ホーム > 飲みに行く > 訪問 > チーズと紹興酒は合うの?南青山『DAIGOMI』で、新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみた!

チーズと紹興酒は合うの?南青山『DAIGOMI』で、新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみた!

中華に行けば……紹興酒、ですよね。そんな時によく目にする紹興酒といえば、宝酒造の「塔牌(トウハイ)」ブランド。その「塔牌」から発売されている、新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉をご存知ですか?

紹興酒へのイメージがガラッと変わるほど飲みやすく軽やかな味わいの〈麗美〉は、中華料理に限らず、さまざまな料理に合うお酒なんです。

そこで今回は、モデルの奈緒美さんと共に、全国各地の国産チーズにこだわっている南青山で人気のチーズレストラン「DAIGOMI(ダイゴミ)」に行って、〈麗美〉を飲んでみることにしました!
 
※DAIGOMIでは〈麗美〉の提供は行っておりませんが、今回は企画の主旨を説明して、特別に持ち込みさせていただきました。
 
▼宝酒造 紹興酒「塔牌」陳五年〈麗美〉の情報はこちら 
http://www.takarashuzo.co.jp/products/touhai/lineup/page03.htm

麗美人物紹介:奈緒美
書道アーティストとしても活躍中のモデル。スポーツが大好き。気に入ったお酒をついつい、ずっと注文し続けてしまうタイプ。今回は中華料理とのイメージしかなかった紹興酒に合う料理を探してみたいんだそう。

新感覚の紹興酒、〈麗美(リーメイ)〉とは?

麗美

〈麗美〉は、宝酒造が長年、輸入販売する紹興酒「塔牌」の伝統的な製法により、本来の紹興酒の美味しさそのままに、熟成した5年貯蔵酒の中から飲みやすく口当たりのよい原酒を選定し上澄みだけを使用したもの。さらに、アルコール度数を14度と低めにしたことで、軽やかな味わいに仕上がっています。

普段の食卓でより一層映えるようにと採用されたスリムでスタイリッシュなボトルシェイプは、まるでワインのよう。このボトルシェイプと牡丹と唐草をモチーフにしたラベルデザインも、これまでの紹興酒のイメージをガラリと変えた、まさに新感覚の紹興酒です。

 



チーズ好きにはたまらない、オシャレでスタイリッシュなお店

表参道から青山学院大学のそばを通れば、半地下のオシャレなレストランが登場。ここが今回の舞台となる、チーズレストランの「DAIGOMI」です。

麗美

シックな店内は、落ち着いた雰囲気ながらも入りやすい空間。煌めく照明が、星のようでわくわくさせてくれます。

麗美

カップルにぴったりな2人掛けのソファ席もあり、デートにぴったり。カウンターやテーブル席も充実しているので、一人飲みや友達どうしで、と様々な使い方ができそうです。

 

まずはどんな味?〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみた!

まずは早速、〈麗美〉を飲んでみます。芳醇な香りが、グラスから放たれています。

麗美

赤ワインのような見た目に驚きながら飲んでみると……?

麗美

ふわっとした香りが鼻を抜け、力強いけれども甘みも感じられる味わい。爽やかで飲みやすく、これはまさに新感覚の紹興酒!

麗美

赤ワインのように少し冷やすことで凛とした味わいを楽しめます。濃いお酒の印象がある紹興酒ですが、〈麗美〉はすっきりとしていて、いろいろな料理にでも合いそうです。

麗美

 

様々なチーズ料理と一緒に〈麗美(リーメイ)〉を味わってみよう!

麗美


今回は、DAIGOMIの料理人の松田洋輔さんに〈麗美〉に合うオススメの料理を5つ選んでいただきました。紹興酒にチーズ、一体どんな組み合わせになるのでしょう?それではひとつずつご紹介してまいります!
 

麗美人物紹介:松田洋輔
1988年生まれ。千葉県出身。既存のレシピに+αの要素を加え新しさを生み出す面白さに気づく。その後、様々な飲食店で経験を積み革新的な発想力と生まれ持つセンスを磨き、腕をあげる。【チーズレストランDAIGOMI】を立ち上げ、現在は【チーズレストランDAIGOMI minamiaoyama】にて国産チーズを始め、日本の食材やお酒の楽しさを伝えるべく活動。「日本にも美味しいチーズはある」と、変わらぬ探求心でお客様の心を掴んでいる。

 

ふわっふわのブルーチーズ?新感覚のブルーチーズのムース

まずは、ブルーチーズに生クリームと合わせて、ふわっふわに仕上げられたブルーチーズのムースが登場。

麗美

麗美

たっぷりのはちみつを絡め、パリッとしたバゲットに乗せていただきます。

麗美

ふわっ、ぷるっ、としたクリーミーな味わいの中に、ツンと一瞬通り過ぎていくのはブルーチーズの香り。はちみつの甘みとチーズの塩味が絡み合うこの料理。芳醇な味わいを楽しめます。

麗美

〈麗美〉と交互に飲んで、食べてを繰り返したくなるほどに相性は抜群。濃厚な味とも見事に調和する〈麗美〉の合わせやすさ、驚きです!

 

もっちもちのモッツァレラが決め手、本日のモッツァレラと100年トマトのカプレーゼ

お次は、チーズを使った料理でおなじみのカプレーゼ。ただし、こちらのカプレーゼは普通のカプレーゼとは一味違うんです!

麗美

本日のモッツァレラは、もちもちで風味が強めの熊本・玉名牧場産。口の中で弾むような食感が楽しく、ジューシーなトマトにもしっかりと合います。

麗美

甘みはあるものの、スイートトマトとは違って肉厚で旨味の強いこちらの100年トマトは、なんと有機野菜。バジル、トマト、そしてモッツァレラのしっかりとしたマリアージュに思わずうっとり。

麗美

こんな冷菜には、〈麗美〉のほのかな甘みがぴったり合います。

 

新鮮な鮪(マグロ)とアボカドが絶品!鮪とアボカドのタルタルチーズ

次に松田さんが持ってきてくれたのは、鮪とアボカドのタルタルチーズ。

麗美

麗美

たっぷりの新鮮な角切り鮪の下は、シャキシャキの玉ねぎとまったりとしたチーズ、そしてアボカドが絡み合ってタルタルになっています。まさに、食べ応えのある一品です。

麗美

ピリリとピンクペッパーが効いているのもポイント。タルタルの周りを囲むのは、同じくピリッとかすかな刺激を当ててくれるわさび菜です。

麗美

濃厚なアボカドチーズに、ツンとくる刺激を楽しみながら、〈麗美〉を一口飲めば、口の中がさっぱり。濃いめの料理にも、ぴったりと合うことが分かりました。

 

香り豊かな一品!リコッタとジャガイモの自家製焼きニョッキ

「こちらの料理、香りがとってもいいんですよ」と登場したのは、リコッタとジャガイモの自家製焼きニョッキ。

麗美

ふわっとハーブの香りがするのは、ローズマリーと調理しているから。奥に、ほんの少しだけ醤油の風味も感じられます。

麗美

自家製のジャガイモニョッキには、リコッタチーズも練りこんでおり、一口食べるだけでチーズをしっかりと感じられます。にんにくが効いたこの一品、負けず劣らずローズマリーの風味も強く香り豊かです。

麗美

ふんわりと出てくるその香りは、〈麗美〉にもマッチング!香りの強いものでも、きちんと合います。こんな合わせ方もあったなんて!

 

ジュワッと香ばしい!砂肝のコンフィと旬野菜を使ったトマトグラタン

最後は、熱々の器で登場した、砂肝のコンフィと旬野菜を使ったトマトグラタン!ジュジュっと香ばしい音がします。

麗美

北海道産のアカゲラというチーズを使ったこの一品。スプーンを差し込んでみれば……

麗美

とろ〜んと伸びるチーズ!それだけでもうたまりません。

麗美

トマトソースがしっかりと効いた味のグラタンは、砂肝の食感と野菜のジューシーさがポイント。ブロッコリーは噛めば噛むほどに、奥から甘い水分がにじみ出てきます。

麗美

濃厚なチーズの匂いが、ふっと鼻に抜けた後は、〈麗美〉を一口。すると上からかぶさるようにして、芳醇な紹興酒の香りが強く感じられます。まさにぴったりな組み合わせです。

 

〈麗美(リーメイ)〉をちょっとアレンジ!

ここで、松田さんから「こんな飲み方はいかがでしょう?」と提案いただいたのは〈麗美〉のアレンジ。

麗美

りんごジュース3に対して、〈麗美〉を1で割ったのがこちら。

麗美

風味は残ったままに、アルコールが軽くなってぐっと飲みやすく。味はりんごジュースが強く、香りははっきりと紹興酒、というこちらもまた新感覚のお酒に。弱い度数で飲みたい、というひとにはとってもおすすめです。

麗美

その一味違う美味しさに、思わず顔もほころびます。

 

おわりに

麗美

紹興酒、というとついつい中華料理以外の合わせ方を思いつかないものですが、さっぱりとした飲み口の〈麗美〉なら、今回のようなチーズ料理にもしっかりと合うことが分かりました。ボトルもスタイリッシュで、女子会にも思わず持って行きたくなる一品。これ以外の料理にも色々と合わせたくなること間違いなしの〈麗美〉、あなたも味わってみてはいかが?

 

店名 DAIGOMI minamiaoayama
住所 東京都港区南青山6-15-4 プラウドフラット南青山 B1F
電話番号 03-3409-8333
営業時間 [月〜土・祝]17:00~23:30 , 22:30 (FOOD L.O) , 23:00 (DRINK L.O)
定休日 火曜日
食べログHP http://tsukuruba.com/daigomi/

 

▼宝酒造 紹興酒「塔牌」陳五年〈麗美〉の情報はこちら
http://www.takarashuzo.co.jp/products/touhai/lineup/page03.htm

▼イタリアン風中華バル?恵比寿『京鼎樓バル』で、新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみた!
http://www.nomooo.jp/column/jin-din-rou/

▼名物”よだれ鶏”と新感覚の紹興酒〈麗美〉の相性に感動!スタイリッシュに中国郷土料理を味わえる広尾『JASMINE』に行ってきた!
http://www.nomooo.jp/column/jasmine/

▼新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみたくなること間違いなし!恵比寿「Le Parc(ル パルク)」のヌーベルシノワとの相性が最高すぎる!
http://www.nomooo.jp/column/le_parc/

訪問の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ