、楽しいビールライフを送ってくださいね!