TOP / お酒を選ぶ / 日本酒 / 暑い夏の晩酌を「氷酒」で快適に!ヒンヤリとした食感がクセになる「氷酒」の魅力

暑い夏の夜には、キンと冷えたお酒を飲みたくありませんか?
 
巷では氷のお菓子にお酒を注ぐ飲み方が流行っていますね。ところで、お酒自体を凍らせてしまった「氷酒」をご存知でしょうか。シャリシャリとした食感のある「氷酒」は、しぼりたての味わいが楽しめると話題です!
 
暑い夏の晩酌にぴったりの氷酒を紹介します!

氷酒とは?


氷酒とは、凍らせて氷になっているお酒です。氷酒にするのは日本酒が多く、特に火入れを行わない生酒を凍らせることが多いです。
 
氷酒は、日本酒を凍らせているので、シャーベットのようなヒンヤリとした食感を楽しめるのが魅力です。暑い夏にはぴったりですね!また、氷酒は喉越しもさらりとしており、きりっとしたシャープさが感じられ、お酒の旨味を一層引き立てます。
 
氷酒は、流通中に品質の劣化がおきにくくなるという効果もあります。普通は品質の維持が難しい、しぼりたての生原酒を瞬間凍結させることで、生酒に含まれる酵母などの働きをとめて保存することができるため、酒蔵でしか味わえないフレッシュな生酒を味わうことができます。
 

氷酒の飲み方


氷酒は、完全に溶ける前の細かい氷が混ざったみぞれ状が飲み頃です!氷酒を次飲むときは、スプーンやマドラーでかき混ぜたり、ビンをシェイクしたりしてください。氷酒が解けない場合は、水道水を流しながら5分ほど水につけてお召し上がりください。
 
氷酒は、シャーベット状態のサクサクした舌触りが楽しめ、清涼感を感じます。暑い夜の晩酌にもってこいの氷酒です。また、氷酒に果物のシロップをかけてカクテルにすると、食後酒としても楽しめますよ!
 

オススメの氷酒

毎日でも飲みたくなる、オススメの氷酒を紹介します!
 

純吟生凍結酒「白山氷室」

萬歳楽の氷酒「白山氷室」は、冬にしぼった極寒仕込みの純米吟醸しぼりたてを、夏まで-20度で凍結保存しています。シャリシャリの状態から溶けた後まで、しぼりたて生酒の新鮮な味わいが楽しめます。
 


 

純米大吟醸「銀河鉄道」

「銀河鉄道」は、純米大吟醸の生酒を10年間氷温で熟成した氷酒です。原料には、地元・愛媛県のみそぎ地区の無農薬棚田で造られた米を使用し、手間のかかる「雫どり」で濾過した上質なお酒です。
 
10年の眠りから覚めた氷酒の味わいとは?!
 

created by Rinker
千代の亀
¥3,020 (2020/10/29 13:28:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

純米大吟醸「秘蔵しずく酒」

「秘蔵しずく酒」は。少しの発泡性があり、辛口ですっきりした味とその爽やかさが特徴の氷酒です。地元の篤農家と契約栽培した米を、6〜7割まで削り取り、中心芯白のみ使用し、全て手作業にて仕込んでいます。
 

created by Rinker
千代の亀
¥5,654 (2020/10/29 13:28:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

美氷

「美氷」は、フルーティーな香りと爽やかな味わいをシャーベット状で楽しむ新感覚の氷酒です。

同じ蔵元の氷酒では、梅酒とブルーベリー酒も楽しめます。
  


 


いかがでしたか?氷酒は、キンとした飲み口が夏の火照ったカラダに染み入って最高です!その味わいも気になりますね。
 
この夏は、凍らせた日本酒「氷酒」を楽しみましょう!