ホーム > レシピ > おつまみレシピ > 芋焼酎に合うおつまみを検証してみた!芋焼酎に合わせるならこの料理がベスト

芋焼酎に合うおつまみを検証してみた!芋焼酎に合わせるならこの料理がベスト

数ある焼酎のなかでも、フルーティーかつ濃厚な味わいが好まれている芋焼酎。ロック、お湯割り、ソーダ割りと、アレンジによって表情を変化させる、多種多様な飲み方を楽しめるお酒のひとつです。さて、そんな芋焼酎なのですが、一体どのようなおつまみを合わせると良いのでしょうか。ここでは、芋焼酎に合わせたいおつまみについて紹介していきます。

豚の角煮

芋焼酎に合うおつまみの代表的なものといえば、豚の角煮です。沖縄では、ラフテーなどと呼ばれて愛されていますが、日本全国でも食べられている定番の一品です。まず、芋焼酎にはシトロネロールやリナロール、ネロールといった、花様、果実、柑橘系の香りの成分が含まれています。

これらの香りを上手に引き出している芋焼酎の場合、とてもフルーティーで華やかな香りが楽しめることになります。香りがある意味では強めであることから、それに負けない香りと味わいを持つ、そんなおつまみが芋焼酎にはおすすめです。

豚肉の強い味わいと醤油をベースにした強い香りを、焼酎がしっかりと包み込み、口に一緒に含んだ時にもまろやかさを感じることができます。

さらに、焼酎には脂っぽさをスパっと切ってくれるような鮮烈さがあるため、豚の角煮のように香りが強く、さらには脂分も感じられるおつまみとは最高の相性を示します。豚肉を使用した豚串焼きであったり、少々脂分が多い鶏肉のぼんじりといった串ものなどにも芋焼酎は合わせやすいので、焼とん、焼き鳥のお供にも最適でしょう。

野菜の天ぷらやさつま揚げ

芋焼酎は芋特有の甘みがあるだけではなく、アルコール度数が高いことからアルコール自体から感じられる甘みの相乗効果にて、口内で甘みをたっぷり感じるお酒です。そのため、ある程度甘さを持ったおつまみとの相性が良いことでも知られています。

例えば、九州地方のさつま揚げであったり、さつまいもやかぼちゃ、ニンジンなどの野菜の天ぷらとは抜群の相性を見せます。

原料がさつまいもであることから、当然ながら野菜類との相性は悪くはないのですが、天ぷらにすると油のなめらかさも感じられることから、生のままで野菜を食べる時よりもマッチングしやすくなります。

さらに、さつま揚げの場合は九州地方のように甘く、噛むと甘みがジュワっと口の中に広がるタイプの方が、芋焼酎との組み合わせは良好です。また、先述した通り香りがしっかりとしているので、味噌との相性が良く、きびなごの酢みそ和え、豚味噌、味噌をつけたキュウリなど、これらと相性が良いのも芋焼酎の特徴といえるでしょう。

チーズやピザなどの洋風おつまみ

洋風おつまみと聞くと、ワインやビール、ウイスキーといった洋酒の方が合わせやすいイメージがありますが、芋焼酎も実は案外洋風の食事に合わせやすいのでおすすめです。チーズなど、濃厚でありながらも、フレッシュな香りを放つタイプは芋焼酎とピッタリと合います。

ゴーダチーズやコンテ、パルミジャーノなどのハード系のチーズは、一瞬は香りが出てきませんが、噛んでいるうちにフルーティーな香りが現れます。これは、熟成の途中でエステルなどの香り成分が生まれることから発生するのですが、芋焼酎も動揺にこれらの香りに近いものを持っています。

さらに、口の中にまろやかなクリーミーさを残すチーズを、さらっと洗い流してくれる効果もあります。

これらは、ハード系はロックでいきたいところですが、ブルーチーズなどと合わせる時は、ややアルコール度数が高めの芋焼酎のお湯割りや常温も良いでしょう。チーズを使ったピザ、パスタ、キッシュなどとも相性が良いのでおすすめです。芋焼酎があれば、毎日の食卓がより楽しいものになっていくはずです。

おつまみレシピの関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ