ホーム > レシピ > おつまみレシピ > 中秋の名月の夜。ビール片手に食べたい「れんこん月見つくね」

中秋の名月の夜。ビール片手に食べたい「れんこん月見つくね」

夏の終わりにはいろんなお店で「月見〜」なる商品を目にする機会が増えますよね。

今年は9月15日に控えた中秋の名月。

諸説ありますが、秋の豊作を願う収穫祭という説があります。

お団子をお供えして、ススキを飾る…。

本来のお月見はそういったことでしょうが、定番おつまみでもある「月見つくね」で、卵をお月さまに見立ててする「お月見」も、この時期ならでは。

もう秋だなぁ…なんて季節を感じながらビールを飲みましょう。

材料

鶏ひき肉 200g
れんこん 100g
塩こしょう 適宜
ごま 大さじ2
1個(卵黄・卵白に分けておく)
砂糖 大さじ1
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
大さじ1
飲みたくなるお酒 ビール 日本酒

作り方

① つくねのタネを合わせる。

th_P1017062

鶏ひき肉・細かく切ったれんこん・塩こしょう・ごま・卵白(卵黄は食べる時に使う)をボウルに入れて混ぜる。

th_P1017063

② フライパンで焼いていく。

th_P1017064

タネを6等分にして少量の油をひいたフライパン中火で焼いていく。

th_P1017066

フライパン面1/3くらいまで白く色が変わってきたらひっくり返す。

th_P1017067

全体にこんがり焼けたら、

th_P1017069

一旦取り出しておく。

③ タレを絡ませる。

th_P1017117

つくねと取り出したフライパンにそのまま、

砂糖・醤油・みりん・酒を入れて煮立たせる。

th_P1017118

沸つ沸つしてきたらつくねを入れて、両面にタレを絡ませる。

th_P1017119

タレに濃度が出てきて、つくねに絡んできたら完成!

th_P1017128

卵黄をつけて『月見つくね』、ビールを一緒にいただきましょう。

th_P1017136

とろ〜り卵黄とたっぷりの一味・ごま。

相性抜群です。

そしてアクセントは…れんこんの食感!

れんこんのシャキシャキ、ごまのぷちぷち、食感もおいしい『れんこん月見つくね』

中秋の名月にきれいな満月を見ながら、秋の豊作を願う素敵な晩酌をお楽しみください。

おつまみレシピの関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ