ホーム > レシピ > おつまみ > 今が旬!甘み・旨み・とろみの決め手は新たまねぎ『豚肉の新たまねぎ炒め』の作り方
2016.3.17
おつまみ

今が旬!甘み・旨み・とろみの決め手は新たまねぎ『豚肉の新たまねぎ炒め』の作り方

春は寒い冬を越えた、柔らかくて甘くて旨みのつまった野菜がたくさん出てきまよね。

その中で今回使うのは新たまねぎ

基本的にはたまねぎ新たまねぎの栄養素は同じ。

相違点は見た目と辛み。だけだそうです。見た目は白く、辛みの少ない新たまねぎ

生で食べた方が嬉しい栄養素が多いたまねぎには、この時季にしか食べられない新たまねぎが食べやすくてオススメ!

辛みが少ないということは、加熱すればもっと甘みが増す!という利点を生かした一品です。

味の決め手は全て新たまねぎが握っています!だからって細かい注意点なんてなにもないです!

新たまねぎさえ加えれば、バシッと決めてくれるので大丈夫です。

材料

豚肩ロース 200g
新玉ねぎ 1玉
醤油 大さじ4
飲みたくなるお酒 ビール 日本酒

作り方

① 玉ねぎをすり下ろす。

th_P1016003

新玉ねぎの皮を剥いたら、1/3程をすりおろす。

② 豚肉を漬け込む。

th_P1016005

すりおろした玉ねぎに、しょうゆ大さじ4を入れて、

th_P1016007

豚肉を入れて漬け込む。(次の段取りまでの間数分で可。)

③ 全部を炒める。

th_P1016010

残りの玉ねぎを適当にカットして、フライパンでサッと炒める。

th_P1016012

th_P1016014

たまねぎを1分ほど炒めたら、豚肉を漬けだれごと入れてしっかり火を通す。

th_P1016016

完成!!!

th_P1016028

ね、味の決め手は新たまねぎの甘み!だけですよね!

なので細かい調味料は要りません。

甘み・旨み・とろみ・全部の役目を果たしてくれる新たまねぎ

この甘みは新たまねぎにしか出せませんねぇぇ。。

この時季にしか食べられない一品!といっても過言ではないこちら。

ぜひぜひ今夜のお酒のお供にしてみてください。

見ての通り、白飯にも合いますよ〜!!嬉しい嬉しい!!

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

めぐみ

めぐみ

20歳のときは芋焼酎を好んでいました。25歳でビールが好きなりました。今は…何歳か忘れました。料理とお散歩と読書と、呑みに行こうと誘われるのが好きです。やりたくねぇことやってる暇はねぇ。人生をハッピーに。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation