TOP / ニュース / 新商品 / 「吉野正宗」誕生!土地の魅力を新たに発信する町おこしプロジェクト実施

吉野ブランド吟のさと生産組合から、土地の魅力を新たに発信する町おこしプロジェクトが実施されています。

土地の魅力を新たに発信する町おこしプロジェクトは、米の生産者と吉野を代表する三つの酒蔵が手を組み、町の協力のもとに「吉野正宗」という新たな清酒ブランドを立ち上げ展開するという企画です。

「吉野正宗」は、吉野町内の狭くて活用しづらい「遊休農地」を利用し育てた酒米「吟のさと」を使用しているのが特徴。三蔵が同じ条件で「吉野正宗」を造っており、米の解釈の仕方、蔵の醸造方針の違いによる、各蔵の特徴がしっかり出た味わいを楽しめるそう。

精米歩合60%の純米吟醸酒として仕上げられているという「吉野正宗」。各蔵の味わいを堪能してみるのはいかがでしょうか?

詳しくはこちら

nomoooでは、音声メディア「Voicy」内にて毎週月曜・金曜に「お酒がもっと好きになるラジオ」を配信中!今週の注目商品、新店舗などお酒にまつわる気になる情報を編集部がピックアップ!コレを聞けば“日本のお酒のイマ”がきっとわかるはず!
また、専門家・著名人を招いてのトークでは、普段から疑問に思っているお酒に関する疑問に答えてもらいます!お酒好きの方は、ぜひご視聴してみてくださいね。nomoooのVoicy公式チャンネルはこちら