ホーム > コラム > 知識・雑学 > 女性でも飲みやすい!フルーティーな「白ビール」の魅力をお伝え

女性でも飲みやすい!フルーティーな「白ビール」の魅力をお伝え

今、日本国内では、クラフトビールが人気です。クラフトビールを絡めたイベントには多くの集客が見込め、大手ビール会社も海外のクラフトビール会社と提携をして、国内でもクオリティの高いクラフトビールを楽しめるようになりました。

さて、普段飲まれているラガービールとは違った味わいを楽しめるクラフトビールですが、中でも「白ビール」に人気が集中しています。女性でも飲みやすい、白ビールの魅力とは一体何なのでしょうか。

白ビールって何?

白ビールといっても、真っ白な訳ではなく、小麦が多く使用されている上面醗酵のビールをこう呼んでいます。

なかには、大麦麦芽を使用する白ビールも存在していますが、概ね小麦が使用されているので甘みのある、柔らかい口当たりに仕上がります。この白ビールが女性でも飲みやすいといわれている一番の要因が、「滑らかでフルーティーである」ということです。

大麦麦芽が使用されていたとしても、その味わいと口当たりが優しくなるように醸造されているため、とても柔らかく飲み心地が良いのです。また、注目すべきは副原料です。

白ビールには、副原料としてオレンジピールのようなフルーティーな香りを呈するものを使用していることが多く、ビールテイスト飲料のような味わいに仕上がります。苦くて喉ゴシが強烈…といった、いかにもビールといったテイストとはひと味違った、独特な味わいに仕上げられているのです。



白ビールの種類

白ビールは、分類的にはエールに分類されています。そのためか、世界中でさまざまな種類の白ビールが造られているのが特徴的です。ドイツの場合、醸造場所と製法によってその呼び名などが変化しているようです。

例えば、バイエルン州でのみで使用できるのが「ヴァイスビア」。さらに、醸造工程でろ過をしていない「ヘーフェ」。ヴァイスビアがろ過されて非常にクリーンが外観に仕上がった「クリスタルヴァイス」などがあります。

また、ベルギーの白ビールは特に有名で「ヴィット」と呼ばれています。ワインやコニャックが有名なフランスにも白ビールが存在しており、「ブランシェ」と呼ばれビール好きからも人気です。

独特の香りを持つビール

白ビールは、前述した通りとてもフルーティーで香りにこだわったビールです。そのため、白ワインにも含まれていることが多い、4-ビニル グアヤコールという香りの成分を特徴としています。

そのため、薬品であったり、やや煙の香りを呈します。通常、オフフレーバーといって嫌われている香りではありますが、少量であれば香味に複雑性を与えるために、他には無い独創的な味わいのビールに仕上がります。

また、ドイツのろ過をしていない白ビールである、「ヘーフェヴァイツェン」は、フェノール由来のクローブやバニリンからくるバニラ香、酢酸アミル由来のバナナや洋梨様の香りも楽しむことができます。

香りが良いだけではなく、口当たりも小麦をバランス良く使用しているため柔らかく、キレのあるビールとよりは、飲み心地の軽やかなビールと仕上がっているのです。

白ビールの魅力は泡の繊細さ

クラフトビールを生ビールとして提供するブルワリーなども増えているようですが、今では自宅でも缶ビールや瓶ビールで白ビールスタイルのビールを楽しめるようになりました。

実は、白ビールは非常に繊細な泡立ちが特徴であり、かなり泡立ちやすいといわれています。そのため、一気にガッと注ぐのではなく、優しくグラスの壁をつたうようにすると、キレイなバランスで注ぐことができるでしょう。

女性でも楽しめる、飲みやすさ抜群な白ビール。ぜひ、ご自宅でも挑戦してみてください。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ