ホーム > コラム > 知識・雑学 > 人気の純米酒ランキングtop10!本当に美味い日本酒はどれだ?

人気の純米酒ランキングtop10!本当に美味い日本酒はどれだ?

日本酒の中でもアルコールを添加せずに作られた純米酒には並々ならぬこだわりがあるという方は多いのではないでしょうか。

「もうこの1本しか飲みたくない」「いつも飲むものは決めている」という方もいるかもしれませんね。

とはいえ、純米酒の銘柄は数多くあり、どれもこれも美味しいものばかり。やはり色々な銘柄の日本酒、特に美味しいと評判の日本酒は味わっておきたいものです。

こちらでは、NOMOOO独自の純米酒ランキングを発表します。日本酒には詳しくなくて、どれを選べばいいのかわからない、という方もぜひ参考にしてみてくださいね。

10位:大七酒造 大七 純米生もと

「大七 純米生もと」は、その名の通り、時間も手もかかる日本酒の伝統的な手法「生酛(きもと)造り」で造られたに日本酒です。福島県二本松市の大七酒造は、創業以来、ずっとこの生酛造りを守り続けています。

お酒自体のしっかりとした味わいがありながらも、高級食材を使用した料理との相性も抜群なことから、日経新聞「何でもランキング」の、「おせち料理によく合ってお燗にすると美味しい日本酒」第1位に選ばれました。白桃のようなと称される上品な香りや、旨味と酸味のバランス、コクや後味のキレで高評価を得ています。

手に入りやすいことも純米生もとの魅力のひとつ。酒販店はもちろんのこと、百貨店やスーパーなどでも購入できますよ。

年末からお正月用にかけて呑もうと思って買った。すっきりと癖のない吞み口でよかった。 出典:Amazon:純米生もと

9位:ほまれ酒造 会津ほまれ 純米大吟醸 極

「会津ほまれ 純米大吟醸 極(きわみ)」は、福島県喜多方市にあるほまれ酒造の純米大吟醸。全国新酒鑑評会で金賞を13回、世界的なワインコンクールIWCでゴールドメダルを2年連続で受賞した中島杜氏が造っています。フルーティな香りがする、コクがある、のどごしが良いなど好評です。

日本酒醸造のために使用する酒造好適米には山田錦や五百万石などがあり、こうしたこだわりの酒米を使っている人気の日本酒は数多くありますが、会津ほまれではあえて酒米にはこだわっていません。米ではなく、酒蔵の技術力でどこまで素晴らしい大吟醸酒を造り出せるかにチャレンジした日本酒です。このため、価格はリーズナブルに抑えられており、家庭で日常的に飲めるお酒をというコンセプトを達成しています。

この値段で大吟醸!この味わいがこの値段!値段の五倍の価値はある!旨い! ほんとに旨い!一本目を飲んですぐに二本追加購入した。この酒は買うべし、飲むべしだ。 出典:Amazon:会津ほまれ 純米大吟醸 極

8位:人気酒造 ゴールド人気 純米大吟醸

続いてご紹介するのも福島の日本酒。こちらは福島県二本松の人気酒造が醸す「ゴールド人気 純米大吟醸」です。ゴールド人気はノーベル賞のパーティ「ノーベルナイトキャップ2012」で採用され、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2013、2014 メイン部門」で金賞を受賞しました。

辛口ではあるものの、辛みは強過ぎず、ほんのりとした甘みも感じられます。地元の米を使い、ミネラル成分をバランスよく含んだ「安達太良山の伏流水」で仕込まれたゴールド人気は、香り高くしっかりとした味わいで、後味は軽め。日本酒初心者や女性にも飲みやすい、多くの人から愛される日本酒です。

リーズナブルでかなり美味しいお酒です。手に入らなくなると困るのであまり人気にならないで欲しいのが本音です。薫り高くキレのある飲み味最高です。 出典:Amazon:ゴールド人気



7位:飛露喜(ひろき) 特別純米

日本酒通は一度は飲んでおきたいのが「飛露喜(ひろき) 特別純米」です。しかし、現在はどこも品薄で手に入れられない状態が続いており、飛露喜を造る廣木酒造がある福島県会津市でもなかなか手に入らないのだとか。その入手困難さから「幻の酒」とも称されています。飛露喜だけでなく、同じく廣木酒造のお酒「泉川」も人気が高く、販売されるとすぐに売り切れ状態。

飛露喜には地元の五百万石、少々の山田錦が使われています。精米や仕込み、しぼりなどのひとつひとつの工程が丁寧に行われており、流通する数が限られてしまうのも納得です。こだわりがつまった飛露喜は透明感と存在感を併せ持ち、フルーツのような香りやすっきりとした旨味が感じられます。

飛露喜は文句なく美味しい、但しなかなか手に入らないので、結果的にプレミア付きで購入することになる。 出典:Amazon:飛露喜

6位:楯の川酒造 楯野川 純米大吟醸 清流

「楯野川(たてのかわ) 純米大吟醸 清流」は、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード 2017」メイン部門で最高金賞、「Kura Master 2017」 純米大吟醸部門で金賞を受賞しました。人気の日本酒では辛口のものが多いのに対し、楯野川 清流はやや甘めの口あたりで高評価を得ています。普段は日本酒よりもワインを好んで飲んでいる方や、日本酒をあまり口にしない女性にも飲みやすいと評判です。

楯野川に使用されているのは「出羽燦々」。山形県で独自に作られている酒造好適米です。

和食はもちろんのこと洋食にもよく合い、コスパも良いのが魅力的。ワイングラスで飲みたいと思わせるフルーティで芳醇な香り、さわやかで強過ぎない酸味をじっくりと味わいたいですね。

賞を取っただけあって非常にフルーティーな味わいでした。日本酒らしい味わいというより、甘さと軽さが絶妙なので辛めが好きな方だと物足りないかもしれませんが、洋食に合う日本酒という感じで肉料理や魚でもカルパッチョなどの料理とご一緒にどうぞ。 出典:Amazon:楯野川 清流


5位:朝日酒造 久保田 萬寿 純米大吟醸酒

「久保田 萬寿」といえば今や贈答酒の定番となり、「日本酒といえば久保田」と言われるように日本酒の代表銘柄になりましたね。萬寿は久保田シリーズの最高峰。水のようなやわらかな口あたり、クセや辛みは強過ぎず、すっきりとしていて深みのある後味が口の中にじんわりとしみていきます。どこか米の香りや甘みが感じられるのも特徴のひとつです。

久保田に使われているのは酒造好適米「五百万石」。より良い酒米作りのために創立された有限会社あさひ農研が、日本の米どころ新潟県で地元の農家と協力しながらこだわりの酒米を育てています。この酒米と新潟の清らかな水も久保田の美味しさの秘密なのかもしれませんね。

この大吟醸の味わいは久保田の中でも群を抜いてよいですね、この酒を口に含むと「あ~日本酒はうまいな~」と思います。 出典:Amazon:久保田 万寿

4位:萬乗醸造 醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦

ラベルを見るといかにも「日本酒!」という雰囲気ですが、蓋をあけると南国のフルーツのような芳醇な香りが感じられます。酒造好適米の代表「山田錦」が使用されており、酸味と甘みのバランスは抜群。その甘みは蜂蜜に例えられています。ワインのようにも思える味わいは、普段日本酒を飲まない方にもぴったりです。

醸し人九平次を造る萬乗醸造(ばんじょうじょうぞう)は、なんと兵庫県黒田庄にて田んぼを取得。現在は自社で試行錯誤しながら山田錦を育てているのだとか。もちろん現在萬乗醸造で醸される日本酒には、自社で育てた山田錦が使用されています。まさに日本酒を1から造るという試みは興味深く、その日本酒の味にも色濃く反映されていると言えるでしょう。

とても良い香りのお酒です。軽い味わいで、ワイングラスで和食を頂きながら…というのが合う感じです。 出典:Amazon:醸し人九平次

3位:小林酒造 鳳凰美田(ほうおうびでん) 芳 純米吟醸無濾過生酒

小林酒造は、明治5年に栃木県で創業しました。その代表銘柄である「鳳凰美田」は全国で人気が出ており、近年は品薄状態が続いています。残念ながら通販などでもなかなか手に入れられません。

「鳳凰美田(ほうおうびでん) 芳(かんばし) 純米吟醸無濾過生酒」は、ゆっくりと時間をかけながら丁寧に手作業で搾る「しずく搾り」が採用されており、温度管理も徹底されています。そんな手間暇をかけられた鳳凰美田は、華やかな香りが感じられ、すっきりとした飲み口。なお、同じく「芳」の名を持つ「鳳凰美田 純米吟醸 芳 火入れ」はキレのある後味が特徴と、無濾過生酒とは少し違った味わいが楽しめます。

2位:旭酒造 獺祭 純米大吟醸50

「獺祭」といえば、日本酒好きの方でなくても名前を聞いたことはあるでしょう。製造元である、山口県岩国市の旭酒造のこだわりを理解して実践する販売店のみを「特約販売店」とする登録店システムにより、時間と手間が最大限にかけられている獺祭の品質は高く保たれています。そのために一部で正規価格よりもはるかに高い値段で取引されるようになり、旭酒造が「お願いです。高く買わないでください」と呼びかける新聞広告が話題になりましたね。

獺祭は高価なお酒というイメージがある方もいるかもしれませんが、こちらの「獺祭 純米大吟醸50」は比較的手に入れやすい価格で販売されています。獺祭がここまで有名になった理由は、その販売手法だけでなく、何よりもその「飲みやすさ」にあると言えるでしょう。口に含んだ時に感じられる米の甘みや香り、飲み込んだ後の引き締まった辛みは、日本だけでなく海外の人々をもうならせています。

口あたりがまろやかで、喉こしも滑らかで抵抗無く飲むことができます。 出典:Amazon:獺祭

1位:新政 純米酒 エクリュ

「酒業界の革命児」と呼ばれる、新政酒造の8代目当主の佐藤祐輔氏による「純米酒 生成(エクリュ)」は、平成26年度の秋田県清酒品評会で優等賞を受賞しました。名前はもちろんのこと、ボトルの見た目にも日本酒とは思えないようなオシャレ感が漂っています。ちなみに、「エクリュ」とは、フランス語で「生成り」「さらしていない」「未加工の」という意味なのだとか。

日本酒が苦手な方にも飲みやすい、さらっとした口あたりと甘みが特徴的です。秋田産の酒米「酒こまち」を使用して造られており、精米歩合は30%となっています。

一時は入手困難となった話題のお酒。少し価格がお高めとの声もありますが、その味わいにはそれだけの価値がありますよ。

ほんとうにうまい。なかな他所では手に入らない品です。日本酒が苦手な方には一度試してほしいですね。 出典:Amazon:エクリュ

まとめ

気になったお酒、飲んだことがないお酒はありましたか?

こちらでは便宜上ランキング形式でお伝えしていますが、どの日本酒も美味しく、それぞれ異なる魅力があります。

ご紹介した日本酒の中にはミニサイズが販売されているものもあるので、少しずつ飲み比べてみるのも一興です。ぜひお気に入りの純米酒を見つけてくださいね。

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ